福井県「嶺南」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

福井県嶺南医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
嶺南医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

福井県の二次医療圏「嶺南」の現状と課題

1嶺南医療圏の概要

〈福井県南西部全般の、日本海の湾に面した自治体で構成される医療圏〉
福井県の二次医療圏である嶺南医療圏は、福井県の南西部にあたる敦賀市、小浜市、美浜町、高浜町、おおい町、若狭町の6つの自治体で構成されています。
本医療圏の面積は約1100平方キロメートル、平成24年10月現在の福井県政策統計課の調査での人口が約14万4千人で、 福井県内の4つの二次医療圏の中では、人口減少や高齢化の進行が遅い地域となっています。
主に京都府や滋賀県との県境地域にある野坂山地などの山岳地帯と、日本海沿岸の敦賀湾や若狭湾沿岸の平野部に挟まれた、東西方向に約100キロメートル程度の距離を持つ医療圏です。

2嶺南医療圏の特徴

〈工業都市と農業、水産業中心の地区を両方抱え、観光業も盛んな医療圏〉
嶺南医療圏は、敦賀市及び旧・若狭国と呼ばれた、日本海岸の敦賀湾及び若狭湾に沿った地区からなっています。 古代以来の言い方をすれば「越前国の木ノ芽峠以南と若狭国」となります。
本医療圏の主要産業は地区により異なり、医療圏東部の敦賀市は古くから日本海の天然の良港として栄えた敦賀湾を持ち、 海上輸送の基地として重要な役割を持っています。
またエネルギーや繊維、化学などの工業の拠点でもあります。 一方で旧・若狭国に該当する他の自治体では、観光業や水産業、農業が盛んです。
観光業では若狭湾国定公園に面して美しいリアス式の眺望が得られる海を中心とした観光資源に恵まれ、 水産業ではリアス式海岸の特徴を生かした近海漁業でのサバ、かれい、フグ、カキ養殖などが中心に行われています。 農業ではこの地域で獲れるブランドネギをはじめ、きのこや梅、自然薯等が主要農産物です。 また一方で旧若狭国では伝統工芸産業も受け継がれていて、特に若狭瑪瑙細工や若狭和紙、若狭塗箸、若狭漆器が有名です。
尚、本医療圏の沿岸全体を通して発電業も盛んです。 公共交通は、JR西日本のJR北陸本線が本医療圏内東部を南北に縦断し、また敦賀駅からJR小浜線が本医療圏の若狭湾沿岸部を東西に横断していて、 鉄道の沿線からの交通の便は良いと言えます。鉄道沿線以外はバスの便になりますが、運行本数に極端な差がありますので、 本医療圏内では場所によっては自家用車の使用も考慮する必要があります。
また道路網は、自動車専用道として本医療圏東部を北陸自動車道が通り、また北陸自動車道から分岐した舞鶴若狭自動車道が全通して本医療圏内を東西に横断しています。 両者を合わせて、本医療圏内には7つのICを持ち、北陸、関西、東海方面への自動車専用道は整備されています。
一般国道も国道8号線や国道27号線を幹として滋賀県、京都府方面に国道や県道が張り巡らされていて、本医療圏内南部の野坂山地の山岳部を除けば道路網も整備されています。

