香川県「小豆」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

香川県小豆医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
小豆医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

香川県の二次医療圏「小豆」の現状と課題

1小豆医療圏の概要

〈香川県の北部、瀬戸内海に浮かぶ小豆島の自治体に設定された医療圏〉
香川県の二次医療圏である小豆医療圏は、香川県の北部、四国本土から離れた瀬戸内海に浮かぶ小豆島及び周辺の島々にあたる小豆島町、土庄町の2町で構成されています。
本医療圏の面積は約170平方キロメートル、平成23 年10月1日現在の香川県統計調査課資料による人口が約3万人です。 瀬戸内海に浮かぶ小豆島と、その西側の豊島、及び周辺の有人島からなり、小豆島、豊島とも島内は起伏があります。

2小豆医療圏の特徴

〈食品産業が中心で、オリーブの栽培で名を馳せて、観光業も盛んに行われている医療圏〉
小豆医療圏の中心産業は食品産業で、醤油、佃煮、素麺などの食品製造業やオリーブ製品の製造業が行われています。 また電照菊やスモモ、オリーブの実などを農産収穫物とする農業や、小説「二十四の瞳」の映画化の際の舞台となった地として、 また日本三大渓谷美とされる寒霞渓、そして瀬戸内海などの様々な観光資源での観光業も盛んです。
公共交通の面では、島内に鉄道はなくすべてバスでの移動になります。バス便は地域や路線によって本数に大きな差がありますので、本医療圏内での移動は自家用車を念頭に考えて置くのが良いでしょう。 一方で道路網は、小豆島内を走る国道436号線を軸として島内の各集落に向けては県道が伸びていて、島内山間部を除けば道路網もある程度は整備されています。
また、本医療圏への船便は、小豆島へは高松港からのフェリー便や高速艇便を軸にして、岡山県の新岡山港と宇野港、兵庫県の姫路港や日生港、神戸港からの航路があり、 小豆島側には現在定期航路の発着港が6ヶ所あります。一方で豊島には、岡山県の宇野港と小豆島の土庄港からフェリーと高速艇の定期航路があり、発着港が2ヶ所あります。

3小豆医療圏の医療体制の現状

〈本医療圏内の公立病院再編や要耐震化で、現在新しい中核病院としての新病院を建設中〉
小豆医療圏では土庄中央病院が中核病院の役割を担っています。本医療圏にはこの病院を含めて厚生労働省の平成23年医療施設調査で4の病院と24の一般診療所があります。
本医療圏の問題としては、公立病院再編整備の問題があります。本医療圏で急性期を担う病院は土庄中央病院と内海病院の2つの公立病院ですが、 今後本医療圏での人口や患者数の著しい減少が見込まれることでこの先も病院が安定した経営の確保と必要な医療提供体制の維持のためには、公立病院の経営について抜本的な見直しを必要としました。 そのため、平成23年11月作成の「香川県地域医療再生計画」にて病院の再編が必要とされました。
また土庄中央病院は平成22年度に実施した耐震診断の結果で、緊急な耐震改修などの措置が必要という警告がなされました。 以上の点から高度医療や専門医療へのアクセスにおいて地理的制約を受ける本医療圏の土庄中央病院と内海病院の2公立病院を統合再編して、総合診療機能を持つ本医療圏の中核病院の整備を行い、 診療科目ごとの医療体制の強化を行うことで、医療関係者の勤務環境の向上と病院建物の耐震化を行い、本医療圏の医療の質を向上させる必要が生じました。香川県もこのような視点から、 現在の土庄中央病院と内海病院とを合併した形の新しい公立病院「小豆島中央病院」を平成28年春に開院する施策を実行しています。
計画では本病院では本医療圏の住民の願いであった医療圏内での医療完結に向けての医療資源を整備して、救命救急機能の向上や人的資源の確保を行い、病床数の適正化や建物の耐震化等を達成する計画です。 本病院が開院後に再度香川県の医療計画を見直して、本医療圏の実績と課題を検証する予定です。

4小豆医療圏の医師数の現状

〈医師不足の解消と、急性心筋梗塞に対応する医師や医療施設の確保が課題〉
平成22年医師・歯科医師・薬剤師調査での平成22年12月末現在での小豆医療圏の人口10万人対医師数は147.1人で、香川県の平均である253.7人のみならず全国平均である219.0人にも及ばす、 医師が不足しておりこの解消のために県の施策が必要です。
また本医療圏の問題として、急性心筋梗塞の対策があります。平成22年の厚生労働省の医師・看護師・薬剤師調査によれば、本医療圏内には循環器内科の医師、心臓血管外科医師数がともに0で、 さらにCCU病床数や心大血管リハビリテーション実施可能な機関数も本医療圏内には皆無で、急性心筋梗塞の発症の場合は土庄中央病院や内海病院等に一旦搬送した後にドクターヘリなどで高松市の病院に搬送する方式を 行わざるを得ず、急性心筋構想での医療に不安を残していました。
香川県はこの点も問題と考えていましたが、前項で述べた公立病院の再編で平成28年に開院する小豆島中央病院にて、急性心筋梗塞など緊急性が高い疾病への対応が 可能なように医師確保の体制整備を目指すことにしています。
新病院は香川大学医学部の全面的な協力の下で運営されるということで、今後新病院が開院した後で本医療圏の急性心筋梗塞に対する問題が十分に解決するかを確認していく必要があります。 さらに新病院の開院により、他県の医療圏では病院と一般診療所のとの役割分担がより明確化して、一般診療所での医師の需要が増えているケースも多いので、 今後新病院開院後の本医療圏の医療の情報に注意を図る必要があります。

香川県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		香川県のコンサルタントに求人紹介を依頼する