北海道「中空知医療圏」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

北海道中空知医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
中空知医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

北海道の二次医療圏「中空知医療圏」の概要と特徴

1はじめに

〈中空知医療圏とは〉
北海道の二次医療圏である中空知医療圏は、北海道の中央部に位置する空知総合振興局管内の中部の、芦別市、赤平市、滝川市、砂川市、歌志内市、奈井江町、上砂川町、浦臼町、新十津川町、雨竜町の10自治体で構成されています。本医療圏は中央部が石狩川中流域で、北部が長留内岳、東部が常磐山、南部は音江連峰、西部は増毛山地に囲まれている、石狩平野の北部に存在します。
  本医療圏の面積は約2100平方キロメートル、平成25年3月31日現在住民基本台帳での圏内人口は約11万5千人です。
尚、三次医療圏は他の都府県では都府県単位ですが、北海道は北海道自体が三次医療圏としてエリアが広過ぎることから、地勢及び各振興局等の状況から新たに三次医療圏が設定されています。中空知医療圏の場合は胆振総合振興局、後志総合振興局、石狩振興局、日高振興局と、二次医療圏の南空知、北空知にて三次医療圏『道央』として設定されています。

2中空知医療圏の特徴

〈北海道でも有数の農業生産地であり、函館本線沿線以外では自家用車の利用が便利〉
中空知医療圏は石狩川が医療圏内中心部を北から南に流れていて、基幹産業は石狩川やその支流の河川を利用した農業で、中でも医療圏の西部と中部が石狩平野の中心地として北海道の水稲栽培の一大産地となっています。最近では水田からの転用農作物として、大豆、小麦、そば、野菜や花き栽培が行われ、特に大豆は北海道トップの作付面積となっています。一方で本医療圏東部はかつて石炭産業の中心地として栄えた地域ですが、昭和30年代以降のエネルギー事情の激変により、医療圏内の炭鉱のほとんどが閉山し地域が寂れた時期もありました。しかし現在では観光をはじめとする地域の特産を活かした新たな街づくりが進行中です。
交通の面では、JR北海道のJR函館が中空知医療圏の中央部を貫通し、旭川市や札幌市と頻繁に結ばれています。またJR根室本線が滝川市から赤平市、芦別市を通っていて、JR学園都市線が新十津川町、浦臼町を通っていますが、この2線は列車本数が限られている点を考えると医療圏内の移動は自家用車を利用する必要があります。
道路については、道央自動車道が医療圏内を南北に貫通して圏内に2ヶ所のICを持ち、札幌市、旭川市方面への足は非常に良いです。また一般国道でも国道12号線を基幹として、国道38号線や国道275号線、国道481号線をはじめ各道道が医療圏内各方向に通っていて、医療圏内の移動は容易です。
年齢別人口比は平成22年国勢調査では、年少人口が10.6%、生産年齢人口が56.4%、老年人口が33.0%で、北海道全体と比較すると老年人口の割合が8ポイント以上高く、その分生産年齢人口と年少人口とが低い割合となっています。

3中空知医療圏の医療体制の状況

〈周産期医療の体制が脆弱であり、医療圏内で安心して出産できる環境を目指した施策中〉
中空知医療圏の中核病院は砂川市立病院が担っていて、機能の一部を滝川市民病院が分担しています。これらを含めて中空知医療圏内には、平成25年7月1日時点で17の病院と65の診療所を有します。
本医療圏の医療体制の問題点は、周産期医療体制の脆弱さです。本医療圏内にて産科を標榜している医療機関は6ヶ所ありますが、その中で常時分娩を取り扱っている医療機関は地域周産期センターに指定されている砂川市立病院を含め2箇所で、他は休診中や分娩取扱いの中止中、砂川市民病院からの医師派遣により曜日限定での対応を行っています。そのため実質的に医療圏内での分娩はその2ヶ所の産科医療機関で81%を占めるなど、現状では今後本医療圏内での産科の維持が難しくなりつつある状況にあります。
北海道ではこのような状況の改善のために医療行政の施策として、地域周産期センターに指定されている砂川市立病院のNICU(新生児集中治療管理室)などの高度な医療を提供する機能をさらに整備して医療提供を行うとともに、現在分娩を取り扱う2ヶ所の産科が疲弊する前に分娩休止中の滝川市立病院を「今後の分娩再開を目指す地域周産期センター」に指定して分娩の再開に向けた行政施策を継続して行い、本医療圏内の周産期医療の整備を行う計画です。

4中空知医療圏の医師の現状

〈医師不足の面と、脳血管疾患での死亡患者が多い点への対応が行政の課題〉
平成22年末時点での中空知医療圏の医師数は250人、人口10万人あたりでは209.4人で、北海道の229.0人及び全国での219.0人を多少下回っています。他の道内の二次医療圏よりはまだ多い医師数ですが、現状で医師不足で診療科の維持が困難な病院もあることから、医療圏内での医師の確保を道が行政の緊急課題と考えています。
本医療圏の現状の問題として、脳血管疾患死亡率の高さがあります。本医療圏の人口10万人対の脳血管疾患死亡率は、平成8年時点の統計以降約140~150%の高い値を推移していて、北海道全体との比較でも1.5倍近い値であり中空知地区での脳血管疾患での高い死亡率が見て取れます。
ただし、脳血管疾患で重要となる救急搬送時間は本医療圏では全道と比較して所要時間合計で短いので、本医療圏内で何らか特有の脳血管疾患への罹患の高さの要因が存在するものと考えられます。北海道及び空知総合振興局でもこの点を行政施策の重要な点と考えていて、脳血管疾患の発症予防のための特定健康診査の受診率を上げること、及び発症後の急性期医療が終了した後は、回復期医療機関にて集中的リハビリテ-ションを実施が日常生活動作の向上及び維持に必要で、本医療圏内の方々に医療の機能分化について急性期医療機関から回復期医療機関への転院等に際しての充分な理解を得られるような啓発活動を行う等の施策を計画しています。このため特に本医療圏では、脳血管疾患の発症予防を担うかかりつけ医、回復期医療や維持期医療を担う地域密着医に今後高い需要があります。

北海道の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		北海道のコンサルタントに求人紹介を依頼する