3嶺南医療圏の医療体制の現状

〈医療圏内の住民の、圏内入院率の低さが問題で、圏内医療資源の充実が課題〉
嶺南医療圏では杉田玄白記念公立小浜病院が中核病院の役割を担い、敦賀市立敦賀病院や国立病院機構福井病院が地域性や疾病の面で機能の一部を分担しています。 本医療圏にはこの病院を含めて平成24年7月の地域内医療機関情報の集計値で11の病院と77の一般診療所があります。 本医療圏の医療体制としての現状として、本医療圏での住民の圏内入院者割合の少なさという点があります。
がん治療に関して述べると、本医療圏の場合はがん診療連携拠点病院として医療圏内の敦賀市にある「国立病院機構福井病院」が指定されていて、本医療圏内のがん治療の拠点となっています。 ところが例えば本医療圏の平成23年の福井県患者調査による入院を要するがん患者のうちの66.8%が同一医療圏での入院を選択しているのに対して、 .2%と約1/3のがん患者が本医療圏外での入院治療を選択していて、がん患者の流出率が約1/3に達しています。
しかし、確かに本二次医療圏の東部にある敦賀市では、北陸本線の利便性の向上により主な入院患者流出先の福井市までの利便性は高いですが、 本医療圏西部の三方町や小浜市、おおい町などからは福井市までの距離も移動手段も長く、入院患者やその家族の負担が増すような状況です。 二次医療圏設定の目的からこのような現状を福井県としても放置するわけにもいかず、施策にがん拠点病院の機能強化を掲げています。
現在本医療圏のがん診療連携拠点病院としては国立病院機構福井病院が指定されていますが、現在の本医療圏では拠点病院以外での医療機関での受診が多く、 特に医療圏西部の小浜市やおおい町、高浜町では、県外の医療機関での受診の割合が高くなっていて、 そこから「県外病院へそのまま入院」もしくは「医療圏外病院への紹介」などの形で「施設がある程度整っているにもかかわらずがん患者の流出率の高い」という理由が推測されます。
そのため施策としては、がん医療連携体制については、拠点病院である国立病院機構福井病院と地域の医療機関との協力体制が課題です。
例えばがん診察連携拠点病院で実施する研修の質を向上させることで、本医療圏内の医療従事者の育成を行う点や、 医療従事者ががん診察連携拠点病院での研修が受けやすくなる環境を充実させること、化学療法や放射線治療、病理に関する専門医のネットワーク構築により、 拠点病院のみならずの地域全体のがん医療の質の向上を行うこと、拠点病院と本医療圏内の医療機関とのがん医療ネットワークを構築し、 医療従事者の人材育成や支援を行うことを施策として、本医療圏内での入院者自給率がより高くなるような方針を打ち出しています。

4嶺南医療圏の医師数の現状

〈行政施策としての医師数の増加と、へき地や無医村等の多さへの対応の強化が必要〉
平成22年12月末現在の厚生労働省の調査によれば、嶺南医療圏の人口10万人あたりの医師数は171.2人で、 全国平均219.0人や福井県の平均238.4人との比較でも極めて低い値となっています。県の行政施策としての医師増が必要となっています。
また本医療圏の問題として、へき地医療の問題があります。 本医療圏には小浜市、高浜町、若狭町に合計8地区の無医地区及び準無医地区が存在して、また医療圏内の合計7地区にへき地診療所が存在します。 へき地診療所や無医地区を擁する市町は合併等以前の旧市町単位にて救急搬送医療機関を持ち、また郡市医師会による休日診療が行われ、 救急告示医療機関や若狭地域を対象とした新型救命救急センターを持ち、初期救急医療や入院を要する救急医療への対応が整備されてはいますが、 無医地区等を巡回する巡回診療の負担及びへき地診療所に従事する医療従事者の確保が重要な課題となっていて、 医師休暇時の代診医の確保などの住民への医療サービスの確保が重要な現状での課題となっています。
福井県としてもこのような現状を福井県としても放置できず、現行では本医療圏のがん拠点病院である福井赤十字病院と医療圏内の病院の連携を深め、 拠点病院以外にも本医療圏内の病院にも「相談窓口」や「相談支援センター」を設けて拠点病院の医療関係者が対応可能なシステムを構築するよう施策を進めています。
更に人材の育成や治療機器の導入により、将来的には本医療圏にもがん拠点病院となるべき病院機能を整備して、 二次医療圏設定の目的である「本医療圏内での医療の完結」を目指すべく、施策を立案しています。
まず福井県がへき地医療に関わる医師の確保のための支援を行うことや、福井県立病院にてへき地医療に従事する必要なスキルを身につけるための医師を養成すること、 国からの支援を得ることで、県の機関であるへき地医療支援機構、及びへき地医療拠点病院の運営への支援を継続するとともに、 へき地医療拠点病院やへき地診療所の施設及び医療機器の整備への支援を行うことを、具体的な施策としています。
このような施策が行われることで、本医療圏内のへき地医療の体制がより充実されると同時に、 前に述べた「北陸本線の敦賀駅までの直流電化変更」により京阪神地区からの電車が敦賀駅まで直通する本数が、旧交流電化時代と比較して格段に向上して利便性が良くなっています。
このような外的要因も踏まえて、今後本医療圏の「へき地」に該当する地区が減少する可能性もあります。

福井県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		福井県のコンサルタントに求人紹介を依頼する

福井県の二次医療圏別の医師求人特集一覧