北海道「北渡島檜山医療圏」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

北海道北渡島檜山医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
北渡島檜山医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

北海道の二次医療圏「北渡島檜山医療圏」の概要と特徴

1はじめに

〈北渡島檜山医療圏とはどのような地域か〉
北海道の二次医療圏である北渡島檜山医療圏は、北海道の旧渡島支庁と旧檜山支庁、現在の渡島総合振興局と檜山振興局管内の自治体のうち、渡島半島北部の自治体で構成されています。該当するのは、八雲町、長万部町、せたな町、今金町の4自治体で、総面積は2,500平方キロメートル弱、平成22年国勢調査での圏内人口はおよそ41万人です。
尚、通常の三次医療圏は都府県単位ですが、北海道の場合はエリアが広すぎるため特別に、二次医療圏『北渡島檜山』『南渡島』『南檜山』の3つで三次医療圏『道南』としています。

2北渡島檜山医療圏の特徴

〈圏内に公共交通の脆弱性がある地域を含む〉
北檜山医療圏は、北海道の渡島半島のつけ根部分を東の内浦湾側から西の日本海側まで網羅している地域です。ただし圏内を通る道央自動車道、国道5号線、JR函館本線ともすべて東の内浦湾側に敷設されていて、圏内の交通の利便性に偏りがあります。日本海側には国道229号、更に圏内を東西方向に横断する国道230号や277号が走っているものの、公共交通機関である路線バスの便数が少なく、圏内でも日本海側間の移動や圏内東西間の移動は自家用車利用の割合が著しく高くなっています。 圏内の主な産業は、農業と漁業の第一次産業と温泉観光を中心とした第三次産業です。

3北渡島檜山医療圏の医療体制の状況

〈二次/三次医療圏外の医療施設の使用も多い医療圏〉
北渡島檜山医療圏の中核病院は八雲総合病院で、平成22年10月1日現在で圏内に病院数7、一般診療所数18を抱えています。 北渡島檜山医療圏も地域内の人口の偏差や交通の便の偏差が大きく、自治体毎に受療動向が大きく違います。平成18年5月の調査によれば、通院に関してはどの自治体も「在住自治体以外の医療機関に通院する割合が最大」となっていますが、入院の場合は長万部町以内の3自治体で「北渡島檜山医療圏外の函館市の医療機関を使用する」割合が各20数%ずつ存在し、長万部町では「北渡島檜山圏外の都市である札幌市、函館市、室蘭市の医療機関を利用する」割合が各都市とも10%程度ずつ存在します。 可能であれば二次医療圏内で、少なくとも三次医療圏である道南地区内で医療が完結するような体制の構築を検討する必要があります。

4北渡島檜山医療圏の医師の現状

〈医師数は極端に不足し、へき地用の医療が必要〉
平成22年末時点での南檜山医療圏の人口10万人あたりの医師数は126.7人と、北海道全体での229.0人や全国平均の219.0人のおよそ半分と医師不足が顕著です。ただし北海道全体として人口が10万人未満の二次医療圏だけを抽出すると、人口10万人あたりの平均医師数は128.9人となり、その点では「人口10万人未満の医療圏全体での平均的な医師数」とも言えます。
公共交通機関や人口分布が医療圏内で偏った環境であり、現状では人口減によるへき地医療の視点での医療行政の検討を行い、病院と一般診療所間の相互での連携や「二次医療圏の組み替え方」まで踏まえた三次医療圏「道南」の中での医療のあり方を模索するという、北海道庁の医療行政取り組み案が検討されています。

北海道の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		北海道のコンサルタントに求人紹介を依頼する