北海道「南渡島医療圏」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

北海道南渡島医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
南渡島医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

北海道の二次医療圏「南渡島医療圏」の概要と特徴

1はじめに

〈南渡島医療圏とは〉
北海道の二次医療圏である南渡島医療圏は、北海道の旧渡島支庁、現在の渡島総合振興局管内の自治体のうち、渡島半島南部の自治体で構成されています。該当するのは、函館市、北斗市、松前町、福島町、知内町、木古内町、七飯町、鹿部町、森町の9自治体です。かつては函館市の周囲に小さな町村が多数存在していましたが、何度もの市町村合併や編入を繰り返して、現在の9自治体で構成されています。南渡島医療圏の面積は2,700平方キロメートル弱、平成22年国勢調査での圏内人口は40万人強です。
尚、通常の三次医療圏は都府県単位ですが、北海道の場合はエリアが広すぎるため特別に、二次医療圏『南渡島』『南檜山』『北渡島檜山』の3つで三次医療圏『道南』としています。

2南渡島医療圏の特徴

〈函館市及び周辺自治体への人口一極集中〉
平成22年時点で40万人強の人口を抱える南渡島医療圏の中で、28万人弱の人口が函館市に集中しています。更に函館市に隣接する北斗市、七飯町の人口を加えると35万人を超え、南渡島医療圏全体人口の88%以上が函館市とその周辺地域に集中しています。
このため自治体により人口の差が大きく、南渡島医療圏の中には工業や観光等を基幹産業とした中核都市と農業、漁業を基幹産業とした地域の2つの面を持った自治体が存在しています。
交通の面では、JR函館本線が函館市から七飯町、鹿部町、森町を通り、JR江差線(通称:津軽海峡線)が函館市から北斗市、木古内町を通っている。また函館市内には函館市営交通の路面電車が走っていて、函館市内及び函館市と七飯町、函館市と木古内町の間は移動手段としての鉄道の便には恵まれています。
また、数年後に北海道新幹線が開通し、首都圏と函館市、北斗市地区はダイレクトに結ばれるようになります。しかしそれ以外の地区では、JR函館本線が町内を通る鹿部町、森町とも、列車本数の面から必ずしも交通の便に恵まれているとは言い切れません。また知内町、福島町、松前町は鉄道が廃止されて以後代替バスによる路線が確保されてはいますが、バスの便数の面を考慮するとどうしても自家用車での移動が必須となります。また、森町までは札幌からの道央自動車道が通じていますが、室蘭、苫小牧経由と迂回しているため札幌から森町まで262キロメートルの距離があります。

3南渡島医療圏の医療体制の状況

〈圏内の医療自給律は高いが自治体毎の格差が大きい〉
南渡島医療圏の中核病院は市立函館病院で、同時に三次医療圏の平成22年10月1日現在で圏内に病院数38、一般診療所数315を抱えています。更に平成22年4月~12月期間の受療動向の統計によれば、南渡島圏内の通院自給率、入院自給率とも100%に近い値となっていて、南渡島県内でほぼ医療が完結しているという結果が出ています。
ただし圏内の自治体毎の状況では、通院自給率を例に取ると「100%近くが在住自治体の医療機関に通院する」のは函館市のみ。逆に「在住自治体以外の医療機関に通院する割合が最大」というのが2自治体、「在住自治体の医療機関に通院する割合が最大だが函館市の医療機関に通院する割合とは僅差」というのが3自治体あります。
入院自給率では更に顕著にこの傾向が表れていて、医療については函館市への一極集中という結果が見られます。

4南渡島医療圏の医師の現状

〈医師数は足りているものの圏内での地域格差が激しい〉
平成22年末時点での南渡島医療圏の人口10万人あたりの医師数は225.6人であり、北海道全体での229.0人は下回っているものの、全国平均の219.0人よりは多いです。ただしこれは、医療圏内に函館という北海道の中核都市を抱えているという原因があり、函館市街地以外では、隣接地医療圏の数値から10万人あたりの医師数はおよそ150人程度になるのではないかと想像できます。
今後、域内医師数の地域格差を低減すること、そしてそのためには北海道新幹線開通のような人の流れが変わる新規国家的事業に合わせて、医療行政の抜本的な改革を行って圏内の医療サービスの均一を図れるような試案が、北海道庁において検討されています。

北海道の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		北海道のコンサルタントに求人紹介を依頼する