北海道「南檜山医療圏」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

北海道南檜山医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
南檜山医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

北海道の二次医療圏「南檜山医療圏」の概要と特徴

1はじめに

〈南檜山医療圏とはどのような地域か〉
北海道の二次医療圏である南檜山医療圏は、北海道の旧檜山支庁、現在の檜山総合振興局管内の自治体のうち、渡島半島南部の自治体で構成されています。該当するのは、江差町、乙部町、厚沢辺町、上ノ国町の渡島半島西側4町と、離島の奥尻島にある奥尻町の5つの自治体で、総面積は1400平方キロメートル強、平成22年度国勢調査での圏内人口はおよそ2万6千人です。
尚、通常の三次医療圏は都府県単位ですが、北海道の場合はエリアが広すぎるため特別に、二次医療圏『南檜山』『北渡島檜山』『南渡島』の3つで三次医療圏『道南』を定めています。

2南檜山医療圏の特徴

〈利用者減少による鉄道の廃止により交通機関がバスのみのため自家用車が必要〉
南檜山地区は、比較的早い時期から本州との人の往来が盛んに行われていて、江戸時代末期に函館が開港して北海道南部の中心都市になるまでは、渡島郡松前町と並んで最初に歴史の表舞台に立ち、開拓が行われた地域でした。また昭和30年代頃まではニシン漁で賑わった地区でした。
しかし現在は道内の主要交通路から外れた地区のため人口の流出が続き、2104年に道南の中心都市・函館から直通するJR江差線の木古内駅-江差駅間が廃止され、現在は函館市から厚沢辺町経由の江差町、江差町と乙部町、江差町と上ノ国町、木古内町から上ノ国町経由の江差町を結ぶ函館バスの路線が主な公共交通機関になっています。各路線とも便数に限りが有り、南檜山医療圏内の移動は自家用車利用の割合が主となっています。
尚、離島の奥尻町に向けては、通年で江差町から、夏季限定で南檜山医療圏外のせたな町からのフェリー便があります。 圏内の基幹産業は農林業及び漁業の第一次産業が主で、近年は少しずつ観光業にも力を入れ始めました。

3南檜山医療圏の医療体制の状況

〈人口の減少により公共交通が不便になり、隣接医療圏を利用する患者の割合が増加〉
南檜山医療圏の中核病院は道立江差病院で、平成22年10月1日現在で圏内に病院数5、一般診療所数16を抱えています。
一般診療所数の少なさや病院の場所の偏りがあることで、平成18年5月の受療動向の調査では、檜山医療圏の中心である江差町と離島の奥尻町では住民が在住自治体の医療機関に通院する割合が60%以上ですが、他の3町は江差町や東檜山医療圏外の函館市の医療機関に通院する割合が、在住自治体に通院する割合と大差ない状態になっています。更に入院では、すべての自治体で「南檜山医療圏外の函館市の医療機関に入院する割合が、全入院対象者の34%~39%の範囲内で存在する。」結果が出ています。
このことから、この先南檜山医療圏内で医療が完結する体制を構築する必要があります。

4南檜山医療圏の医師の現状

〈医師数の不足解消とへき地や離島用の医療行政の実行を〉
平成22年末時点での南檜山医療圏の人口10万人あたりの医師数は129.4人と、北海道全体での229.0人や全国平均の219.0人の約半分という少なさです。ただし北海道全体として人口が10万人未満の二次医療圏だけを抽出すると、人口10万人あたりの平均医師数は128.9人となり、その点では「人口10万人未満の医療圏での平均的な医師数」とも言えます。
公共交通機関が医療圏全体でバスとフェリーのみという特殊な環境であり、人口減によるへき地医療や離島医療の視点での医療行政の検討を行い、現在病院と一般診療所間の相互連携や二次医療圏だけでなく三次医療圏「道南」の中での二次医療圏内の医療のあり方を模索する、北海道庁の取り組み案が検討されている最中です。

北海道の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		北海道のコンサルタントに求人紹介を依頼する