北海道「釧路医療圏」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

北海道釧路医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
釧路医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

北海道の二次医療圏「釧路医療圏」の概要と特徴

1はじめに

〈釧路医療圏とは〉
北海道の二次医療圏である釧路医療圏は、北海道の東部に位置する釧路総合振興局管内の自治体で構成されています。該当するのは、釧路市、釧路町、厚岸町、浜中町、標茶町、弟子屈町、鶴居村、白糠町の8自治体です。釧路医療圏は釧路総合振興局と同一のエリアで、南側が太平洋に面し、北側が山地です。
釧路医療圏の面積は約6千平方キロメートル、平成22年国勢調査での圏内人口は24万7千人余りです。
尚、北海道の三次医療圏は他の都府県が都府県単位であるのに比べ、北海道自体が三次医療圏として広過ぎるため、地勢や振興局の規模などから三次医療圏が別途設定されています。釧路医療圏の場合、二次医療圏の釧路と根室とで三次医療圏『釧路・根室』が設定されています。

2釧路医療圏の特徴

〈北海道では第一次、第二次、第三次の各産業がバランスよく整った医療圏〉
釧路医療圏での基幹産業は農業や水産業、観光業ですが、釧路市では鉱工業も盛んに行われています。農業では酪農畜産業が盛んで、特に生乳については関東方面の主要な供給元にもなっているほどです。また農作物はジャガイモ、砂糖の原料となる甜菜、ソバなどが中心農産物として畑作されています。水産業では北海道特有のスケソウダラや毛ガニに加え、サンマやシシャモなどの太平洋岸特有の海産物の水揚げ地として有名で、更に牡蠣、ウニ、昆布などの養殖漁業にも力を入れています。
鉱工業では、釧路市内に日本唯一の「坑内掘りの炭鉱」を持ち、石炭生産を行う他に炭鉱経営技術の海外への指導研修を行う拠点となっています。他にも国内の2つの大製紙会社の基幹工場を抱え、また農作物や水産物の食品加工工場を多数有していて、現在は気候や地域が現在持っている技術を踏まえた新しい産業への取り組みも始まっています。観光業では、医療圏内に「阿寒」「釧路湿原」の2つの国立公園を抱え、更に温泉地や冬季のタンチョウの越冬地など観光資源は豊富で医療圏内の大きな産業の柱となっています。
交通の面では、JR北海道のJR根室本線が、釧路医療圏の中心地の釧路市と札幌などの道央地区や十勝地区、根室地区とを結び、JR釧網本線が釧路市と網走市を結んでいます。しかし道央地区からはまだまだ移動に時間が掛かる上に、列車の便の本数も限られていることで、医療圏内の移動については自家用車の利用が必要となります。

3釧路医療圏の医療体制の状況

〈医療機関が釧路市に集中することで自治体毎の医療自給率に大きな偏りあり〉
釧路医療圏の中核病院は市立釧路総合病院で、その他町立厚岸病院、釧路赤十字病院などの公立病院や公的病院、釧路孝仁会記念病院などの民間の病院があります。これらを含めて釧路医療圏内には、平成22年4月1日時点で23の病院との109の診療所を有します。
釧路医療圏内における現状での問題は、各自治体別の医療自給率に偏りがあることでしょう。平成22年4月~12月診療分の電子レセプトによる外来自給率を例に取れば、96%以上を自給している釧路市以外では、約70%を自給している弟子屈町、60%弱を自給している厚岸町以外はすべての外来自給率が50%未満で、外来の自給率以上に釧路市内への外来率が高くなっている自治体も4つあります。医療圏内は鉄道・バス等の公共交通機関の便数も限られ、外来患者にとっては通院に掛かる移動距離、待ち時間などの負担が重くのしかかります。
この状況の解消のため、北海道は各医療機関の持つ役割分担を明確化するとともに、医療機関相互の連絡や情報交換を密にして、患者にとって必要な医療提供体制を確保することで、患者への「通院のための必要以上の通院時間や距離の負担」を負わせない仕組みを行政方針として構築するべく稼働中です。今後は各自治体内の医療機関でも、中核病院等からのバックアップを受けた医師からの受診が可能になり、患者にとっても通院が楽で、医師側も働きやすい環境になりつつあります。

4釧路医療圏の医師の現状

〈医師不足の問題と、男性のがんでの死亡割合の多さの問題の解消のための行政施策実施〉
平成22年末時点での釧路医療圏の医師数は403人、人口10万人あたりでは162.9人で、北海道の229.0人及び全国での219.0人を大きく下回っています。医師不足で病院によっては診療科の維持が困難なケースもあり、医師確保を行政の緊急課題として北海道が対応しています。
また、釧路医療圏の特徴として、「男性のがんにおける死亡割合」が、北海道全道での割合に対して極端に高いことが挙げられます。「女性のがんにおける死亡割合」が全道割合より低い点から考えても極端な高さです。がんの発症リスクは高齢化や食習慣など多岐に渡り、釧路医療圏内の「男性のがんにおける死亡割合」のみが高い原因までは特定されていませんが、予防や早期発見・治療により死亡割合を減らすことは可能です。釧路医療圏では「釧路圏域地域保健・職域保健連携推進連絡会」を活用して、がん検診の受診率を上げる普及啓発活動を行うとともに、医療圏内の市立釧路病院と労働者健康福祉機構釧路労災病院とを平成25年に「地域がん診療連携拠点病院」に指定し、医療圏内の病院や一般診療所、更には北海道がんセンターと提携を行い、がんの発見や治療の段階に応じた医療を提供していくような行政方針を遂行すべく、体制を構築しつつあります。そのためにもがんの早期発見や回復時の在宅療養に地域住民に密着した医師の需要があります。

北海道の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		北海道のコンサルタントに求人紹介を依頼する