長野県「上小」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

長野県上小医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
上小医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

長野県の二次医療圏「上小」の特徴

1はじめに

〈山地や盆地が存在し、気温差が激しいが、温泉街も発達した地域〉
長野上小二次医療圏は、上田市、東御市、小県郡(長和町、青木村)から構成される二次医療圏で、長野県のやや東北に位置する2市と町と村がそれぞれ1つずつからなる二次医療圏です。
上田市はほぼ全域が太郎山、烏帽子岳、小牧山に囲まれた盆地に属しており、東御市は上田市の東方に隣接し、標高の高い位置に市街地が広がる市です。 盆地に属する上田市は、一年を通して気温差の激しい内陸性気候となっていて、年間の降水量が一年を通しても少ない乾燥した地域となっています。 そしてまた、上田市には別所温泉などの様々な温泉が湧き、温泉街としても有名な土地となっています。
その他、盆地に属さない上田市の山岳地帯や、標高の高い位置にある市町村では夏涼しく、冬が寒冷な気候となっています。また、上田市には日本一の長さを誇る一級河川である信濃川(千曲川)が流れています。

2上小二次医療圏の交通

〈上田駅から様々な場所へ、そして自動車道では上信越自動車道が交通の起点〉
長野上小二次医療圏の交通の要所となっているのはJR上田駅で、東日本旅客鉄道、しなの鉄道、上田電鉄にそれぞれ乗り継ぐことができます。 JR上田駅は、長野新幹線が開通しており、首都圏である東京までおよそ一時間30分で移動することができます。 またしなの鉄道は長野、軽井沢方面へ、上田電鉄は上田駅から別所温泉まで向かいます。
上田駅のお城口には高速バス乗り場が存在し、上田市にある別の温泉街である鹿教湯温泉へのアクセスが可能となっています。 車での交通の便は、上田市、東御市に上信越自動車道が開通しており、長野自動車道、関越自動車道、中部横断自動車道、北陸自動車道に接続しています。

3上小二次医療圏の医療

〈人口、病床数ともに少なく、救急救命の対応に不安が残る〉
上小二次医療圏は長野県の医療計画においては東信ブロックに指定されており、東信ブロックは他のブロックと比べ人口、病床数とも最も少ない地域となっています。
上小二次医療圏には中心となる病院はNHO信州上田医療センター、国立病院機構信州上田医療センターとなっていますが、救急救命センター、がん診療連携拠点病院は存在せず、 重篤な症状が出た場合、東隣りにある佐久二次医療圏の佐久総合病院に救急搬送の手配が行われています。
また、上小医療圏だけではなく、木曽、大北、北信医療圏にも救急救命センターが存在しない事実により、県全体の管外搬送の件数も押し上げられ、6745件と高い数値となっています。 上小医療圏を含むこれらの地域では、救命率の上昇が目標として掲げられています。

4上小二次医療圏の医師

〈求人倍率は高く、循環器系の技術を持った医師が求められている〉
上小二次医療圏では必要医師数は58.3人、必要医師求人数も54.3人と、比較的高い数値となっており、それに合わせ求人倍率も1.3倍と高くなっています。 その理由として拠点病院の少なさ、少子高齢化の影響が背景に存在すると考えられています。
また、上小二次医療圏では上小二次医療圏内で、重篤な患者に対する救命率を高めるために、地域の医療機関の連携、高度、救命救急、集中医療へ重点的に取り組む事のできる医師が現在必要とされています。 特に能力が必要とされている医師は循環器系を專門とする医師で、循環器系外科、内科ともに専門技術を持った医師の招致が行われています。

長野県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		長野県のコンサルタントに求人紹介を依頼する

長野県の二次医療圏別の医師求人特集一覧