北海道「東胆振医療圏」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

北海道東胆振医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
東胆振医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

北海道の二次医療圏「東胆振医療圏」の概要と特徴

1はじめに

〈東胆振医療圏とは〉
北海道の二次医療圏である東胆振医療圏は、北海道の中南部に位置する胆振総合振興局管内のうち、白老町、苫小牧市以東のエリアで構成されています。該当するのは、苫小牧市、白老町、厚真町、安平町、むかわ町の5自治体です。本医療圏は南側が太平洋に面し、単調に東西に伸びる砂浜沿いの平坦地が北の勇払平野部分まで広がり、オロフレ山系や石狩平野中部及び夕張山地で北側の医療圏と、樽前山地区で西側の医療圏と、日高山脈で東側の医療圏と接しています。
本医療圏の面積は約2350平方キロメートル、平成22年国勢調査での医療圏内人口は約21万6千人です。
尚、三次医療圏は他の都府県が都府県単位であるのに比べ、北海道は三次医療圏としてはエリアが広過ぎて医療行政上カバーしきれないため、地勢や各総合振興局などの実状を反映して道とは別の単位で三次医療圏が設定されています。東胆振医療圏の場合、後志総合振興局、空知総合振興局、日高振興局、石狩振興局及び二次医療圏の西胆振と一緒に三次医療圏『道央』が設定されています。

2東胆振医療圏の特徴

〈北海道随一の工業地帯を有し、一方で有名な馬産地や貴重な水産業を抱える医療圏〉
東胆振医療圏での基幹産業は苫小牧市を中心とした工業で、特に明治時代から創業を開始した製紙業の基幹的事業所をはじめとして、高度経済成長時代に国際拠点港湾として整備された苫小牧港を中心とした石油コンビナートや重化学工業、そして近年進出が盛んになった自動車産業など各分野の製造業の拠点を持っています。これにより本医療圏は、北海道ではトップクラスの工業生産高を誇っています。一方で第一次産業も盛んで、農業では水稲を中心として野菜、花き、肉用牛などの生産地となっています。またこの地区は軽種馬の産地としても日高地区についで有名で、競走馬の生産で有名な「社台グループ」系列の大規模牧場をはじめとして、数多くの競走馬生産及び育成の牧場がある有力な生産地でもあり、馬産地の見学という観光資源としての役割も担っています。また水産業では、日本一の漁獲高のホッキ貝漁や世界的にも貴重なシシャモ漁をはじめとして、カレイ、スケトウダラ、サケ定置網などの沿岸漁業が行われています。
交通の面では、JR北海道のJR室蘭本線とJR千歳線、JR石勝線の北海道の重要幹線が本医療圏内を通り、室蘭市や函館市、札幌市等と結ばれています。また本医療圏内東部にはJR日高線が、北部には苫小牧と岩見沢を結ぶJR室蘭本線が通っています。ただし重要幹線部以外のJR線は列車の本数も少なく、また山間部の公共交通機関は限られた本数のバス便のみなので、JR重要幹線部以外の医療圏内の移動は自家用車の利用が便利でしょう。
道路については、道央自動車道が医療圏内を北から中央部経由で西に貫通していて、日高自動車道の開通部分と合わせて圏内に4ヶ所のICを持ち、医療圏内はもちろん札幌市や室蘭市への足は非常に良いです。また一般国道でも国道36号線や国道234号線、国道235号線が通っていて、国道を相互に結ぶ道道と合わせて圏内の自家用車での移動は容易です。

3東胆振医療圏の医療体制の状況

〈災害が起きやすい地理的・地形的条件に見合った災害時EMISのさらなる普及が課題〉
東胆振医療圏の中核病院は王子総合病院と苫小牧市立病院が共同で担っています。これらを含めて本医療圏内には、平成25年3月31日時点で17の病院と118の診療所を有します。
本医療圏内における現状での問題は、災害医療体制の整備です。本医療圏には気象庁から指定された常時観測対象火山の樽前山が医療圏中西部に存在する、またオロフレ山系の南東側に当たる白老町や苫小牧市及び急峻な日高山脈を背景として南西側に当たるむかわ町や厚真町ではゲリラ豪雨が多発する、また本医療圏全体が太平洋岸に面して海中での大規模地震の際に津波による被害が発生する危険があるなど、自然災害での大きな被害の影響が見込まれる地域です。
一方で苫小牧市、厚真町の石油コンビナート地域、圏内での鉄道、港湾、空港などではテロ、鉄道事故、航空事故といった人為災害が発生する可能性もあります。本医療圏では災害時における医療確保を担うための地域災害拠点病院として、王子総合病院と苫小牧市立病院とが指定されており、施設が耐震構造化や防災マニュアルの整備、災害派遣医療チーム(DMAT)が配備されていて、両病院とも北海道DMAT指定医療機関と指定されています。本来災害拠点病院では、広域災害・救急医療情報システム(EMIS)による情報発信及び食料や飲料水等の備蓄、DMAT等の医療チームを受け入れる体制等が必要です。しかし病院におけるEMIS登録率は平成25年1月現在の北海道庁保健福祉部の調べによれば35.2%であり、EMISの登録率の低さが災害時の体制を十分に稼働させることができない危険があります。
このような現状を北海道及び胆振総合振興局も重要な医療行政の課題と認識していて、災害時に医療機関の状況を把握する手段であるEMIS登録率が100%となることを目標として、本医療圏内にEMISの導入を促進するとともに、導入後も適宜入力訓練を繰り返し行い災害時における円滑な運用を行えるような体制作りに努める施策を行っています。

4東胆振医療圏の医師の現状

〈医師不足の解消と、急性心疾患による死亡者を減らすための施策を実行中〉
平成22年末時点での東胆振医療圏の医師数は337人、人口10万人あたりでは156.0人で、北海道の229.0人及び全国での219.0人を大きく下回っています。特に苫小牧市以外の自治体では人口10万人あたりの医師数が100人未満であり、他の北海道内の二次医療圏と同様に医師の不足で診療科の維持が困難な病院もあり、大幅な医師確保を北海道としての緊急の行政課題としています。
また、本医療圏の現状の問題として、急性心疾患による死亡者の多さという点があります。特に本医療圏内での虚血性心疾患の標準化死亡比(SMR)は、男性で98.8(全道SMRは89.0)、女性で101.6(全道のSMRは92.0)であり、全道と比較すると男女とも大きく上回っている現状があります。急性心疾患の対策としては、「発症時の救命救急の迅速さ」と「発症予防のため、高血圧や糖尿病、脂質異常症、喫煙等の危険因子の早期発見と治療」との2つの柱が重要になっています。北海道及び胆振総合振興局としてもこの点を重要な行政課題としていて、「救命救急の迅速さ」の点では、家族への指導(迅速な救急要請とAED等の救急蘇生法等応急手当の訓練など)、消防機関と急性期医療を担う医療機関の連携(早期の専門医療機関への搬送やメディカルコントロールに基づく適切な観察・判断・処置など)、急性期医療を担う医療機関のより一層の救命設備の整備によって、現状の改善を行う行政施策を実施しています。
一方で「発症予防」の点では、高血圧、糖尿病、脂質異常症等の基礎疾患及び危険因子の管理を行うと共に、急性心疾患の初期症状出現時の対応につき患者や家族への教育を実施するなどして、急性心疾患の発生リスクを下げるべく行政施策を実施しています。
このような視点から、本医療圏では普段から患者と接して患者の状況を確認し急性期病院との医診連携の構築が可能な、地域のかかりつけ医の需要が大きなものとなっています。

北海道の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		北海道のコンサルタントに求人紹介を依頼する