香川県「三豊」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

香川県三豊医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
三豊医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

香川県の二次医療圏「三豊」の現状と課題

1三豊医療圏の概要

〈香川県の西端部に位置して、讃岐平野と瀬戸内海の離島からなる医療圏〉
香川県の二次医療圏である三豊医療圏は、香川県の最西部にあたる観音寺市 三豊市の2市で構成されています。 本医療圏の面積は約340平方キロメートル、平成23 年10月1日現在の香川県統計調査課資料による人口が約13万人です。
西側が瀬戸内海に面する讃岐平野の西端と瀬戸内海に浮かぶ離島の島々からなり、讃岐平野部には平野の中に台地状もしくは円錐状の孤峰が多数見られています。

2三豊医療圏の特徴

〈古代からの地名が残り、中心産業としては農業が盛んな医療圏〉
三豊医療圏には、建立が奈良時代で後に弘法大師の由来も持つ「観音寺」をはじめ、古代からの名前が残る地名が多数あります。
本医療圏の中心産業は農業で、ブランド名を持つレタスやセロリ、みかん、茶、花きなど多種多様な農業生産物が栽培されています。
また瀬戸内海に面していることもあり水産業も盛んで、良質な漁港が数多くあります。 近年では三豊市内の国際貿易港である詫間港を核とした製造業や、マリンレジャーの基地である仁尾港を中心とした観光業も盛んになっています。
公共交通の面では、本医療圏内の瀬戸内海沿岸部の北東から南西方向にJR四国のJR予讃線が走り、南東内陸部にはJR土讃線が走っており、列車本数もある程度確保されていて幹線交通の軸となっています。 鉄道沿線以外はバスの利用となりますが、バスは地域により運行本数に差があるため、本医療圏内の移動は自家用車も考慮に入れておいたほうが良いでしょう。
一方で道路網は、本医療圏内を北東から南西方向に自動車専用道の高松自動車道が通り、県庁所在地の高松市はもちろん四国内各方向へ至便です。
一方で一般国道も、国道11号線、国道377号線、国道32号線などを軸として医療圏内外に県道が伸びていて、本医療圏最南部の四国山地地域以外では道路網は整備されていると言えます。

3三豊医療圏の医療体制の現状

〈医療圏内に抱えるへき地医療の支援や対策に先々まで考えた施策を実施中〉
三豊医療圏では三豊総合病院が中核病院の役割を担っています。本医療圏にはこれらの病院を含めて厚生労働省の平成23年医療施設調査で14の病院と84の一般診療所があります。 本医療圏の問題としては、へき地医療の問題があります。本医療圏には山村の無医地区に準じる地区が1ヶ所、離島でのへき地診療所が3ヶ所、 法律上の適用外ではあるもののへき地診療所が設けられている地区が1ヶ所あり、その診療所のバックアップ体制が現状の課題となっています。
香川県でも本県に対応するべく、施策として県のへき地医療体制を確立して対応にあたっています。具体的にはまず香川県立中央病院内に「へき地医療支援センター」を設置して、 へき地医療対策の企画や調整を行えるような体制を整えたこと、本医療圏の永康病院、三豊総合病院、香川井下病院、松井病院をへき地医療拠点病院に指定して、 へき地医療支援センターが巡回診療の実施やへき地診療所への代診医の派遣等のへき地医療に関する事業をこのへき地医療拠点病院が行うことへのバックアップを行うこと、 香川県の医療情報ネットワーク「かがわ遠隔医療ネットワーク」を活用した遠隔診療体制の拡充を図り、 へき地診療所や巡回診療で受診する患者がへき地医療拠点病院の支援で適切な医療を受けられることなどを現状での施策として行っています。
さらに将来のへき地医療を担う人材の育成のため、医学生修学資金貸付者に対する地域医療教育や地域医療実習を実施するなど、医師の教育や研修、 医師に対するキャリア支援等の実施、更には自治医科大学卒業医師の県内定着の為にへき地医療支援センターと連携及び協力の元で医師のキャリア支援の実施することなどを施策として行う方針です。

4三豊医療圏の医師数の現状

〈医師不足の解消と、糖尿病患者の医療資源の充実が現状での医療行政課題〉
医師・歯科医師・薬剤師調査での平成22年12月末現在での三豊医療圏の人口10万人対医師数は193.6人で、香川県の平均である253.7人はもとより、全国平均である219.0人にも及ばす、医師不足の現状があります。
また本医療圏の問題として糖尿病の治療における医療資源が不足しており、同一時点での本医療圏にて「糖尿病内科もしくは代謝内科」として登録している医師数は1人、 「在宅患者訪問栄養食事指導」が可能な医療機関と「在宅自己腹膜還流指導管理」が可能な医療機関がそれぞれ2ヶ所と、糖尿病の特定保健指導等が可能な医療機関が本医療圏に少ない現状があります。
香川県としても本件に対応すべく、行政上の施策として将来の糖尿病対策での専門医の増加や在宅治療指導医療機関の増加を目指していますが、 まず現時点では本医療圏内の現状の医療資源の効果的な利用を目指して、糖尿病の発症予防や重篤化の予防のための対策を施策としています。
本医療圏にて医療従事者のみならず介護支援専門員や保健所の職員等の多職種が協働し、各々が専門的な知識を活かしつつチームとなって住民や患者を支える体制づくりを行い、 本医療圏の実情に合わせた「住民の顔が見える」ネットワークづくりの取組みを行うとともに、糖尿病予備群の早期発見と適切な対応が可能なように特定保健指導従事者の資質を向上すること、 及び医療や介護、保健所等の関係者による情報や意見の交換の場を設けて、効果的な予防対策への検討を進める施策を行っています。

香川県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		香川県のコンサルタントに求人紹介を依頼する