富山県「新川」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

富山県新川医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
新川医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

富山県の二次医療圏「新川」の特徴

1新川医療圏の概要

〈富山県東部の4自治体による、医療圏〉
富山県の二次医療圏である新川医療圏は、富山県の東部にあたる魚津市、黒部市、入善町、朝日町の2市2町で構成されています。 本医療圏の面積は約920平方キロメートル、平成23年10月現在の人口が約12万7千人で、65歳以上の老年人口の割合は28.5%と県の平均の26.3%を少々上回っています。
日本海の富山湾に面している一方で、北アルプスの山岳地帯にも圏域が及んでいるため、本医療圏内の海抜の高低差は3000m近くにも及びます。 主に富山平野の最東部の海岸線部分や黒部川流域の下流に広がる黒部川扇状地地区に人口が集まっています。

2新川医療圏の特徴

〈第一次、第二次、第三次の諸産業がバランス良く発展している医療圏〉
新川医療圏は第一次、第二次、第三次の各産業がバランス良く集まって発展しています。 第一次産業は農業と水産業、農業分野では米を始めとして梨、ぶどう、スイカなどのこの地区のブランド名を持った農産物が出荷されています。 一方で水産業は、魚津港を水揚げ港として、寒ハギ、ホタルイカなどの水産物が有名です。
第二次産業は工業が盛んで、特に本医療圏内には古くから「YKK AP」や「日本カーバイド工業」など製造業の基幹工場があり、富山県の中でも工業製品の出荷高が高い地区になっています。 また第三次産業は観光業の分野で、黒部渓谷入り口の宇奈月温泉や、その先に伸びる黒部渓谷鉄道のトロッコ列車、そして北アルプスや立山連山の登山口や秘境の温泉など、観光資源に富んでいます。
公共交通は、北陸新幹線の黒部宇奈月温泉駅が本医療圏内北部にあり、県庁所在地の富山市方面のみならず関東地方への足は利便性があります。 また北陸新幹線開通と同時にJR北陸本線から第三セクター化された「あいの風とやま鉄道」や、富山地方電鉄本線が本医療圏内を通っていて、鉄道沿線部では交通は至便と言えます。
道路網では、北陸自動車道が本医療圏内を縦断して本医療圏内各自治体に合計4つのICを持ち、北陸、信越方面への道路網は整備されています。 一般国道では本医療圏内を縦断する国道8号線を軸に医療県内外に県道が張り巡らされています。 急峻な山岳地帯が本医療圏内の80%を占めていますが、日本海沿岸の富山平野や黒部川扇状地の平野部では道路網は整備されていると言えます。

3新川医療圏の医療体制の現状

〈災害医療について、拠点病院の耐震化や災害時を想定したマニュアル作成等が課題〉
新川医療圏では黒部市民病院が中核病院の役割を担い、富山労災病院が中核病院の機能を一部分担しています。 本医療圏にはこれらの病院を含めて平成23年10月時点の厚生労働省の調査で14の病院と83の一般診療所があります。
本医療圏の医療体制の現状として、災害医療に関する点があります。 本医療圏内では、黒部市民病院が地域災害拠点病院に指定されるのと同時にDMAT指定病院になっていて、市や町の災害対策本部は医師会等と連携して医療救護所を開設し、 県や近隣医療圏から派遣された医療救護班と協力の上、災害直後から災害時医療や公衆衛生、被災者のメンタルヘルスの対策を実施する計画です。
ただし2012年4月の富山県医務課の調査では、地域災害拠点病院の耐震化が完全に終了していない・職員への災害医療研修が未実施である、災害拠点病院以外での災害対応マニュアル作成率がおよそ50%に過ぎない、 災害拠点病院への衛星回線インターネットが未導入であるなどが課題として挙げられ、今後さらに整備を行う必要があります。
これらの点を富山県も行政課題と認識していて、施策として、地域災害拠点病院である黒部市民病院の耐震改修工事の実施への支援を行うこと、 災害時に参集する医療救護班の配置調整や情報の共有などの災害時に必要とされる連携と調整機能が十分に発揮されるよう、本医療圏内に立ち上げてある新川地域災害医療連携会議を定期的に開催すること、 そして関係者の情報交換や医療圏内の各医療機関が実状に応じた災害時の対応マニュアルの作成への指導を行うこと、そして医療圏内の通信機器の整備等を含む自治体と病院や医師会等との連携を強化することを実施していきます。

4新川医療圏の医師数の現状

〈医師数の増加と、急性心筋梗塞からの回復期のリハビリテーションの強化が課題〉
平成22年12月末現在の厚生労働省の調査によれば、新川医療圏の人口10万人あたりの医師数は201.3人で、全国平均219.0人や富山県の平均241.0人との比較でも低い値となっています。今後医師増を必要としています。
また本医療圏の問題として、急性心筋梗塞への対応があります。 本医療圏内には急性心筋梗塞の患者への専門的な治療が24時間体制で行われている黒部市民病院と富山労災病院を抱え、急性心筋梗塞の急性期医療の体制は整っています。
しかし本医療圏内に心臓リハビリテーションが実施可能な医療機関が存在せず、急性心筋梗塞の回復や再発予防、予後の改善に関わる医療を本医療圏内にて十分に行うことができていない現状があります。 このような点から富山県では、県内の全急性期病院での心臓リハビリテーションの実施データを収集し分析を行うことで、 本医療圏内で急性期医療を担う前記の2病院に対して心臓リハビリテーションの導入が可能となるよう支援を行うことや、急性心筋梗塞の地域連携クリティカルパスの普及や改良によって、 他の病院や一般診療所でも心臓リハビリテーションが行えるように協力体制の推進を行うことを施策としています。 今後急性心筋梗塞での回復期医療に関わる医師の需要が見込める医療圏です。

富山県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		富山県のコンサルタントに求人紹介を依頼する

富山県の二次医療圏別の医師求人特集一覧