福井県「福井・坂井」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

福井県福井・坂井医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
福井・坂井医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

福井県の二次医療圏「福井・坂井」の特徴

1福井・坂井医療圏の概要

〈福井県北部の、主に福井平野から日本海沿岸に沿って広がる医療圏〉
福井県の二次医療圏である福井・坂井医療圏は、福井県の北部にあたる福井市、あわら市、坂井市、永平寺町の4つの自治体で構成されています。 平成の大合併時に自治体の合併や編入があり、現在の4自治体となりました。
本医療圏は西部を日本海に面し、海岸部に丹生山地がありますが、九頭竜川の流域部分に広がる福井平野に位置しています。東側は両白山地に達しています。 本医療圏の面積は約960平方キロメートル、平成24年10月現在の福井県政策統計課の調査での人口が約40万7千人で、 福井県内の4つの二次医療圏の中では、流入患者の割合が最も多い医療圏となっています。

2福井・坂井医療圏の特徴

〈福井県の県庁所在地を含む行政の中心だが、主要な産業は多種多様な観光業が中心〉
福井・坂井医療圏は、古代には後に継体天皇として即位する男大迹王の本拠地であった高向、室町時代以降は越前国守護大名の朝倉氏の本拠地として街を建設した一乗谷、 織田信長の武将であった柴田勝家や徳川家康の三男である結城秀康が本拠地として城を築いた北庄、また鎌倉時代に曹洞宗の開祖道元が建立した永平寺、 室町時代に浄土真宗中興の祖蓮如が当地方の拠点として建立した吉崎御坊の跡地など、歴史上にしばしばその名が登場する医療圏です。
本医療圏は福井県の県庁所在地である福井市があり福井県の行政の中心地となっていますが、中心産業は前に述べた数多くの歴史の史蹟を中心とした観光業で、 他にも北陸地方でも有数の規模を誇り関西の奥座敷と称される芦原温泉をはじめとする各温泉や、景観が有名な東尋坊、更に北陸随一の遊園地である芝政ワールド、 ボートレース三国、福井競輪などのレジャー施設などがあり、様々な分野での観光客を呼び寄せています。
交通は、JR西日本のJR北陸本線が本医療圏内中央を南北に縦断し、更に福井駅からえちぜん鉄道の三国芦原線や勝山永平寺線、福井鉄道等の各路線があり、 鉄道の沿線からの交通の便は良好と言えます。
しかし一方で福井市の丹生山地地区のようなバス便に頼らざるをえない地域もあり、本医療圏内では場所によっては自家用車の使用も検討する必要もあります。 一方で道路網は、北陸自動車道が本医療圏内を南北に縦断して4つのICを持ち、北陸、関西、東海方面への道路は整備されています。
一般国道も国道8号線や国道158号線、国道305号線、国道416号線を幹として各方面に国道や県道が張り巡らされていて、 本医療圏内東部の両白山地や西部の丹生山地の部分を除けば道路網も整備されています。

3福井・坂井医療圏の医療体制の現状

〈周産期医療に関し、産科セミオープンシステムを利用して医療機関毎の役割分担が必要〉
福井・坂井医療圏には県庁所在地の福井市を含むことから、県の中核病院としての福井県立病院があり、本医療圏では福井県済生会病院や福井大学医学部附属病院、 福井赤十字病院が中核病院の役割を分担しています。 本医療圏にはこれらの病院を含めて平成24年7月の地域内医療機関情報の集計値で35の病院と280の一般診療所があります。
本医療圏の医療体制としての現状として、周産期医療に関する問題があります。 近年それまで分娩を取扱っていた医療機関の分娩取扱の休止などの影響により、本来ハイリスク分娩を対象にしている周産期母子医療センターに指定された医療機関にて、 正常分娩や妊婦健診などの外来業務が増加していて、 結果として周産期母子医療センターの機能の疲弊が発生して本来行うべきハイリスク分娩への対応が十分にできなくなる点が懸念材料となっています。
そのために周産期母子医療センターと医療圏内の分娩可能な医療機関との役割の分担を行い、相互の連携を一層進めることで、 周産期母子医療センターに勤務する産科医の負担を軽減する必要が生じています。
福井県としてもこの現状を問題と考えていて、福井県独自の方式「産科セミオープンシステム」の仕組みを一層整備することで、 各周産期母子医療センターと本医療圏内の分娩可能医療機関の間で分娩と妊婦健診の役割の分担を行うと共に両者の連携を深めることと、 周産期母子医療センターへの遠隔監視装置導入により周産期母子医療センターに勤務する医師の負担を軽減する目標を立てています。
具体的には「産科セミオープンシステム」における「分娩は設備の整った医療機関で行い、妊婦健診は近くの診療所で行う」という考え方に沿った形での診療情報の 医療機関間の共有及び妊婦健診の標準化等を実施して、その点を医療圏内の住民へ啓発活動を行うこと、及び総合周産期母子医療センターの指定されている 福井大学医学部附属病院に遠隔にて分娩を監視可能とする装置を整備することで周産期母子医療センター及び分娩可能医療機関の両医師に対して分娩時の負担の軽減を行うと同時に、 リスクが生じた時には迅速な対応が可能とすることを施策としています。

4福井・坂井医療圏の医師数の現状

〈県庁所在地が抱えるへき地医療について、現状より向上した医療の提供を目指す方策〉
平成22年12月末現在の厚生労働省の調査によれば、福井・坂井医療圏の人口10万人あたりの医師数は329. 8人で、 全国平均219.0人や福井県の平均238.4人との比較でも極めて高い値となっています。
ただしこれは本医療圏内に県庁所在地である福井市を含み、「医師養成機関」である福井大学医学部附属病院や中核病院たる各公的病院、 臨床研修を受け入れる病院が数多く存在することが原因と考えられます。 今後は臨床研修医を除いた数値での再検証が必要でしょう。
また本医療圏の問題として、へき地医療に関する問題があります。 本医療圏内には無医地区とへき地診療所が福井市に1ヶ所ずつ存在し、無医地区では福井市の巡回診療による対応、へき地診療所については へき地医療拠点病院での支援や対策立案が行われていますが、公共交通機関の不足などの問題があり住民が市街地の病院への通院ができないことから、 現状の巡回診療の継続や各疾病に応じた適切な診療科による医療の提供、へき地診療所に勤務する医師の代診医や診察のバックアップなど、 住民に対する医療の確保を今後も続ける必要が生じています。
福井県はこのような現状から、へき地医療の支援として「へき地での医師確保の推進」、「医療確保の支援および巡回診療の実施」、 「IT活用等による診療の支援」の3つの面から対策を検討しています。 医師確保の面では、具体的には「へき地診療所に自治医科大学を卒業した医師や家庭医としてのノウハウを持った医師の派遣を行う」ことや、 「福井県医師確保修学資金貸与事業」を施策としています。
医療確保の支援および巡回診療の実施の面では、具体的には福井県が「へき地医療支援機構」と「へき地医療拠点病院」の運営に対して支援を行うこと、 へき地医療拠点病院やへき地診療所の施設及び医療機器の整備への支援を施策としています。さらにIT活用等による診療の支援の面では、 具体的にはへき地医療拠点病院とへき地診療所にITを利用した画像伝送等の遠隔医療を行うための装置の導入を行うことを施策としています。 少なくとも無医地区の医療及びへき地診療所の医療が現在以上に向上するための手段を施策として実行していきます。

福井県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		福井県のコンサルタントに求人紹介を依頼する

福井県の二次医療圏別の医師求人特集一覧