北海道「上川中部医療圏」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

北海道上川中部医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
上川中部医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

北海道の二次医療圏「上川中部医療圏」の概要と特徴

1はじめに

〈上川中部医療圏とは〉
北海道の二次医療圏である上川中部医療圏は、北海道のほぼ中央に位置する上川総合振興局管内の自治体のうち、塩狩峠以南の上川盆地内及び幌加内川流域の自治体で構成されています。該当するのは、旭川市、鷹栖町、東神楽町、当麻町、比布町、愛別町、上川町、東川町、美瑛町、幌加内町の10自治体です。上川中部医療圏の面積は約4,240平方キロメートル、平成22年国勢調査での圏内人口は40万3千人強です。
尚、本来の三次医療圏は都府県単位ですが、北海道は道すべてを三次医療圏にするとエリアが広すぎるため、特別に二次医療圏『上川中部』『上川北部』『富良野』『留萌』『宗谷』の5つにより、三次医療圏『道北』と設定しています。

2上川中部医療圏の特徴

〈都市部に工業地帯もあるが、圏域内全体の基盤産業は農業〉
上川中部医療圏での基幹産業は主に農業です。上川医療圏が米やソバの栽培北限地にあたり、良質な北海道産米や国内産そば粉の産地として有名です。また圏内では穀類やきのこ、かぼちゃ、果物などの米以外の農産業や、肉牛生産などの畜産業、湧水を用いた淡水魚養殖など水産業も活発に行われています。
工業では、上川中部医療圏の中心都市である旭川市に日本製紙の拠点工業がある他、旭川市東部の工業団地に様々な業種の製造業の工場があり、地元の雇用拡大に一役買っています。
最近では旭川市内にある旭山動物園の人気が高まり、函館や小樽等の観光都市と並ぶほどの観光客が押し寄せていて、従来から圏内に存在する層雲峡や大雪山等を含めて観光業も盛んになりました。
交通の面では、札幌方面からJR北海道のJR函館本線が旭川駅まで通じ、旭川駅から比布町方面にJR宗谷本線が、当麻町、愛別町、上川町方面にJR石北本線が、美瑛町方面にJR富良野線が通じています。とはいえ列車本数も限られているので、鉄道が通ってない鷹栖町、幌加内町、東川町、東神楽町を含めて、乗用車での移動が賢明でしょう。札幌方面からは道央自動車道が通じ、旭川鷹栖IC、旭川北IC、比布北ICが圏内にあります。

3上川中部医療圏の医療体制の状況

〈救急医療拠点病院を増やし、救急時の対応時間を迅速にする行政目標〉
上川中部医療圏は広く、北見市と網走市にそれぞれ中核病院を有します。北見地区の中核病院は北見赤十字病院で、道立北見病院、美幌町立国民健康保険病院、JA 北海道厚生連常呂厚生病院及び置戸赤十字病院等の公的病院が補助的な役割を果たしています。一方で網走地区の中核病院はJA 北海道厚生連網走厚生病院で、里町国民健康保険病院及び小清水赤十字病院等の公的病院が補助的な役割を果たしています。尚、北見赤十字病院は、三次医療圏「オホーツク」の基幹病院という役割も併せ持っています。
平成25年6月1日現在の上川中部医療圏内の病院数は27、一般診療所数は109です。
上川中部医療圏の問題は、真っ先に救急医療の機能強化が挙げられます。現在では北見赤十字病院が上川中部医療圏のみならず三次医療圏オホーツク全体の救急医療の拠点をなす状況ですが、これが北見赤十字病院の負担をより重くしています。更に北見赤十字病院自体の老朽化の問題があり、救急医療施設の設備整備が不十分である点が指摘されています。また上川中部医療圏の広さという点、例えば上川中部医療圏最東部集落の斜里町ウトロから北見赤十字病院までの道路距離が130kmと、救急車による搬送に時間が掛かり過ぎるという点も問題となっています。
この点を解消するため、北海道では医療行政の指針として「北見赤十字病院の整備と救急医療の機能強化」を挙げています。具体的には「北見赤十字病院へのヘリポート設置を含む増設や改装等の救急医療体制の強化」並びに「網走厚生病院の救急医療の拠点化」を行い、救急医療の分担を行い、救急医療の一極集中を防ぐとともに、拠点病院までの搬送時間の短縮を目指しています。

4上川中部医療圏の医師の現状

〈医師の偏在化が激しく、旭川市以外の自治体の医療をいかに確保するか〉
平成22年末時点での上川中部医療圏の医師数は1,310人、人口10万人あたりでは324.9人で、北海道全体での229.0人、全国平均の219.0人を大きく上回っています。ただし、前項でも述べた「各傷病や救急における他の三次医療圏からの患者受け入れ」の問題や、「旭川市の医師数が上川中部医療圏の医師数の約98%を占める」という圏内医師の偏在の問題もあります。特に医療圏内の旭川市以外の自治体の医師数はどこも10人未満、比布町と愛別町に至っては、平成12年以降は医師数が1人のままであり、このような地域での医療そのものの確保が、上川中部医療圏を管轄する北海道上川総合振興局内の医療行政での重要な施行事項なっています。

北海道の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		北海道のコンサルタントに求人紹介を依頼する