広島県「広島西」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

広島県広島西医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
広島西医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

広島西二次医療圏の特徴と概要

1はじめに

〈広島の西に存在し、世界遺産厳島を抱える観光地域〉
広島西二次医療圏とは大竹市、廿日市市2つの市からなる二次医療圏です。 大竹市は広島の最も西部に存する市であり、それを北東から包むような形で廿日市市が存しています。
大竹市は山口県に面しており、廿日市市は山口県に加えて島根県にも接しています。 廿日市市には日本三景の一つにも数えられる厳島(安芸の宮島とも言われる)があり、年間300万人を超える観光客が国内外から訪れる日本有数の観光地となっています。 厳島のうち厳島神社はその平安時代の建立当時の建築構造がほぼそのまま残っており、高い芸術性と精神性が評価され1996年にUNESCOの世界遺産に登録されています。

2広島西二次医療圏の交通

〈JR山陽本線が瀬戸内海沿いに走り、広島電鉄とも接続〉
広島西二次医療圏で主要となる鉄道はJR山陽本線で、瀬戸内海の海岸線に沿って路線が伸びています。
広島西二次医療圏内で最も利用者人数が多い駅は、宮内串戸駅で、一日およそ5000人の利用者が存在しています。 そして二番目に利用者の多いのは廿日市駅となっています。 宮内串戸駅は広島電鉄の宮内駅、廿日市駅は同鉄道の広電廿日市駅と隣接しており、路線の乗り換えに便利な事で市の中心部にほど近いことからよく用いられています。
鉄道以外の公共交通機関では廿日市市、大竹市に民間のバス会社が路線バス・コミュニティバスを運行しています。 加えて、廿日市市にはフェリーが運行しており、JR西日本フェリー、宮島松大汽船、アクアネット広島、瀬戸内シーラインの船舶による厳島へのアクセスが可能となっていて、 年間200万人以上がこれらのフェリーを利用しています。

3広島西二次医療圏の医療への動き

〈在宅医療、糖尿病、救急医療へ、力を入れた取り組み〉
広島西二次医療圏では、主に3つの分野に対して重点的な取り組みが行われています。 その3つとはまず高齢化によるニーズの高まりを見越しての「在宅医療」患者数の増加と合併症の重篤さを懸念し「糖尿病」最後に迅速な対応が生命の維持につながり、 重い後遺症を引き起こす可能性を下げる事から「救急医療」です。
在宅医療では24時間対応体制を維持するための医療機関の確保や緊急の際の入院体制、医師の確保が目指され、在宅でのチーム医療が行われる体制の整備が進められています。 またそういった地域包括ケアの中心的な役割を担う人材の育成も推進されており、そういった專門の医師の需要は高いと言えるでしょう。
糖尿病では病気の早期発見、健康診査の促進が目指され、生活習慣の改善などを目標に啓発活動などが行われています。 そして糖尿病に関する知識を持った医師の能力は広島西二次医療圏では大きく必要とされています。 そして、救急医療対策では、救急の際に適切な医療機関で受診を行う事が目指されており、各地区医師会の協力により、休日、夜間に初期医療を行う医療機関を増やすことが目標となっています。

4広島西二次医療圏の医師数、病院数など

〈広島県内では規模が小さく、医師の不足している医療圏〉
広島西二次医療圏は人口約14.5万人、病院診療所数合わせて142棟、医師数316人ほどで、これらの数値はどれも広島の二次医療圏全体で二番目に小さな数値であり、 広島西二次医療圏は広島県内で規模の小さな二次医療圏と言えるでしょう。
また10万人対で見た場合の医師数は217人と、全国平均値を下回っており、広島西二次医療圏は医師不足が深刻化している医療圏であると言えます。 そして広島西二次医療圏内で拠点となっている病院は廣島総合病院で、病床数561を誇り、国によって指定された災害拠点病院、がん診療連携拠点病院としての役割も果たしています。

広島県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		広島県のコンサルタントに求人紹介を依頼する