サイト内の現在位置
求人探しから転職ノウハウまで「北信越エリア」の医師求人特集 医師転職ドットコムの強み

北信越エリアの医師転職市場

近畿エリアの医師転職市場

新潟県は、内科系については一般内科・総合内科としての勤務を求める医療機関が多数あります。専門科目のみでの勤務は難しいですが、内科全般の診療に加えて専門外来などについては柔軟に対応が可能となっております。
外科系については、一般外科、消化器科としての求人は、若手の医師の募集が多数あります。手術を行っている規模の医療機関では、大学医局との連携も比較的強く、医局への所属が必要となるケースも見受けられます。

富山県は、急性期医療を担う公的病院において、厳しい勤務環境となりがちな小児科、産婦人科、麻酔科などの科目で医師が不足しています。

また、北陸地方の他の自治体と同じように大学医局の影響力が強いエリアなので、(特に公的病院などの)急性期病院では紹介会社を利用しての採用があまり浸透していない印象です。

石川県の医師転職市場として、圧倒的に多いのは内科系の求人です。
なかでも消化器系のニーズが比較的高く、消化器内科の先生であれば、ある程度の選択肢の中から希望に応じて選べる状況になってきています。
といっても、全国的に見ても大学医局の影響がまだまだ大きなエリアであることは間違いありません。

福井県は、福井医科大学は当然県内各地の医療機関へ医師を派遣しています。しかし、その福井医科大学の医師も、滋賀県など近隣の他府県へ異動している科目もあり、福井県内での医師総数としては充実しているわけではありません。
周辺の大学である、京都大学、金沢大学、金沢医科大学などの派遣で構成されている医療機関も複数あるという特徴があります。
そのため、大学人事で数年勤務をされてきた先生は、県内ではなかなか転職が難しい場合もありますが、なかには大学とは協力関係にはあるものの、派遣構成までには至らずという民間の医療機関もあります。

長野県の内科系は、消化器系を専門とする求人が比較的多い傾向にはありますが、専門分野に加えて内科全般の診療を行う一般内科・総合内科としての勤務を求める医療機関が多いです。外科系は整形外科での求人がもっとも多く、一般外科・その他専門外科系については内科系と比較すると少ない傾向です。ただし、病床数が少なくても積極的に手術を行っている地域もあり、医局にとらわれない採用も行っています。

北信越医療行政の特徴

医療行政の特徴

平成20年調査時、新潟県の人口10万人に対する医師数は187.5人で全国平均を37人下回り、47都道府県中41位と、県全体で医師数が不足しています。新潟大では、僻地や不足診療科への従事を条件にした修学資金貸与や、順天堂大学に新潟県枠(前述と同様の条件有)の確保など、医学生の養成、地域医療に従事する医師の確保を図っております。

富山県では自治医大における医師の養成や、富山大、金沢大での医学部入試の地域枠創設に加えて、①医学生向けの修学資金貸与制度の充実、②医学生県内定着の推進、③初期臨床研修医の確保、④後期研修医の確保と県内定着、⑤女性医師のキャリア維持・向上支援などをおこない、医師確保対策に取り組んでいます。

石川県では病院勤務医の勤務環境を改善する取り組みとして、事務作業を補助する専従者(いわゆるドクターズクラーク)の配置や養成事業を実施し、医師の業務負担軽減に取り組んでいます。
女性医師については、20代の勤務医のうち、女性の比率が30%を上回るなど増加傾向にある中、県医師会と連携・協力し「女性医師支援センター」を開設し、女性医師に対する就労支援策が充実されつつあります。

福井県では、救急医療においては、大学病院の他は、済生会福井病院、国立病院機構福井病院、福井県立病院などが主に担っている医療機関です。それ以外にも各医療機関で交通外傷をメインに対応している、内科医師を充実させ内科救急をメインに対応している、という医療機関が存在している救急医療圏です。

