北海道「西胆振医療圏」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

北海道西胆振医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
西胆振医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

北海道の二次医療圏「西胆振医療圏」の概要と特徴

1はじめに

〈西胆振医療圏とは〉
北海道の二次医療圏である西胆振医療圏は、北海道の中南部に位置する胆振総合振興局管内のうち、登別市、伊達市、壮瞥町以西のエリアで構成されています。該当するのは、室蘭市、登別市、伊達市、豊浦町、洞爺湖町、壮瞥町の6自治体です。西胆振医療圏は南側の太平洋に面し、南部の変化に富んだ海岸沿いの平坦地から北の内陸部へ向かって丘陵地、山岳へと続き、ほぼ中央に洞爺湖、有珠山があり、東側は北からホロホロ山、オロフレ山、カルデラ湖である倶多楽湖が南に向かってに並んでいます。
西胆振医療圏の面積は約1,400平方キロメートル、平成22年国勢調査での圏内人口は約20万人です。
尚、三次医療圏は他の都府県が都府県単位であるのに比べ、北海道は北海道自体が三次医療圏としてエリアが広過ぎ医療行政上支障をきたすため、地勢や各振興局などから三次医療圏が別に設定されています。西胆振医療圏の場合、空知総合振興局、後志総合振興局、石狩総合振興局、日高振興局と二次医療圏の東胆振と一緒に三次医療圏『道央』が設定されています。

2西胆振医療圏の特徴

〈北海道では際立って工業が盛んでも、第一次、第三次の各産業もよく整った医療圏〉
西胆振医療圏での基幹産業は工業ですが、農業、水産業、観光業もバランスよく整っています。
農業では、北海道の中でも温暖とされる気候を味方にして、露地野菜、高級菜豆、稲作、果実や果樹、施設園芸作物などの多種多様な農産物生産が行われていて、また室蘭市、登別市、伊達市、豊浦町では、酪農及び畜産業が盛んとなっています。水産業では、スケトウダラ、ホタテ貝、ホッキ貝、鮭などの漁業や、ホタテ貝養殖業が盛んです。一方で工業は、明治時代以降に医療圏内の室蘭市が北海道の炭鉱から採掘される石炭を燃料にした製鋼業の日本の拠点のひとつとなり、製鋼の割合が減少した現在でも自動車部品や製油、造船等の製造業の拠点となり北海道工業地帯の一翼を担っている、北海道内でも有数の工業地帯です。観光業では世界でも有名な登別温泉、洞爺湖温泉など温泉地や洞爺湖、有珠山等の観光資源を医療圏内に持ち、魅力ある観光地になっています。このように胆振西医療圏では、工業が特に盛でありながら他の産業も十分に大きな規模を持っています。
交通の面では、JR北海道のJR室蘭本線が、西胆振医療圏の沿岸部を通り、苫小牧市や函館市、大都市の札幌市等と結ばれています。ただし内陸部の公共交通機関はバスのみなので、便数のことを考えると医療圏内の移動については自家用車の利用が無難でしょう。
道路については、道央自動車道が医療圏内を東西に貫通していて、圏内に6ヶ所のICを持ち、医療圏内はもちろん札幌市、苫小牧市方面への足は非常に良いです。また一般国道でも海岸線沿いに国道36・37号線が通り、内陸部に向けては伊達市から国道453号線が、洞爺湖町から国道230号線が通っていて、圏内の移動は容易です。

3西胆振医療圏の医療体制の状況

〈老年人口増による在宅医療サービスに対し、民間の活用や多職種協働が重要施策〉
西胆振医療圏の中核病院は日鋼記念病院ですが、疾病や事業によっては一部の役割を市立室蘭総合病院、社会医療法人製鉄記念室蘭病院、総合病院伊達赤十字病院が担っています。これらを含めて西胆振医療圏内には、平成22年4月1日時点で21の病院と109の診療所を有します。
西胆振医療圏内における現状での問題は、老年人口の増加による在宅医療サービスの提供という点です。平成20年の厚生労働省の医療施設調査にて北海道全体での在宅医療サービスの提供状況を見ると、医療保険等による在宅医療サービス行う医療機関の施設数は、人口10万人当たりで病院7.2、診療所19.0ですが、全国平均では病院4.3、診療所30.0であり、病院では全国平均を大きく上回るものの診療所では全国平均の約6割しか無いという状況が生じています。更に西胆振医療圏での施設数は、病院7.0、診療所15.0で、診療所において北海道の値よりも更に少ないという状況があります。
また平成23年の厚生労働省の医療施設調査によると、西胆振医療圏内の医療機関の中で35.7%が在宅医療サービスを実施していますが、この割合は全国平均の40.7%はもとより北海道の36.4%をも下回っています。更に終末期も含め24時間体制で患者の急変等に対応できる在宅療養支援診療所は、平成24年4月現在で北海道に31が届出ていて、年々増加の傾向にありますが、一方で西胆振医療圏では平成25年2月現在の在宅療養支援診療所は室蘭市内の1のみとなっていて、明らかに不足している現状です。
北海道としてもこの点を問題として在宅療養支援診療所の今後の整備を行っていく方針ですが、現状では西胆振医療圏内に在宅医療に関わる多くの団体等が活動していて、各団体にて人材育成、情報共有、他の団体との連携が活発に行われている実態があります。現時点では引き続きこの取り組みの継続が必要であり、行政としても在宅医療に関わる団体への支援や、医師、薬剤師、看護師、介護支援専門員、市町村職員など多職種協働による在宅チーム医療の連携体制を構築することを目標に施策を行っています。

4西胆振医療圏の医師の現状

〈医師不足の問題と、無医地区への医療サービスの持続的かつ効率的な運用の実施〉
平成22年末時点での西胆振医療圏の医師数は419人、人口10万人あたりでは209.3人で、北海道の229.0人及び全国での219.0人を下回っています。他の北海道内の二次医療圏よりはまだ医師数が多くはありますが、医師の不足で診療科の維持が困難な病院もあり、医師の確保を北海道が行政の緊急課題としています。
また、西胆振医療圏の現状の問題として、無医地区及び無医地区に準じる地区が4つの自治体で合計13地区存在しています。現在の伊達市は平成の大合併で沿岸部と内陸部の飛び地になっていますが、この13地区はすべてこの伊達市の内陸部を含めて医療圏内北部の山間部にあり、太平洋沿岸地区と比較して交通の便に難があるため住民の通院の足も十分に確保できない状況にあります。
北海道でもへき地医療対策は医療行政の重要課題で、伊達市の沿岸部地域にある総合病院伊達赤十字病院をへき地医療拠点病院と定め、病院や診療所と関係機関の相互連携によりへき地住民の保健衛生状態を把握した上で計画的に地区の実情に合った保健指導を実施すること、総合内科医養成研修センター運営事業の推進、自治医大卒業医師の派遣、北海道地域医療振興財団のドクターバンク事業等の各施策により、常勤医や代診医の確保を図るなどの方策を行っています。内での医療機能の明確化と分担を促進するため、医療・消防等の関係機関との連携を推進することでの対応を行っています。

北海道の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		北海道のコンサルタントに求人紹介を依頼する