兵庫県「中播磨」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

兵庫県中播磨医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
中播磨医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

兵庫県の二次医療圏「中播磨」の概要と特徴

1はじめに

〈中播磨医療圏の概要-兵庫県の南西部の沿岸部から内陸部に位置する医療圏〉
兵庫県の二次医療圏である中播磨医療圏は、兵庫県の南西部に存在する、姫路市、神河町、市川町、福崎町の1市3町にて構成されている医療圏です。
姫路市に含まれる瀬戸内海の家島諸島まで含み、医療圏の総面積は約860平方キロメートル、平成23年11月1日の兵庫県推定による人口は、約58万人です。

2中播磨医療圏の持つ特徴

〈沿岸部分が中核都市の工業地帯の一方で内陸部には農村及び山岳地帯を持つ医療圏〉
兵庫県南西部に位置する中播磨医療圏は、南部を揖保川や市川が形成した播磨平野からなる一方で、北部には中国山地から南東縁の部分、またそれに連なる丘陵地帯からなります。 産業の点では中播磨医療圏内の姫路市が播磨臨海工業地帯の一角で、以前からの重厚長大型の工場から現在の多品種・少量型生産の工場まで、一大工業地帯を形成しています。
これにより姫路市は全国で初めての「政令指定都市に準ずる中核市」に認定され、現在も播磨地域の中心都市となっています。 一方で内陸部の神河町、市川町、福崎町は、農林業を基幹産業とする第一次産業が盛んな街で、近年は姫路市への通勤圏ともなっています。 公共交通の面では、医療圏の沿岸部に山陽新幹線の姫路駅があり、東西どちらからも交通の便が良いです。
また医療圏南部をJR西日本のJR山陽本線や山陽電気鉄道の山陽電鉄本線や山陽電鉄飾磨線が通り、南部の交通は至便です。また北部には姫路駅からJR播但線が通り、医療圏内の各自治体への足を確保しています。
道路では、自動車専用道として医療圏内南部を山陽自動車道が、また医療圏内中央部を中国縦貫自動車道がそれぞれ東西に貫通し、 また医療圏内を南北方向に播但連絡自動車道路が通って山陽自動車道と中国縦貫自動車道に接続して、圏内すべての自治体にICを持つなど、一般国道を合わせて道路面も資産に恵まれています。

3中播磨医療圏の医療の現状

〈中核都市部のみならず離島や山間部も医療圏に含むことで、救急医療体制の整備実行中〉
中播磨医療圏の中核病院は、県立姫路循環器病センター、姫路赤十字病院、姫路医療センター、製鉄記念広畑病院等が、5疾病5事業について分担している形を取っています。 また救命救急医療に関しては西播磨医療圏をも含めて対応を行っています。中播磨医療圏内にはこれらの病院を含め、39の病院と439の一般診療所(いずれも平成24年10月1日現在)があります。
中播磨医療圏の医療の現状での問題点は救急医療にあります。 中播磨医療圏には三次救急を担える病院が2ヶ所ありますが、1ヶ所は県立姫路循環器センターであることや、中播磨医療圏で西播磨地域の三次救急も受け持っていることから、 外傷患者や消化器系の救急患者の受け入れ体制が十分ではない点が問題となっています。
また、姫路市内の離島や医療圏内北部の山間地域からの救急搬送も、時間を要しているという現状があります。更に二次救急医療体制の維持が、 後に述べる医師不足の影響で困難になりつつある点も現状における問題点と言えます。
兵庫県もこの現状に対応すべく、県や市と町、医師会、医療機関及び消防との連携を密にして、各医療機関の機能に応じた患者の受け入れを等の病院間の連携体制構築、 現状での問題解決に向けた取り組み方針を協議検討するなど、効果的な対策に向けて対応を行うべく立案の検討中です。
また、中播磨医療圏と西播磨医療圏を包括した三次救急西播磨ブロックに対して、製鉄記念広畑病院に姫路救命救急医療センターを開設し、ドクターヘリの運行を含めた救命救急体制の整備を行う方策を立てています。 現在姫路救命救急センターは平成25年3月に開設され、ドクターヘリの基地としてのヘリポートが平成26年3月に運用開始しています。 現在ではまだ開設及び運用開始後の具体的なデータは出ていませんが、今後この姫路救命救急センターとドクターヘリの運用状況の実態を見極めた上で、次の保健医療再生計画にてより良い運用を行うべく方策を立案する予定です。

4中播磨医療圏の医師数の現状

〈医師数の不足と、無医地区に準ずる地区やへき地での医療の維持が現状の課題〉
平成22年12月時点での中播磨医療圏内での人口10万人対医師数は179.5人で、兵庫県全県の226.2人、全国平均の219.0人と比較しても少なさが目立ち、今後の県の行政施策で医師数増への対策が課題となっています。 さらに中播磨医療圏で医師が直面する現状として、へき地医療の問題があります。1市3町の中播磨医療圏の中で、1市2町に「無医地区に準ずる地区」が合計7ヶ所存在しています。
特に姫路市の無医地区に準ずる地区4ヶ所には家島諸島の有人島4島すべてが該当し、市川町と神河町の無医地区に準ずる地区3ヶ所には山間部の集落が該当しています。 家島諸島内の家島にはへき地診療所がありますが、3診療所で休日や夜間の在宅当番を担っていることで、従事医師の負担が過重となっている現状があり、 またへき地では医師不足のみならず現在地元で開業している医師の高齢化により、後継医師の確保が困難な状況があります。
兵庫県はこの現状に対して、へき地医療拠点病院である製鉄記念広畑病院からの代診医の派遣を行うなどして、診療所の医療従事の確保に努めるとともに、 中播磨医療圏北部地域のへき地診療所の安定的な運営を行うために、医療圏内南部にある製鉄記念広畑病院のみならず、北部地域に向けた新たなへき地医療拠点病院の整備を行うべく、現在方策の検討を行っています。

兵庫県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		兵庫県のコンサルタントに求人紹介を依頼する