福井県「丹南」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

福井県丹南医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
丹南医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

福井県の二次医療圏「丹南」の特徴

1丹南医療圏の概要

〈福井県中部地区の、福井平野の日野川の流域に沿って広がる医療圏〉
福井県の二次医療圏である丹南医療圏は、福井県の中部で木ノ芽峠の北部にあたる鯖江市、越前市、池田町、南越前町、越前町の5つの自治体で構成されています。 医療圏の南側は滋賀県や岐阜県との県境の山地に接し、西側は一部嶺南医療圏と接する部分があるものの他は日本海に面し、北側は福井・坂井医療圏に、東側は奥越医療圏に接しています。
本医療圏の面積は約1000平方キロメートル、平成24年10月現在の福井県政策統計課の調査での人口が約19万人で、 福井県内の4つの二次医療圏の中では人口減少や高齢化の進行が遅い地域となっています。 主に岐阜県や滋賀県との県境地域の山岳地帯と、日本海間近にある丹生山地に挟まれた、日野川の流域の平野部分に人口が集中している医療圏です。

2丹南医療圏の特徴

〈古くからの伝統産業による工業が盛んな地域で、圏域の都心部は交通が至便〉
丹南医療圏には戦国時代には越前府中とも呼ばれた武生市がありましたが、平成の大合併で現在は越前市となっています。 他にも越前町と南越前町は平成の大合併で新しく発足した自治体です。
本医療圏では地場産業としての製造業が盛んで、中心都市の鯖江市が「メガネ作りの街」として、また旧武生市を中心とする一帯は「越前和紙の中心地」、 越前町では古くから中世六古窯のひとつの「越前焼の街」として、それぞれ伝統産業を受け継いでいます。近年はこのような技術を応用した、様々な製造業の分野の工場も立地しつつあります。 一方で池田町では、町で独自の農業生産方法を確立して、その生産品である農産物がブランド化しつつあるなど徐々に成果を挙げつつあります。
交通は、JR西日本のJR北陸本線が本医療圏内中央を南北に縦断し、更に越前市の武生新駅から鯖江市を経由して福井市方面へ福井鉄道の路線があり、鉄道の沿線からの交通の便は良いと言えます。 しかし一方で越前町や池田町のような鉄道路線が無い自治体もあり、バスの本数も必要最低限という地域もあり、本医療圏内では場所によっては自家用車の使用が必要となる地域もあります。 また道路網は、北陸自動車道が本医療圏内を南北に縦断して3つのICを持ち、北陸、関西、東海方面への道路は整備されています。
一般国道も国道8号船や国道417号線を幹として各方面に国道や県道が張り巡らされていて、本医療圏内東部の県境地区山間部や西部の丹生山地部を除けば道路網もある程度整備されています。

3丹南医療圏の医療体制の現状

〈隣接する福井市の医療資源への依存を解消し、二次医療圏の機能を維持することが課題〉
丹南医療圏では公立丹南病院が中核病院の役割を担っています。本医療圏にはこの病院を含めて平成24年7月の地域内医療機関情報の集計値で18の病院と94の一般診療所があります。
本医療圏の医療体制としての現状として、「全体的に医療資源が乏しい点」があります。 本医療圏には平成25年3月現在では救命救急センター、周産期母子医療センター、DMATが整備された災害拠点病院が無く、隣接する福井・坂井医療圏に依存しているのが現状です。
福井県としてもこのような状態を放置するわけにもいかないため、現状では本医療圏と各病院と中核病院である公立丹南病院、さらに公立丹南病院とその支援をする 福井・坂井医療圏の各病院とのネットワークの充実と、特に福井大学医学部附属病院との連携を密にするための方策を行っていますが、 今回の医療計画ではそれと同時に公立丹南病院の機能の充実を進めて、いずれは救命救急センター、周産期母子医療センター、 DMATの設置等のより重要な機能を持たせる病院とする方針で施策を行っています。
今回の第6次の県医療計画の実施を基にして第7次の医療計画の立案時に、公立丹南病院がどこまでの範囲で医療機関指定を受けているかに期待大です。

4丹南医療圏の医師数の現状

〈医師数の増加と、がん患者の入院自給率のアップが必要な行政上の課題点〉
平成22年12月末現在の厚生労働省の調査によれば、丹南医療圏の人口10万人あたりの医師数は130.5人で、全国平均230.4人や福井県の平均238.4人との比較でもかなり低い値となっています。
県の行政施策として、医師増が必要となっています。 また本医療圏の問題として、がん治療における医療圏内入院率の低さがあります。
平成23年の福井県患者調査によれば、本医療圏内のがん入院患者の中で本医療圏内の医療機関に入院している患者は30%のみで、 残りの70%は隣接する福井・坂井医療圏の医療機関に入院している現実があります。 これは本医療圏内に地域がん診療連携拠点病院が存在せず、入院患者の70%を隣接医療圏に頼らざるをえない事情があります。
特に福井・坂井医療圏は県庁所在地である福井市を含むため、がん拠点病院となり得る設備を持った病院が多く、 実際本医療圏も福井市内の福井赤十字病院にがん拠点病院の機能を受け持ってもらっている実状です。
福井県はこのような現状を改善するため、現行では本医療圏のがん拠点病院である福井赤十字病院と医療圏内の病院の連携を深め、 拠点病院以外にも本医療圏内の病院にも「相談窓口」や「相談支援センター」を設けて拠点病院の医療関係者が対応可能なシステムを構築するよう施策を進めています。
更に人材の育成や治療機器の導入により、将来的には本医療圏にもがん拠点病院となるべき病院機能を整備して、二次医療圏設定の目的である「本医療圏内での医療の完結」を目指すべく、施 策を立案しています。 従ってこの先の本医療圏では、各部位に関するがん治療医の需要が増すものと考えられます。

福井県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		福井県のコンサルタントに求人紹介を依頼する

福井県の二次医療圏別の医師求人特集一覧