長野県では、長野県医師会、長野県国民健康保険団体連合会、県人会など関係団体との連携で「長野県ドクターバンク」を運営し県内医療機関への取り込みを行っている。また、女性医師ネットワーク協議会を設立、夜間や病児保育などの充実、ワークシェアリング等柔軟な体制作りを積極的に行っています。

居住地としての特徴

居住地としての特徴

新潟県は大きく3つのエリアに分かれています。下越エリアや中越エリアの長岡・三条については首都圏へのアクセスもよいですが、柏崎・十日町・魚沼地区などについては、公共交通機関を利用しての生活について厳しい傾向が見受けられます。上越エリアは、文化圏としては長野・富山の影響も受けるエリアで、面積以上に南北に長い新潟県の特徴を表す一例となっております。

富山県の人口は約108万人で、約4割を県庁所在地である富山市が占めています。
南には日本アルプスが控え、山間部には世界遺産となる合掌造りの集落で著名な五箇山、山岳信仰で有名な立山連峰、観光ルートの立山黒部アルペンルートなどがあり、観光資源が多いのが特徴の一つです。

石川県の人口は約116万人で、県庁所在地である金沢市が約46万人と県の人口の約4割を占めています。
江戸時代に加賀藩が学問や文芸を奨励したことから、今でも能楽や加賀友禅、輪島塗、九谷焼などの伝統芸能、伝統工芸が盛んな土地柄です。
また戦災や大きな災害を免れたため、江戸時代からの美しい街並みが今でも数多く残っており、貴重な観光資源ともなっています。

福井県の嶺北エリアは、嶺南に向けて進んで行く途中の道路は山間エリアを進んで行きますので、降雪量が多い場合は凍結などで通行止めになるケースもございます。
福井市内や鯖江市、越前市は県全体ではまだ雪が少ないほうかもしれません。鯖江市や越前市は福井市内からも幹線道路を使用して、30分以内で移動できるほど近距離にあります。

長野県は大きく4つのエリアに分かれています。東京を起点にすると新幹線で向かう長野市や上田市などの北信・東信エリア、特急あずさを利用する中信エリア、中信エリアからさらに車や在来線で向かう南信エリア。すべてのエリアに共通することはアルプス山脈に代表される自然に恵まれ、そこに暮らす人々があたたかな気持ちを持っているということです。

地域担当より一言

地域担当より一言

日本海に面する新潟県、山や雪も多く、生活環境としては厳しい印象をお持ちの先生も多いのではないかと思います。
しかし、そんな地域だからこそ、勤務内容についての相談の幅や医師住宅の確保などをはじめとする医療機関の配慮は勿論、患者さんたちも自分たちの健康を守る医師への信頼をあつくし、患者に寄り添った医療を目指す医師にお勧めできる県になっています。

富山県・石川県は大学の影響力が強い地域なので、医局に所属していない先生、これから医局を辞める先生にとっては、なかなか転職のし辛い土地と言えます。
しかし、公的施設を中心とした急性期の大規模病院ではなく、少しゆったりとした勤務を希望の場合は、比較的探しやすい環境にあります。

北陸=豪雪地域と考える先生も少なくないのではないでしょうか?確かに関西地域の天気予報がニュースで流れると、冬の時期は福井県だけ雪だるまの絵が出ていることもあります。
しかし、真冬の時期でも滋賀県から毎日通っている先生も少なくなく、通勤時間が少々かかるようにはなりますが、選択肢としてエリアを広げてご検討ください。

長野は、新幹線・高速鉄道や高速道路の整備により、都内まで短時間でアクセスが可能です。美しい自然に囲まれ、観光名所やレジャースポットも多数あり、喧噪を避けてゆったりとした日常を求める先生、また、地域医療に熱意を持って取り組む先生にお勧めです。

お住いの地域の求人動向

医師転職支援サービスお申し込みはこちら

▲TOPへ戻る