長野県「佐久」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

長野県佐久医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
佐久医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

長野県の二次医療圏「佐久」の特徴

1はじめに

〈東信地方の発達の中心〉
長野県佐久二次医療圏は小諸市、佐久市、南佐久郡(小海町、川上村、南牧村、南相木村、北相木村、佐久穂町)、 北佐久郡(軽井沢町、御代田町、立科町)から成り立つ佐久市を中心とし、群馬県に面する形で長野県の東部に位置する二次医療圏です。
佐久市には長野新幹線が1997年に開業したことにより、イオンモールなどの大型ショッピングモールが続々と進出し、発展した都市としての地位を確立しつつあります。 そして、北佐久郡の軽井沢町は避暑地として人気の高い土地であり、高級な別荘地が立ち並ぶハイソサエティな町でもあります。

2佐久二次医療圏の交通

〈新幹線と上信越自動車道による都市圏へのアクセスが可能〉
佐久市には上記で述べたように長野新幹線の駅である佐久平駅が開通しており、首都圏である東京駅まで、一時間半以内に向かうことができます。 佐久平駅には大型店舗が密集しており、浅間口側にはマンションが立ち並んでいます。また、佐久平駅から新幹線を利用すれば県庁所在地である長野市には30~40分ほどの所要時間で着くことが可能となっています。
上信越自動車道が佐久市を通って開通しており、北陸自動車道、関越自動車道に接続し、上信越自動車道を伝って、北陸や首都圏へのアクセスも容易なものとなっています。

3佐久二次医療圏の救急医療体制

〈佐久総合病院の救急救命センターとドクターヘリの存在〉
佐久市には東信地域で唯一の救急救命センターを配備している厚生連佐久総合病院が存在し、佐久総合病院には長野県唯一のドクターヘリが配備されています。 このドクターヘリは平成17年7月から運行されていて、平成17年には190件だったものが平成21年には357件と出動件数は年々増加しています。
ドクターヘリは広域で山間部の多い長野県にとっては非常に有用で、東信地方での搬送件数が最も多く、南信地方がついで多く、つぎに忠信地域、北信地域となっています。 ドクターヘリの運用状況からわかるように、佐久総合病院は長野県の救急病院としての大きな役割を担っていると言えるでしょう。

4佐久二次医療圏の医師数、医師のおかれた状況

〈ドクターバンク事業による医療機関との連携〉
佐久二次医療圏の医師数は、長野県の他の二次医療圏である松本二次医療圏、長野医療圏に次いで二番目に多い人数となっています。 しかし、必要な医師数はまだまだ足りていない状況であり、長野県の施策である長野県ドクターバンク事業に医師数を増加させる効果の期待が持たれています。
長野県ドクターバンク事業とは、県内の医師不足解消を目的としたもので、県が設置したドクターバンクに登録する事で、県内の医療機関について相談・仲介・情報提供・調整を行ってもらうサービスです。 利用者は年々増加しており、ドクターバンクにより紹介された医療機関への定着率も八割を超える結果を出しています。
また「信州型総合医」として、専門外治療などで負担の増大している中核病院の医師に代わり、総合的な診療・治療を行える医師の育成や、招致が目指されています。

長野県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		長野県のコンサルタントに求人紹介を依頼する

長野県の二次医療圏別の医師求人特集一覧