山口県「長門」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

山口県長門医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
長門医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

山口県の二次医療圏「長門」の現状と課題

1長門医療圏の概要

〈山口県の北西部に位置して、ひとつの市からなる平地と山間部を抱えた医療圏〉
山口県の二次医療圏である長門医療圏は、山口県の北西部にあたる長門市1市で構成されています。 医療圏の北側は日本海に面し、東側は萩医療圏、南側は宇部・小野田医療圏、西側は下関医療圏に接しています。
本医療圏の面積は約360平方キロメートル、平成23 年10月1日現在の山口県市町年齢別推計人口が約3万8千人で、医療圏域の高齢化率は34.2%と県合計よりも高く、山口県の二次医療圏別でも高い方から3番目となっています。 主に北部は日本海に面して広い平野部を有し、南部は緑豊かな山間部が多い医療圏です。

2長門医療圏の特徴

〈日本海でも有数な漁港を抱え、温泉地等の観光地を持つ、水産業と観光業が盛んな医療圏〉
長門医療圏の中心産業は水産業と観光業です。長門市内に日本海側の主要漁港として有名な仙崎港を始めとして複数の漁港を持ち、日本海の沿海漁業を行っています。 また仙崎港の先にある古来の捕鯨で有名だった青海島や、長門湯本温泉や俵山温泉をはじめとする複数の温泉街等の観光資源を医療圏内に持ち、観光業も盛んです。
公共交通の面では、JR西日本のJR山陰本線が東西方向に、JR美祢線が南北方向に本医療圏内を通っています。 しかしこれら鉄道路線および長門市駅や仙崎駅から発着するバス路線については本数に限りがあるため、自家用車の使用が無難と考えます。
一方で道路網は、東西方向に伸びる国道191号線や南北方向に伸びる国道316号線を幹として各方面に国道や県道が伸びています。 あまり広い医療圏ではないので、本医療圏内の道路網は山間部を除いてある程度整備されています。

3長門医療圏の医療体制の現状

〈医療圏内での救命救急医療の対策を、現状では隣接医療圏の医療施設と協力して対応〉
長門医療圏では長門総合病院が中核病院の役割を担っています。本医療圏にはこれらの病院を含めて平成23年の厚生労働省の医療施設調査で6の病院28の一般診療所があります。 本医療圏が抱える問題として、救命救急医療の問題が挙げられます。
本医療圏内では外来によって比較的軽症な救急患者を受け入れる初期救急医療は、本医療圏では休日夜間、平日夜間における体制が十分に整っていない現状があり、救急告示病院も山口県内の医療圏で最少の3ヶ所です。
また三次救命医療としては隣接する医療圏の山口大学医学部附属病院もしくは独立行政法人国立病院機構関門医療センターに依存する形になっています。 この点を山口県としても放置しておくわけにもいかず、まずは平成25年10月に長門市に休日夜間診療センターを設置して、本医療圏の医療体制を整えました。
更に将来的には本医療圏の三次救命救急医療を整備する方針ですが、現状での医療資産を有効に使用するため、救急告示病院が傷病者の状態に応じた適切な救命医療を提供すること、 具体的には傷病に応じて対応する医療機関の役割分担を明確にするなどの方策で、現在の救命救急に対応して医療機能を少しずつ上げていく方策を立てています。

4長門医療圏の医師数の現状

〈医師不足の解消と、脳血管疾患での死亡率の減少が大きな課題となっている医療圏〉
平成24年調査での長門医療圏の人口10万人対医師数は178.2人で、山口県の平均である241.4人はのみならず、全国平均である226.5人にも大きく及ばす、医師不足の現状があります。 本医療圏の医師増は山口県としての行政課題です。
また本医療圏における問題として、「脳血管疾患による死亡率の多さ」があります。平成22年保健統計年報より算出した死亡率によれば、 脳血管疾患による死亡率は山口県全県で131.5のところ、本医療圏では211.2という高い値となっていて、本医療圏における脳血管疾患の多さを物語っています。
山口県もこの対策のために、予防と治療の両面から施策を行っています。
脳血管疾患の発症時の生存率はいかに速く専門病院に搬送されるかが問題となるため、 救急搬送の面では前項で述べたとおりですが、一方で予防については脳卒中における最大の危険因子である高血圧のコントロールや、脳卒中の発症リスクを低減するための運動不足や喫煙、 多量飲酒等の生活習慣の改善、並びにそのような生活習慣に起因する疾患の適切な治療を行うような体制作りを施策として実施しています。 そのため、常に住民の健康に寄り添うことができる「かかりつけ医」について、本医療圏では大きな需要があります。

山口県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		山口県のコンサルタントに求人紹介を依頼する