新潟県「県央」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

新潟県県央医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
県央医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

新潟県の二次医療圏「県央」の特徴

1はじめに

〈県央医療圏の概要-新潟県中央部を日本海海岸線付近から福島県境まで横断する医療圏〉
新潟県の二次医療圏である県央医療圏は、新潟県の中央部に存在する、燕市、三条市、加茂市、田上町、弥彦村の3市1町1村にて構成されている医療圏です。 本医療圏の総面積は約730平方キロメートル、平成24年10月1日の新潟県統計課による人口は、約23万人です。
新潟市と長岡市という新潟県内の大都市に挟まれた地区の医療圏で、本医療圏西北部は日本海海岸部にある弥彦山、中央部は越後平野が広がり、 信濃川支流の五十嵐川の上流に当たる南東部は越後山脈となり福島県と接していて、人口はほぼ北西部に集中しています。

2県央医療圏の持つ特徴

〈伝統地場産業が盛んな県内有数の工業地帯で、大都市に向けて道路網が整備〉
県央医療圏の特徴は伝統のある地場産業が根付いている点で、本医療圏内の三条市では刃物の生産、燕市では金属加工品の生産、 加茂市では桐たんす製造など全国的に有名な伝統的地場産業を抱えていて、本医療圏は新潟県内でも有数の工業地帯にあたります。 その一方で越後平野部分は新潟米の主要産地でもあります。
また観光産業も盛んで、特に本医療圏内弥彦村の彌彦神社は全国的にも有名な観光地として、また弥彦競輪場は競輪のファンにとって特別な競輪場として、新潟県内のみならず全国的な観光名所となっています。
鉄道の面では、本医療圏内に上越新幹線の燕三条駅があり、東京・首都圏方面からの足は便利です。 また在来線は、本医療圏内を南北方向にJR東日本のJR信越本線とJR越後線が通り、また東西方向にJR弥彦線が通っていて、医療圏内のみならず新潟市及び長岡市方面にも移動に不自由のない程度の列車本数は確保されています。 ただしJR信越本線以南に該当する医療圏南東部の地域は、バスの路線や便数も限られているために自家用車の利用が便利と言えます。
道路網では、本医療圏内を北陸自動車道が縦断して三条燕ICを抱えており、関東、北陸、南東北の各地方との往来が行いやすくなっています。 また一般道でも国道8号線、国道116号線、国道289号線などを軸として各方面に国道や県道が張り巡らされていて、本医療圏内外への道路網はかなり整備されていると言えます。

3県央医療圏の医療の現状

〈中核病院の整備の為に、県が基幹病院基本構想を立案して現在検討中〉
県央医療圏の中核病院は、済生会三条病院が担っています。これを含めて本医療圏内には2014年07月02日の新潟県医務薬事課調べで10の病院と168の診療所があります。 本医療圏の医療の現状として、中核病院の機能の充実が挙げられます。
ここでは救急医療を中心に述べますと、本医療圏内には先に述べた済生会三条病院を含め10の病院があるものの、救命救急センターの機能を有するような救急医療の核となる病院が皆無で、 10病院中7の救急告示病院が独自で救急医療を行っているため、高度かつ専門的な医療の提供体制が十分ではなく、各病院間での役割分担や連携も行われていないという課題があります。
また本医療圏は新潟市と長岡市のほぼ中央に位置し、道路交通のネットワークもある程度整備されている点で、住民が隣接医療圏での受診に抵抗が無くなっている要因もあります。 その結果救急搬送においては、全救急搬送件数の2割弱である1400件程度が隣接医療圏に搬送されていて、それが逆に「救急搬送時間の長時間化」を引き起こす問題となっています。
この問題の解消のため、新潟県も「県央基幹病院基本構想」という行政方針を立案しています。 すなわち「本医療圏内での公立及び公的病院の再編による救命救急センターを持った救急基幹病院の創設」、及び同時に「本医療圏内の他の病院や診療所との既存病院との役割分担・連携を明確化する」ことを前提として、 本医療圏内にて「救急医療ネットワークの構築」を目指しています。
現在は救急医療を念頭にした県央基幹病院基本構想が立案されていますが、今後この構想は周産期医療など5疾病5事業についても医療ネットワークの構築を目指す方向性を持っていて、 今後この構想が現実となった後には県の医療行政指導の元で、既存の病院、一般診療所においても働きやすい環境が整備されることとなるでしょう。

4県央医療圏の医師数の現状

〈医師数の不足と、脳卒中の死亡者を減らすための医療行政での方策が必要〉
平成22年12月時点での県央医療圏内での人口10万人対医師数は133.9人で、新潟県全県の191.2人、全国平均の230.4人と比較しても極端に少なく、今後の県の医療行政での医師数増対策が課題です。 本医療圏で医師が直面する現状としては、脳卒中による死亡者の多さという問題があります。
平成18年~22年の県保健福祉課の調査によると本医療圏での脳血管疾患のSMR値が全国と比較して男性が129.8、女性が128.1とかなり高く、新潟県全体との比較でも男女とも12ポイント程度高くなっています。
脳卒中が発生する危険因子は高血圧であり、医療圏内の住民に身近に接しているかかりつけ医が住民の健康の様子を見守って、脳卒中の発生を予防するための住民への啓蒙活動を継続して行う必要があります。
幸い現在計画中の「県央基幹病院基本構想」により、構想の実現後は中核となる病院や既存病院と一般診療所との連携が十分に行われ、 かかりつけ医も中核となる病院からより大きなバックアップを受けることが可能になり、本医療圏内の医師はより働きやすい環境となり得るでしょう。

新潟県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		新潟県のコンサルタントに求人紹介を依頼する

新潟県の二次医療圏別の医師求人特集一覧