山口県「宇部・小野田」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

山口県宇部・小野田医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
宇部・小野田医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

山口県の二次医療圏「宇部・小野田」の現状と課題

1宇部・小野田医療圏の概要

〈山口県の南西部に位置して、瀬戸内海沿岸から中国山地の山間部までを抱えた医療圏〉
山口県の二次医療圏である宇部・小野田医療圏は、山口県の西部南部にあたる宇部市、小野田市、美祢市の3市で構成されており、南側は太平洋に面した平地で、北側はなだらかな中国山地西部の山間地です。
本医療圏の面積は約900平方キロメートル、平成23 年10月1日現在の山口県市町年齢別推計人口が約26万5千人で、医療圏域の高齢化率は26.9%と県合計より僅かに低く、主に厚東川の沿岸から河口部分の平地に人口が密集していて、北部にはカルスト台地で名高い秋吉台などの特異な地形の地域を持ちます。

2宇部・小野田医療圏の特徴

〈医療圏内で採掘される石炭や石灰石から、化学工業や製油工業が中心産業として発達〉
宇部・小野田医療圏の中心産業は工業で、明治時代以来石炭や石灰石の採掘が行われてきて、その石炭を燃料として石灰石を原材料としたセメント生産を中心とした化学工業や製油工業を中心とした工業都市として有名です。
また医療圏内北部の秋吉台を中心とする自然の造形美を活かした観光業も盛んです。 公共交通の面では、山陽新幹線の厚狭駅が本医療圏内にあり、関東圏、関西圏、福岡市方面との行き来はとても便利です。 またJR西日本のJR山陽本線やJR宇部線、JR小野田線、JR美祢線が通っていて、医療圏内外へのアクセスも非常に良く公共交通は至便と言えます。
一方で道路網は、自動車専用道では南部を山陽自動車道、北部を中国縦貫自動車道がいずれも本医療圏内を東西に横断していて、両自動車道で合計7つのICを持ち、中国地方や九州地方各地へのアクセスは良好です。 一般国道も国道2号線や国道190号線、国道316号線を幹として各方面に国道や県道が伸びていて、本医療圏内の中国山地山間部以外では道路網も整備されています。

3宇部・小野田医療圏の医療体制の現状

〈医療圏内の周産期医療の偏在や機能分担が十分でない点が課題で、施策で対応中〉
宇部・小野田医療圏では山口大学医学部附属病院や労働者健康福祉機構山口労災病院、宇部協立病院などの複数の病院が中核病院の役割を分担しています。 本医療圏にはこれらの病院を含めて厚生労働省の平成23 年医療施設調査で30の病院と253の一般診療所があります。
本医療圏の現状では、周産期医療の問題があります。本医療圏内には総合周産期母子医療センターと地域周産期母子医療センターとを兼ねた山口大学医学部附属病院が存在しますが、 それ以外の通常分娩を取り扱う病院や診療所が7ヶ所のみで、それも全てが宇部市、山陽小野田市に集中していて美祢市では分娩可能な医療機関が皆無という状況にあり、 さらに医療機関ごとの機能分担が現状では十分ではないといった現状が問題としてあります。
山口県としてこのような現状を解消するべく、周産期医療体制の整備等に関して各部門の関係者からなる山口県周産期医療協議会を設置して医療圏内の分娩可能な医療機関の整備の協議を行うこと、 周産期医療に関する統計及び医療関連調査の実施や分析、評価を行い、本医療圏の医療現場にフィードバックすること、 また一方で医師確保対策の促進により、産科医や新生児を中心とした小児科医師の確保を推し進めること、産科医との連携を前提にした助産師の一層の活用のために、 「助産師外来/病院内での助産科」の開設の推進、助産師養成教育の充実や教育機関等と連携しての助産師の人材確保を行うことなどを具体的な施策としています。

4宇部・小野田医療圏の医師数の現状

〈へき地医療について、へき地を支援する具体的方策が未解決のままという課題があり〉
平成24年調査での宇部・小野田医療圏の人口10万人対医師数は364.4人で、全国平均である226.5人のみならず、山口県の平均である241.4人よりもかなり多い状況です。 ただし本医療圏内に山口大学医学部やその附属病院が所在するという理由で対医師数が多いという事情もあり得るので、今後は山口大学医学部を除いて他の医療圏と同等の比較にて検証することが必要です。
また本医療圏の問題として、へき地医療の問題があります。本医療圏内には無医地区はありませんが、過疎地域自立促進特別措置法や山村振興法で定められたへき地と認定されている地区が 平成25年2月末現在で本医療圏内の宇部市に1ヶ所、美祢市に3ヶ所存在しています。 そのいずれにもへき地診療所が設置されていない上に、県の保健医療計画においてもへき地医療拠点病院やへき地医療協力医療機関が設定されていないという現状があります。
これらの地区はいずれも中国山地山間部にあり、JR美祢線の沿線や観光地秋吉台の周囲も含んでいます。 山口県ではこの点を問題と考えていて、へき地における在住の住民の医療の確保、専門的な医療や高度な医療へ患者を搬送する体制の整備、へき地の診療を支援する医療の機能向上を施策として挙げています。
本医療圏の場合、医師確保対策の強化や医療提供体制の確保、診療支援体制の充実を具体的な施策としていますが、まずは医療圏内にへき地医療拠点病院もしくはへき地医療協力医療機関の設定を行い、 その医療機関を拠点として巡回診療等によるへき地での医療の確保や、へき地診療所の設置などを施策として実施する必要があり、現在そのための準備段階としての方策を計画している最中です。

山口県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		山口県のコンサルタントに求人紹介を依頼する