兵庫県「北播磨」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

兵庫県北播磨医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
北播磨医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

兵庫県の二次医療圏「北播磨」の概要と特徴

1はじめに

〈北播磨医療圏の概要-兵庫県の中央部内陸部に位置する医療圏〉
兵庫県の二次医療圏である北播磨医療圏は、兵庫県のほぼ中央部に存在する、加古川流域の内陸地区の西脇市、三木市、小野市、加西市、加東市、多可町の5市1町にて構成されている医療圏です。
医療圏の総面積は約896平方キロメートル、平成23年11月1日の兵庫県推定による人口は、約28万人です。

2北播磨医療圏の持つ特徴

〈古くから開けて稲作と伝統工芸産業とが盛んな地域〉
兵庫県中部部に位置する北播磨医療圏は、加古川流域の播磨平野北部、そして中国山地南東部の裾野地域や丘陵地帯からなる医療圏です。 古代から開けた場所で、歴史書にもしばしば地名が登場する地域でもあります。
産業の点では元々は播磨平野の平地と加古川に豊富な水量を生かした稲作農業が中心で、有名な日本酒製造用好適米「山田錦」の中心的産地です。 またその一方で、この北播磨医療圏内の各地区には数百年から千年以上に渡って続く金物や刃物、そろばん、手漉き和紙などの地場伝統工芸品の一大産地です。
交通の面では、北播磨医療圏内を南北にJR西日本のJR加古川線が通り、東西には小野市の粟生駅を境に神戸電鉄粟生線が東側、北条鉄道が西側をカバーしています。 多可町には現在鉄道線がなく、西脇市駅からのバスの便に乗換となります。
ただし、神戸市方面から北播磨医療圏内の三木市・小野市間の電車便のみはある程度確保されてはいますが、他はどの路線もおよそ1時間に1本もしくはそれ以下の本数程度です。 ただし、加東市や加西市を通る中国自動車道には医療圏内に大阪までの直通高速バスのバスストップがあり、また加東市や西脇市などからは路線バスで1時間に1本は神戸三宮に直通するバス便もありますので、 北播磨医療圏全体を見れば多可町以外はある程度の公共交通機関の便が確保されているとも言えます。

3北播磨医療圏の医療の現状

〈具体的な医療行政での対策を行った医療圏で、対策の効果が統計上に現れるのを待つ状態〉
北播磨医療圏には圏内各市に市立病院が存在して、更に多可町と小野市に公的病院が存在します。元々中核病院は市立西脇病院で、 一部中核機能を小野市民病院と市立加西病院が分担していましたが、平成25年10月に市立三木病院と小野市民病院を統合して北播磨総合医療センターを開院しました。 これにより現在は中核病院の役割を北播磨総合医療センターが担っています。統計上で北播磨総合医療センター開院前の時点では、 北播磨医療圏内には、22の病院と203の一般診療所(いずれも平成24年10月1日現在)が存在していました。
北播磨医療圏の問題としては、脳血管疾患対策への問題が挙げられていました。 平成22年1月の医療再生計画立案時点での北播磨医療圏内での脳血管疾患の入院専門治療ができる病院は市立西脇病院のみとなっていますが、 医療圏面積の広い北播磨医療圏の中で脳血管疾患発症後に市立西脇病院に搬送する迄の時間や、市立西脇病院自体の医療設備等の状況から見て、決して十分とは言えないものでした。
このため兵庫県が医療再生計画にて立案した市立西脇病院の機能強化を行い、北播磨総合医療センターの開院と合わせて脳血管疾患対策の問題の改善を実施しました。 現在北播磨総合医療センターが開院して間がないために県の統計上の具体的な数字での成果はまだ出ていないですが、今後は兵庫県の医療行政の成果の代表例として他の県内医療圏の参考になるのではないでしょうか。

4北播磨医療圏の医師数の現状

〈医師数不足が問題も、今後は地域医療連携システムの構築で働きやすい医療圏に〉
平成22年12月時点での北播磨医療圏内での人口10万人対医師数は171.7人で、兵庫県全県の226.2人、全国平均の219.0人と比較してもかなり少なく、 公立病院でも診断科によっては当直体制がとれないなどの弊害が出ています。 今後の行政で医師数増対策が課題です。
なお北播磨医療圏は、平成22 年1 月時点での地域医療再生計画にて、病院と一般診療所とが一体となって医療機能や役割の分担を行い、 地域全体での医療を確保する地域医療連携システムを構築するという地域医療再生計画の対象地域に選定されました。 これに基づき「北はりま絆ネット」と命名された地域医療連携システムが平成24年10月以降に医療圏内で本格運用を開始しています。
この「北はりま絆ネット」の運用結果についても現時点ではまだ統計上の具体的な数字の成果は集計されていませんが、今後目に見えた成果が現れることで行政的には他の医療圏での構築や運用に繋がると同時に、 医師にとっては現状で働きやすい医療圏という認識が広がり、北播磨医療圏内への医師数の増に役立つと期待されています。

兵庫県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		兵庫県のコンサルタントに求人紹介を依頼する