兵庫県「淡路」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

兵庫県淡路医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
淡路医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

兵庫県の二次医療圏「淡路」の概要と特徴

1はじめに

〈淡路医療圏の概要-淡路島全域がエリアの医療圏〉
兵庫県の二次医療圏である淡路医療圏は、兵庫県の淡路島全域と離島の沼島に及ぶ医療圏です。 現在は淡路島島内の淡路市、洲本市、南あわじ市の3市によって医療圏が構成されています。医療圏の総面積は約596平方キロメートル、平成21年10月の国勢調査による人口は、約14万5千人です。
現在の淡路島は、明石海峡大橋によって淡路市と神戸市とが、大鳴門橋によって南あわじ市と徳島県鳴門市とが結ばれて、淡路島自体が本州及び四国と陸続きです。 元々淡路島は古代から『旧淡路国』としてひとつの行政単位であり、そのため淡路島全域の3市で二医療圏を形成する点も自然と言えます。

2淡路医療圏の持つ特徴

〈観光地である一方、第一次産業が中心だが神戸市への通勤圏の面も〉
温暖な気候を持つ淡路医療圏は島全体がひとつの観光地として成り立っています。島内各地に様々な観光資源を持ち、現在は観光協会を中心として「公園島淡路」という理念で数多くのイベントを開催しています。
その一方で、医療圏内在住者の大きな基盤産業は第一次産業で、島内の丘陵地を利用した玉ねぎ等の野菜や酪農を生産する農業と、淡路島を取り囲む瀬戸内海や太平洋での漁業が中心産業です。 また現在の淡路市北部の明石海峡に面した地区は、明石海峡大橋の完成以降も明石市とのフェリー便が頻繁運行されていて、明石や神戸市西部への通勤エリアとしての役割も担っていました。
現在はフェリー便が廃止されたものの、明石海峡大橋を利用した神戸方面へのバス便が頻繁運転されていて、現在も明石や神戸市方面への通勤エリアとしての役割を担っています。 ただし島内には鉄道が存在せず、淡路市、洲本市、南あわじ市の中心部から島内各地に運行されるバスが唯一の公共交通機関で、島内の移動には自家用車が必要不可欠になります。 島内を神戸淡路鳴門自動車道と国道28号が南北に貫き、また山岳地域以外には県道が整備されていることで、自家用車での圏内の移動は比較的簡単に行えます。
尚、圏内の離島である沼島には淡路島本土から一日11往復の船便が確保されていて、全国の離島の中で交通の便の良さは特筆です。

3淡路島医療圏の現状

〈過疎化の進行と、中核病院の県立淡路病院への負担増〉
淡路医療圏には一部に大都市への通勤圏があるものの、それ以外の大部分の地区では人口の減少が見られています。 これは現在の淡路医療圏内に若年層の雇用環境が十分に確保されていない事が原因です。 平成22年度の国勢調査では、特に65才以上の住民の占める割合が淡路医療圏内全体で29.4%であり、住民の高齢化が進んでいるため高齢者医療を充実させる必要があります。
中核病院としては洲本市に県立淡路病院があり、それ以外は各市の休日応急診療所や11ヶ所の民間総合病院、一般診療所で医療圏全体の医療をカバーしている状況です。 特に救急医療等特定診療科では、県立淡路病院の負担が増えている実態が報告されています。

4淡路医療圏の医師数の現状

〈現状では医師数が不足、高齢者医療を中心とした需要が存在〉
平成20年12月時点での淡路医療圏内での人口10万人対医師数は194.3人で、兵庫県全県の220.4人、全国平均の224.5人と比較しても大きく不足しています。 特に圏内総人口に対して30%弱を占める65才以上の人口に対しては、高齢者への医療体制の構築が求められ兵庫県保健医療計画でも推進方策として挙げられています。 このことからこの先「在宅医療を含めた高齢者医療の体制の構築に伴う医師の求人」が求められると考えられます。
尚、今後淡路島が観光産業を基幹に据えて医療圏内の3市がまとまって活動していくことで、「関西から手頃な観光地」としての淡路島への観光客が増加して現在以上に第三次産業が伸びることが予想され、 淡路医療圏内の若年層人口の雇用環境も改善されることで、将来的には新しい医療需要が発生する期待が持てる医療圏です。

兵庫県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		兵庫県のコンサルタントに求人紹介を依頼する