徳島県「南部」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

徳島県南部医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
南部医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

徳島県の二次医療圏「南部」の現状と問題点

1二次医療圏「南部」とは

〈徳島県南部の沿岸部から山間部に位置する医療圏で、旧南部Ⅰ、南部Ⅱを合併した医療圏〉
徳島県の二次医療圏である南部医療圏は、徳島県の中西部内陸部から、南東部海岸部及び離島にまたがって存在する、小松島市、阿南市、勝浦町、上勝町、那賀町、美波町、牟岐町、海陽町の8自治体で構成されます。
面積は約1700平方キロメートル、平成22年国勢調査での人口は約15万6千人です。本医療圏は東部と南部が太平洋に面していますが、それ以外は四国山地の険しい山岳地帯となっています。 人口は主に太平洋に面した海岸部分に集中しています。
尚、今回の徳島県保健医療計画では医療圏を前回の第5次保健医療計画の状況から、元々小松島市、阿南市、勝浦町、上勝町、那賀町を南部Ⅰ医療圏、美波町、牟岐町、海陽町を南部Ⅱ医療圏と設定していた二次医療圏を、 医療計画での施策実行状況から、「平成24年3月30日医政発0330第28号厚生労働省医政局長通知見直し」に基づいて、今回は旧二次医療圏であった南部Ⅰ、南部Ⅱの各医療圏を「一・五次医療圏」と定め、 あたらしく両医療圏を合併して二次医療圏の南部医療圏としました。ただし今回の医療計画での前回までの施策の結果の数値は、旧・南部Ⅰ医療圏、旧・南部Ⅱ医療圏で表示されています。

2南部医療圏の生活状況

〈第一次~第三次の各産業がバランス良く行われていて、観光地としても有名〉
南部医療圏は、昭和及び平成の大合併の時期にそれぞれ自治体間の併合や合併があり、現在では8自治体となりました。 本医療圏では各産業がバランス良く行われています。 第一次産業では稲作を中心に柚子、タケノコ、すだちをはじめとした農業や、小松島港、日和佐港などの天然の良港を基地とした沿岸漁業が盛んです。
第二次産業では、ノーベル賞を受賞した「青色発光ダイオード」を開発した企業をはじめとして、特に北東部の海岸地区を中心に製紙業や化学業、健康食品製造業の基幹工場などが存在して、 徳島県でも有数の工業地区となっています。
また第三次産業では、リアス式海岸の阿南海岸を中心とした、マリンレジャーや風光明媚さ、「ウミガメの産卵地」という豊かな自然環境が人気の観光資源となっています。
公共交通の点では、鉄道ではJR四国のJR牟岐線が海岸線部分を縦断していて、またJR牟岐線執着の海部駅から先には第三セクターの阿佐海岸鉄道安佐東線が高知県まで通じています。 会館部分以外の鉄道路線の無い地域はバスの利用になりますが、鉄道、バスとも移動に十分な便数が確保されているわけではないため、本医療圏内の移動には自家用車の使用をお勧めします。
道路網の点では沿岸部分を通る国道55号線を軸に国道193号線や国道195号線などの国道や県道が内陸部に伸びています。 本医療圏内の8割以上を山林が占めていて集落の多くは国道や県道に沿っているので、海岸部分及び山岳部分の各集落を結ぶ道路はある程度整備されていると言えます。

3南部医療圏の医療体制と現状

〈救命救急センターを抱えるが、救急医療での地域偏重に対する医療面を超えた施策が必要〉
南部医療圏では旧・南部Ⅰ医療圏側の徳島赤十字病院が中核病院の役割を担っていて、旧・南部Ⅱ医療圏側の阿南共栄病院がその機能を補助していいます。 平成23年10月現在の厚生労働省の医療施設調査によれば21の病院と127の一般診療所があります。
本医療圏の医療体制の課題として、救命救急医療に関する点があります。本医療圏では前出の徳島赤十字病院が県の三次救急医療体制にて救命救急センターに認定されていますが、 本病院は医療圏内の北東端部にあり、本医療圏の多くの地区から距離があり搬送に時間が掛かること、更に2次救急医療機関に指定された病院は医療圏内で7ヶ所ありますが、 旧・南部Ⅰ医療圏側は3ヶ所全て阿南市、旧・南部Ⅱ医療圏側は4ヶ所いずれも海岸地区の自治体に存在する病院で、医療圏全域に多い山間部の自治体での救急医療体制に不安があります。 この点を徳島県の医療行政としても課題と認識していて、次のような施策を行っています。
第一に適切な病院前救護活動が可能な体制の構築、次に重症度や緊急度に応じた適切な医療の提供が可能な体制の構築です。 具体的には初期救急医療を担う医療機関である休日夜間急患センターや在宅当番医制の充実を行い、地域で診察の空白時間が発生しないようにすること、 そして患者の病態に応じて速やかに患者の紹介が行えるように近隣の医療機関と連携体制の構築を行っていることなどが施策として挙げられています。
四国山地はかなり急峻な山々がそびえていて、内陸の山岳部の交通網の整備はまだ十分とは言い切れませんが、行政にて道路整備を行うことで患者の搬送時間も短縮される効果もあることから 、生活インフラのひとつとして内陸部のさらなる道路網の充実が、今後の本医療圏の救急医療の便利さにも直結すると言えます。

4南部医療圏の医師数の現状

〈医師数の偏在の問題と、数の多いへき地診療への医療の維持と支援の体制の維持が課題〉
平成22年の厚生労働省の調査によれば、南部医療圏の人口10万人あたりの医師数は旧・南部Ⅰ医療圏では259.1人、旧・南部Ⅱ医療圏では178.0人と、どちらも徳島県全体の304.0人よりは少ないものの、 旧・南部Ⅰ医療圏では全国の230.4人よりも多くなっています。
このように現在の本医療圏内でも地域差があり特に旧・南部Ⅱ医療圏では医師数が全国地をも下回っているため、医師数偏在の解消のために県の行政施策が必要となっています。 また本医療圏の現状として、へき地診療の問題があります。本医療圏では11ヶ所のへき地診療所を抱えていて、その多くが非常勤医師や派遣医師によって成り立っている現状があります。
このような現状を徳島県としても行政課題としていて、施策として「医療を確保する体制の維持」や「診療を支援する体制の維持」を施策として挙げています。 今後の具体的な取り組みとして、地域医療支援気候の充実や強化という視点での新たな取組みへの検討を行うこと、へき地における医療の確保を行うこと、へき地の医療提供体制に対する支援を行うことを行う計画です。 将来的には徳島大学医学部の学生や県内の医学部を目指す高校生を対象にした「医療現場の体験実習」のような行事を行うことで、地域医療に取組む医師を育てる計画も持っています。

徳島県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		徳島県のコンサルタントに求人紹介を依頼する

徳島県の二次医療圏別の医師求人特集一覧