香川県「中讃」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

香川県中讃医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
中讃医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

香川県の二次医療圏「中讃」の現状と課題

1中讃医療圏の概要

〈香川県の中央部に位置して、平野部に加えて有人離島や山間部を抱えた医療圏〉
香川県の二次医療圏である中讃医療圏は、香川県の中央部にあたる丸亀市、坂出市、善通寺市、綾川町、宇多津町、琴平町、多度津町、まんのう町の3市4町で構成されています。 本医療圏の面積は約600平方キロメートル、平成23 年10月1日現在の香川県統計調査課資料による人口が約29万5千人です。
北側が瀬戸内海に面する讃岐平野の中央部に位置していて、平野部とその平野部の中に台地状もしくは円錐状の孤峰が多数見られています。 また本医療圏の南部には四国山地の支脈である讃岐山脈の山岳部を、また瀬戸内海上には11の有人離島を含んでいます。

2中讃医療圏の特徴

〈交通の要衝として発達した工業と、歴史資産を中心とした観光業が盛んな医療圏〉
中讃医療圏の中心産業は工業と観光業で、工業では瀬戸内海沿岸に臨海工業地帯が建設されたことにより、本医療圏の一帯が瀬戸内工業地帯の中核地域として重要な役割を果たすようになりました。
また臨海工業地帯の建設に合わせて整備された坂出港は交通の要衝となり、一方で四国に鉄道が開通した際に多度津駅が予讃線と土讃線の分岐駅となったことから周辺では鉄道関係の製造業が発展したこと、 さらに伝統工芸品である丸亀うちわの製造が盛んなことなど、近代工業と伝統工業が混在した工業地帯を形成しています。
一方で観光業では、四国有数の観光地として全国的にも有名な「こんぴらさん」こと金刀比羅宮を本医療圏内に持つとともに、弘法大師空海の生誕の地として知られ市の名前にもなった善通寺、 弘法大師空海が造ったという伝説の日本最大の灌漑用ため池と言われる満濃池、地域一帯に点在する古墳群、石垣の高さ日本一を誇る丸亀城、 そして瀬戸大橋やその橋桁を支える島々など、古代からの遺跡群や寺社仏閣、近代の建造物など多種多様な観光遺産を抱えています。
公共交通の面では、本医療圏内をJR四国の予讃線が瀬戸内海沿岸を東西に横断し、また本医療圏内の多度津駅からJR土讃線が南側に、JR瀬戸大橋線が宇多津駅から本州方面に路線を伸ばしています。 また、高松琴平電気鉄道の琴平線が高松から路線を伸ばしていて、本医療圏内の鉄道沿線での交通の便はある程度良いと言えます。
一方道路網は、自動車専用道では岡山方面からの瀬戸中央自動車道が瀬戸大橋経由で本医療圏内にて高松自動車道と合流して、医療圏内に合計4ヶ所のICを持ち四国各地及び岡山市方面への道路は整備されています。 一般国道も香川県の東西を結ぶ国道11号線や四国山地に分け入り高知県方面に向かう国道32号線を幹として医療県内外の各方面に国道や県道が敷かれています。本医療圏内南部の山間部を除けば道路網も整備されています。
尚、本医療圏内の各有人離島に向けては、丸亀市域の離島には丸亀港、多度津町域の離島には多度津港からの定期船があり、坂出市域の離島には瀬戸大橋経由のバス便があります。

