北海道「遠紋医療圏」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

北海道遠紋医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
遠紋医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

北海道の二次医療圏「遠紋医療圏」の概要と特徴

1はじめに

〈北海道の遠紋医療圏とは〉
北海道の二次医療圏である遠紋医療圏は、北海道の北東部に位置するオホーツク総合振興局管内の自治体で構成されています。該当するのは、紋別市、佐呂間町、遠軽町、湧別町、滝上町、興部町、西興部村、雄武町、の8自治体です。医療圏は海岸線がオホーツク海に100km以上の海岸線で接していて、中心都市である遠軽町と紋別市から「遠紋」という名称が医療圏名になっています。ただし遠紋医療圏自体も広く、医療行政では遠軽町、佐呂間町、湧別町のエリアを東紋地域、紋別市、滝上町、興部町、西興部村、雄武町のエリアを西紋地域と呼びます。
遠紋医療圏の面積は約5,150平方キロメートル、平成22年国勢調査での圏内人口は7万6千人強です。
尚、通常の場合の三次医療圏は都府県単位ですが、北海道は広すぎるため特別に二次医療圏『遠紋』『北網』の2つで三次医療圏の『オホーツク』を設定しています。

2遠紋医療圏の特徴

〈農業と漁業が中心の医療圏、交通の便には難があり圏内移動に自家用車が必要〉
遠紋医療圏での基幹産業はほぼ農業、水産業です。
農業では特に遠軽町を中心とするエリアで盛んで、オホーツク医療圏内全体で栽培が盛んなタマネギを主要作物として、その他ジャガイモ、砂糖の原料の甜菜、ブランド名が付いたアスパラガスやブロッコリー、酪農や畜産が主な生産品となっています。特に生乳は道内でも有数の産地として有名です。また水産業はオホーツク海沿岸で行われ、鮭、マス、マガレイ、毛ガニ、そしてカマボコに加工されるスケソウダラなどが主要な産品となっています。
交通の面では、遠軽町内をJR北海道のJR石北本線が通っていますが、かつて存在したその他の鉄道路線は1989年に国鉄再建法を元にして廃止されました。結果、遠紋医療圏内の移動は公共交通機関に頼ることができず、自家用車での圏内移動が必要になります。

3遠紋医療圏の医療体制の状況

〈いかにして二次医療圏内での入院/通院自給率を上げるかが行政の課題〉
遠紋医療圏には、東紋地域の遠軽町と西紋地域の紋別市にそれぞれ中核病院を有します。東紋地域の中核病院は遠軽厚生病院で、公的病院である佐呂間厚生クリニックなどを含めて東紋地域には5病院と17診療所を有します。一方で西紋地域の中核病院は広域紋別病院で、自治体病院である興部町国民健康保険病院などを含めて、8病院と17診療所(いずれも平成25年5月現在)を有します。
遠紋医療圏の問題は、患者の医療圏内自給率の低さです。ここでは特に入院自給率を取り上げますが、遠紋医療圏全体での入院自給率は82.3%(平成22年4月~12月診療分の電子レセプトによる分析:北海道大学、以下同じ)で、北網医療圏(北見市)、札幌医療圏(札幌市)、上川中部医療圏(旭川市)への流出が目立ちます。自治体毎の分析では更に顕著で、佐呂間町では21.3%の入院患者が北見市へ、滝上町では19.1%の入院患者が旭川市と札幌市に流出しているなど、北海道全体の二次医療圏入院自給率96.3%と比較するとはるかに低い値です。
三次医療圏「オホーツク」の基幹病院が、隣の北網医療圏の北見市にあるという理由や、自治体の地理的関係や道路事情で二次医療圏外の病院への入院が便利という原因もありますが、北海道でもこの自給率の低さを重要視していて、二次医療圏内での入院や通院で治療を終結させる割合を増やすよう、中核病院や公的病院の機能を充実させるべく検討しています。

4遠紋医療圏の医師の現状

〈無医地区への医療サービス向上と、特定疾患への予防対策が課題〉
平成22年末時点での遠紋医療圏の医師数は89人、人口10万人あたりでは116.6人で、北海道の229.0人及び全国での219.0人を大きく下回っています。北海道としてもこの現状に対する解決策として、遠紋医療圏での地域医療ネットワークを構築するような行政施策を立てています。特に遠紋医療圏内の無医地区へのより細かな医療サービスを提供するための、医療圏内の中核病院や公的病院の充実を図るべく整備を継続する行政方針を打ち出しています。
更に遠紋医療圏の特徴として、全国での死亡比を100とした際のSMR値で比較した脳血管疾患死亡比及び虚血性心疾患死亡比(平成12年~21年までの調査結果)が、いずれも極端に高くなっている現状があります。これらの死因は医療圏の気候風土による影響も無視できないとはいえ、医療圏内の住民への定期的な検診や生活習慣の啓蒙等で疾患の発生をある程度は予防できるものです。この点でも、脳血管疾患や心疾患の予防医療のノウハウを持った医師が必要とされています。

北海道の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		北海道のコンサルタントに求人紹介を依頼する