北海道「留萌医療圏」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

北海道留萌医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
留萌医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

北海道の二次医療圏「留萌医療圏」の概要と特徴

1はじめに

〈留萌医療圏とは〉
北海道の二次医療圏である留萌医療圏は、北海道の旧留萌支庁、現在の留萌総合振興局管内の自治体で構成されています。該当するのは、留萌市、増毛町、小平町、苫前町、羽幌町、初山別村、遠別町、天塩町の8自治体で、羽幌町には離島の天売島と焼尻島を含みます。留萌医療圏内の全自治体が日本海に面していて、南北方向に約180キロメートルの海岸線を有しています。
留萌医療圏の面積は3,500平方キロメートル弱、平成22年国勢調査での圏内人口は5万3千人余りと、過去の産業の衰退により過疎化が進んでいる地域です。
尚、通常の三次医療圏は都府県単位ですが、北海道の場合はエリアが広すぎるため特別に、二次医療圏『留萌』『宗谷』『上川中部』『上川北部』『富良野』の5つで三次医療圏『道北』としています。

2留萌医療圏の特徴

〈第一次産業中心の地域で、鉄道廃止も道内交通事情の変化で自動車での利便性向上〉
留萌医療圏では、元々農業、漁業、林業、鉱業が基幹産業でしたが、鉱業は既に閉山して漁業も昭和30年代迄のようなニシンの一大漁場ではなくなっています。現在の留萌医療圏内では農業が南部では米、果物を中心とした、中・北部では野菜や酪農を中心とした農業が行われていて医療圏内の主要産業となっています。また、漁業においてもエビ、タラなどの漁獲やほたて貝、鮭などの養殖や放流を中心とした産業となっています。
交通の面では、JR留萌本線が留萌市と増毛町に通っていてある程度の需要をこなしていますが、一方でこの2自治体以外は旧・国鉄羽幌線の廃止以降鉄道はありません。沿岸バスが旧・羽幌線の跡を鉄道の代替として走り、旧・国鉄時代よりもこまめな運行サービスを行っています。更に沿岸バスは圏内から札幌市内への高速乗合バス便があり、旧・国鉄羽幌線経由時代よりも圏内から札幌市内へのアクセスを短くしています。これは北海道内の高速道路の整備による影響が大きく、留萌医療圏内から国道232号線、233号線、239号線を使用して道央自動車道へのアクセスが可能になり、札幌などの大都市圏までの自動車利用での所要時間が短縮されたことの波及効果です。
天売島、焼尻島には羽幌港からの羽幌沿海フェリーの船便が毎日冬季1便、春秋2便、夏には時期により4~6便運行されていて、夏季の離島観光地という体裁を成しています。

3留萌医療圏の医療体制の状況

〈二次医療圏/三次医療圏内で完結する医療体制を目指して〉
留萌医療圏内は南北方向に長い地形のため、中核病院も北部の北海道立羽幌病院と南部の留萌市立総合病院がその役割を担っています。平成22年10月1日現在の圏内の病院数は7、診療所数は39です。ただし、病院の多くはエリア内の都市圏に集中していることで、留萌医療圏内の入院自給率は71.5%と道内医療圏の中でも低くなっています。特に前項で述べた札幌市へのアクセスの良さが、地域的に離れている札幌医療圏への入院患者の流出を招いているとも言えます。

4留萌医療圏の医師の現状

〈過疎地域で医師不足がゆえに、医療資源の適切な利用を住民に啓蒙する行政方針〉
平成22年末時点での留萌医療圏の人口10万人あたりの医師数は137.5人であり、北海道全体での229.0人、全国平均の219.0人を大きく下回っています。このため留萌医療圏での医師数の増加を目指すのと同時に、現在ある医療資源を有効活用しながら、専門性が必要な医療に関してはそれを有する他の圏域との連携を行った上で、留萌医療圏内に必要な医療を提供し続けることが必要になります。一方で留萌医療圏内の住民に対しても、圏内各医療機関が果たしている機能や役割の理解を求め、医療資源を適切に利用してもらうような医療行政の方針が定められています。
このように医療相互の連携、住民の医療資源の適切な利用の方針が医療計画に定められ、行政として実行されつつあるので、この方針が実行されることで今後過疎地域医療のモデルケースとなる可能性もあります。

北海道の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		北海道のコンサルタントに求人紹介を依頼する