サイト内の現在位置
求人探しから転職ノウハウまで「中国・四国エリア」の医師求人特集 医師転職ドットコムの強み

中国・四国エリアの医師転職市場

中国・四国エリアの医師転職市場

中四国の医療は、岡山県にある岡山大学病院・川崎医科大学付属病院・倉敷中央病院を中心に発展してきました。
医局に関しては以前では一つの大学で運営を続けており、医局を避けての転職が実現しにくいケースもありましたが、近年では少しずつですが、紹介できる医療機関も増えてきています。

広島県は、人口約280万人、中国地方に位置する瀬戸内海沿いの都道府県の1つです。
古くから広島大学の医局人事による影響力は大きく、特に広島市内では、医局人事外の医師の招聘が出来ない医療機関や、広島大学の医局人事から離れて転職活動を行えない先生方など、頻繁に耳にします。

愛媛県は全国の中でも医師不足が深刻な県です。松山市内はもちろん、特に県南部の南予と呼ばれる地域はその状況が深刻なエリアになります。
各医療機関へは愛媛大学が中心に派遣を行っておりますが、場所によっては徳島大学等からの派遣がある医療機関もあります。
ただ、昨今は医局派遣の状況も年々悪化しております。

中国・四国医療行政の特徴

医療行政の特徴

岡山県では、岡山市・倉敷市と、近隣の地域との医療格差がはっきりと分かれています。
その格差を埋めるために、『岡山県地域医療再生計画』や、患者情報をインターネットで共有化するシステム『医療ネットワーク岡山』の導入、現役の医師のスキルアップを支援し、地域医療の底上げを図る施設『マスカット・キューブ』の建設など、新たな取り組みや医療の改革が盛んに行われております。

広島県では、県を挙げて「医療体制整備事業」として様々な展開を見せております。

予防・急性期医療体制の分野においては、県内に大学病院の救命救急センターや県立広島病院など5ヶ所の救命救急センターを担う医療機関を設置しており、今後は更に専門的な治療が可能になるよう小児の三次救急体制なども整備していく方針です。

愛媛県では、適正なドクター配置を目指して『えひめドクターバンク』なる事業を展開しています。
ご登録いただいたドクターの希望に応じ、市町村病院・診療所を紹介し、ご勤務いただけます。

居住地としての特徴

居住地としての特徴

岡山県は人口約190万人。
中心の岡山市(約71万人)を初め・南側に倉敷市(約50万人)・北側に津山市(約11万人)と3市中心に発展してきた県です。
気候的には、『晴れの国』、岡山と言われる事だけあり、日本でも有数の降水の少ない土地です。
また、天変地異が少なく、大震災以降、岡山県に引っ越した方も多くいらっしゃいます。

広島市内を中心に路面電車の「広島電鉄(広電)」が走っており、短い駅区間を繋ぎ各地へのアクセスの要になっております。
(路線長や車両保有数、乗降客数で日本一を誇ります!)

また、広電バスやアストラムライン(モノレールのようなもの)等も整備されており、広島市内での通勤・通学は利便性が高いです。
山間部以外は晴天日が多く、また、瀬戸内海沿いの立地であるため自然災害や地震が少なく、長く住み良い立地です。

愛媛県は、四国の北西に位置し、北側には瀬戸内海に面した平野が広がり、南側には西日本で最も美しい石鎚山(1,982m)がそびえています。瀬戸内海・宇和海には200余りの島々があり、海・山両方の美しい自然にあふれています。
気候は非常に穏やかで、人口は約143万人(全国26位)、面積は5,678km2(全国25位)となっております。特産物としては、ご存知『みかん』、『いよかん』、工業製品からは『タオル』が全国でもトップの生産量・金額を誇ります。

地域担当より一言

地域担当より一言

岡山県は、教育環境を重視する先生方にはオススメの県です。
白陵高校を初め川崎医科大附属など、全国的にも有名な高校が揃っています。
市内であれば、当直なしや週4日の相談も可能です。
また、市内から少し離れますとゆったり勤務や高年収など、先生のライフプランや現在抱えている問題を解決できるチャンスがあります。

広島県は、上記の通り広島大学の医局人事が強く、求職者と医療機関側のニーズを結び付けることが難しいケースも多々ありますが、全てが不可能という訳ではありません。

広島市内から少しエリアを広げるだけで、東広島や三原などにご希望の求人が見付かる場合もあります。

愛媛県は本当に医師不足に悩まされております。Uターン・Iターン・短期就業など形は問いませんので、力を貸していただける先生のご応募をお待ちしています。医療機関によっては先生に不都合とならない場所までお伺いして、現状等のご説明をさせていただく事も可能です。
お気軽にお問合せ下さい。

お住いの地域の求人動向

医師転職支援サービスお申し込みはこちら

▲TOPへ戻る