3中讃医療圏の医療体制の現状

〈本医療圏のみならず香川県西部まで含めた救急医療体制の構築が課題で、施策実行中〉
中讃医療圏では香川労災病院や善通寺病院、香川小児病院、坂出市立病院が事業や疾病毎に中核病院の役割を分担しています。 本医療圏にはこれらの病院を含めて厚生労働省の平成23年医療施設調査で31の病院と227の一般診療所があります。 本医療圏の医療体制の課題として、本医療圏を含めた香川県西部の救急医療体制の点があります。
本医療圏での二次救急医療体制は、医療圏内5病院での二次輪番体制となっていますが、現実では各病院が交代で救急患者に対応する運用ではなく、参加病院が毎日対応する運用となっている現状があります。 また二次輪番体制を担う病院のひとつである善通寺病院では、平成20年2月以来脳神経外科の常勤医の不在が生じていて、他の病院への救急搬送のしわ寄せが生じているという現状もあり、 救急体制やそこに従事する医師の強化が必要となっています。
また本医療圏の二次輪番病院で診療時間外に受診した患者及び救急搬送された患者の中で、入院を要する患者の割合はいずれも2割に満たず、 8割以上が入院を要しない患者であることが二次輪番病院の救急医療現場の勤務医の疲弊を招き、本医療圏の救急医療体制自体が存続の危機となっています。
現在自治体では初期救急医療の適正な利用の啓発を実施していますが、医療圏内各地域での開業医の協力による初期救急医療に対応した休日夜間診療所等の整備が必要になるなど、初期救急体制を強化して二次救急医療を守る必要が生じています。
更に三次救急医療体制としては、本医療圏内の香川小児病院が総合周産期母子医療センターと小児救命救急センターとの機能を有して、高度な周産期医療及び小児救急医療の提供を行っていて、三次救急を担う医療機関として、 中讃医療圏や隣接する三豊医療圏の他にも県外から多数の救急小児患者を受け入れていますが、周産期部門でのNICUの利用率が高い状態が続いているために、ハイリスクの母体や新生児の受入れに支障が生じている現状もあります。
このような点を香川県も行政課題としていて、本医療圏での救急医療体制の強化に努め安定的な救急医療体制の確保のために「三次救急医療体制整備の点」、「病院機能の集約の点」などを行政の対策として立案しています。
まず三次救急医療体制整備については、隣接する三豊医療圏の三豊総合病院を整備して「地域救命救急センター」とすることで、本医療圏の全域が救命救急センターから30分圏内となるよう強化し、 総合周産期母子医療センターと小児救命救急センターとの機能を有する香川小児病院を同一市内の善通寺病院と統合することでNICU、MFICU、GCUの増床を行い、 総合周産期医療と小児医療の両面の三次救急機能体制の強化を行なうこと、救急患者が集中している本医療圏内の香川労災病院のICUを増床すること、 初期救急体制を強化するために小児救急電話相談(♯8000)の対応時間の延長を行うなどして救急病院における時間外の患者のうち軽症患者の割合を7割まで減少させること、 広域災害・救急医療情報システムと周産期医療情報システムとを、情報の相互互換性がある統一されたシステムに改良して効率的な運用を行うこと、 及び住民に対して救急医療の適正受診についての更なる普及活動を行なうこと等を施策としています。
以上の施策の中で、香川小児病院と善通寺病院との統合は既に行われて、「独立行政法人国立病院機構四国こどもとおとなの医療センター」として平成25年5月に開院しています。
また小児救急電話相談の対応時間の延長も当初計画どおり行われています。このような施策の実行によって、第六次香川県保健医療計画にて本医療圏の課題となっていた点が 次回の保健医療計画作成時点でどこまで改善が為されているかが期待できます。

4中讃医療圏の医師数の現状

〈山間部や数多くの有人離島を抱え、へき地医療への維持と向上が今後の課題〉
平成22年医師・歯科医師・薬剤師調査での平成22年12月末現在での中讃医療圏の人口10万人対医師数は231.5人で、全国平均である219.0人よりは多いものの、香川県の平均である253.7人には及ばない状況です。 ただし本医療圏内には数多くのへき地医療の問題を抱えた地区があり、本医療圏内での医師の著しい偏在があります。
このへき地問題が本医療圏内の課題で、瀬戸内海上の有人離島と南部の讃岐山脈部を抱えるため、本医療圏全体で無医地区等3ヶ所、へき地診療所10ヶ所を数え香川県の二次医療圏では最多となっていて、 これらの地域の将来的な医療サービスの確保と向上が大きな課題となっています。 香川県ではこれらの課題に対して、保健医療計画では「へき地の医療提供体制への支援」の面と「へき地における医療従事者の確保」を主体として対応策を立案しています。
具体的にへき地の医療提供体制への支援の面では、へき地医療支援センターを香川県立中央病院内に設立していて、自治体や各へき地医療拠点病院との情報交換を通して連携を取りながら、 へき地医療対策の円滑で効率的に推進すること、へき地医療拠点病院の活動を評価することやへき地診療所の現場での視察を通じて、どのような支援体制が必要かという支援事業の企画や調整を行うこと、 さらにへき地診療所とへき地医療拠点病院間の遠隔診療体制を整備することで、へき地や離島に住む患者が適切な医療の受診が可能なような体制を整えることを施策として実行しています。
一方でへき地における医療従事者の確保の面では、自治医科大学卒業医師のへき地診療所等への適切な配置や、 医師会や基幹病院等の関係機関との一層の連携を図りつつ医療提供施設及び医療従事者の状況との整合性を取りながら、引き続きへき地医療を支える医師の確保のための施策を行っています。
また、本医療圏や県のみならず、瀬戸内海沿岸の香川県、愛媛県、岡山県、広島県の4県が共同で運営している済生会病院所属の瀬戸内海の島々の巡回診療を行う 診療船「済生丸」の有効活用や運営への補助の実施、及び離島での救急患者の搬送にて、従来の海上タクシー、フェリー、防災ヘリとともに、 高松市所有の救急艇「せとのあかり」にて行われている搬送運航に対しての支援を行うことなどを施策として、将来にわたり離島やへき地での医療が確保され、且つより良いものになるような対策を実施しています。

香川県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		香川県のコンサルタントに求人紹介を依頼する