愛媛県「新居浜・西条」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

愛媛県新居浜・西条医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
新居浜・西条医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

愛媛県の二次医療圏「新居浜・西条」の現状と問題点

1二次医療圏「新居浜・西条」とは

〈愛媛県の東部瀬戸内海沿岸で、新居浜市と西条市からなる医療圏〉
愛媛県の二次医療圏である「新居浜・西条医療圏」は、新居浜市と西条市の2自治体からなる医療圏です。
本医療圏は愛媛県の東部の瀬戸内海沿岸に位置し、南部を西日本最高峰である石鎚山を含めた四国山地の急峻な山岳地帯が覆い、 北部の瀬戸内海沿岸に新居浜平野と周桑平野、西条平野が広がり、この平野地域に人口が集中しています。 本医療圏の面積は約750平方キロメートル、平成22年国勢調査時点で人口は約23万4千人です。

2新居浜・西条医療圏の生活状況

〈瀬戸内海沿岸の江戸時代を起源とした工業都市で、現在でも四国の工業の中心地として発展〉
新居浜・西条医療圏は、平成の大合併の時期に自治体間の合併があり、現在の新居浜市と西条市2市にまとまりました。 本医療圏は、江戸時代の別子銅山の発見以来、銅の精錬を主力産業とした工業の町として栄え、近代には東予新産業都市の中枢をなす都市圏として瀬戸内有数の工業都市に発展しました。 現在も、南部山間部に現存する別子銅山鉱山跡や市街地に点在する産業遺産に往時の繁栄がうかがわれ、産業観光遺産となっています。
現在の本医療圏は、機械、電気機械、化学、金属等の大手企業の基幹工場を中心として、基礎素材や加工組立の分野の産業の集積地となっています。 また愛媛テクノポリス開発計画に基づいて、新居浜市や西条市に、電子工学、精密化学、生命工学などの先端技術産業の工場や、 大手鉄鋼メーカーやビールメーカーなどの立地も進み、先端技術を生かして地域産業の高度化並びに産業構造の多様化が進行中です。
公共交通の点では、JR四国のJR予讃線が本医療圏内を瀬戸内海沿いに通過していて、県庁所在地の松山市や本州方面への列車の便はある程度確保されていて、公共交通は良好と言えます。 一方で鉄道沿線以外はバスの利用となりますが、路線によって一日のバスの便数に偏差があるので、自家用車の利用も視野に入れておく必要があります。
道路網の点では、自動車専用道として松山自動車道が本医療圏沿岸部を東西に横断して、更に今治小松自動車道が今治方面に向かっていて、松山市をはじめ四国の各方面への自動車専用道路網は整備されています。 また一般道でも国道11号が本医療圏沿岸部を東西に横断するとともに、今治方面へは国道196号、南の高知方面へは国道194号が走るなど、基幹交通軸が縦横に形成されており、道路網の拠点となっています。

3新居浜・西条医療圏の医療体制と現状

〈在宅医療の面で十分でない点があり、県の行政施策でさらに良い在宅医療の環境を目指す〉
新居浜・西条医療圏では住友別子病院と県立新居浜病院が中核病院の役割を分担しています。これらの病院を含め、本医療圏内には平成23 年の医療施設調査で、病院22ヶ所、一般診療所190ヶ所が存在します。
本医療圏の医療体制の課題として、在宅医療に関する体制があります。本医療圏は在宅医療の分野でも医療資源が数多くある項目も多いですが、 本医療圏に退院調整支援担当者を配置している診療所が無い点や、在宅療養支援病院が1ヶ所のみである点、人口10万人あたりの短期入所サービス事業所数が都市規模と比較して少ない点などが課題となっています。 愛媛県としてもこのような現状を改善しより良い医療圏にするために医療行政にて施策を立てています。
具体的には、本医療圏の一般診療所においても退院調整支援担当者が配置されるよう、各医療機関への支援を行うとともに、 退院患者が円滑に日常の生活に戻れるよう、入院医療機関、在宅医療に関わる機関等が連携を行って、患者への継続的な医療を行えるような体制の構築を行うことや、 在宅医療を担う人材の育成に努めるともに、在宅医療に関わる機関が連携して、在宅療養者のニーズに対応した医療サービスや介護サービスを包括して提供を行うような 多くの職種から構成される在宅チーム医療体制の構築を行うことなどを施策としています

愛媛県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		愛媛県のコンサルタントに求人紹介を依頼する