兵庫県「西播磨」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

兵庫県西播磨医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
西播磨医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

兵庫県の二次医療圏「西播磨」の概要と特徴

1はじめに

〈西播磨医療圏の概要-兵庫県西部の南部沿岸部から内陸部に位置する医療圏〉
兵庫県の二次医療圏である西播磨医療圏は、兵庫県の最西部に位置する、相生市、たつの市、赤穂市、宍粟市、太子町、上郡町、佐用町の4市3町にて構成されている医療圏です。
本医療圏の総面積は約1500平方キロメートル、平成23年11月1日の兵庫県推定による人口は、約27万人です。

2西播磨医療圏の持つ特徴

〈沿岸部分が工業地帯の一角、内陸部には農村部及び山岳地帯を持つ医療圏〉
兵庫県西部に位置する西播磨医療圏は、医療圏北部は中国山地の一部にあたる丘陵や山地、医療圏中部はなだらかな丘陵地帯、医療圏南部は、河川下流部の平野や瀬戸内海の湾沿いの平地が広がっている地形です。 医療圏南部は古くから農業地帯として発展してきましたが、高度成長期以降には重化学工業を中心とした工場の立地も進み、海岸部分や海岸埋立地は工業地帯が形成されています。 一方で瀬戸内海を利用した漁港や近年はリゾート施設等も立地しています。
公共交通は、医療圏内に山陽新幹線の相生駅があり、また在来線では沿岸部分にJR西日本のJR山陽本線とJR赤穂線、内陸部にはJR姫新線が通っていて、姫路・神戸方面や岡山方面への交通は一定の本数を確保しています。 更に上郡町から佐用町を通り鳥取に至る智頭急行智頭線が敷設されたことで、本医療圏内南部から中北部、鳥取方面への移動時間も短縮され、圏内の一定の公共交通の足は確保されています。 また道路は、東西方向に中国自動車道と山陽自動車道の2本の自動車専用道路が貫通し、更に南北方向には播磨自動車道と鳥取自動車道が一部区間開通しています。 また一般道では東西方向に国道2号線と国道250号線が、北方向には国道179号線、国道373号線があり、その他の県道が医療圏内の各市町間を結んでいて道路も整備されています。

3西播磨医療圏の医療の現状

〈医療圏内に救命救急センターを持たないため、隣接の中播磨医療圏との緊密な連携が必要〉
西播磨医療圏の中核病院は、主に赤穂市民病院が担っています。本医療圏内にはこれらの病院を含め、25の病院と188の一般診療所(いずれも平成24年10月1日現在)があります。 本位医療県の医療の現状として小児救急医療・救急医療体制の整備の遅れがあります。 本医療圏内には3次救命救急センターと3次小児救急医療機関が無く、3次救急救命センターは隣接する中播磨医療圏の県立姫路循環器病センター及び製鉄記念広畑病院を、 3次小児救急医療機関は神戸医療圏の県立こども病院を指定していますが、いずれも本医療圏内から離れていて搬送に時間が必要な現状があります。
この点を兵庫県も行政上の課題と考えていて、将来的には本医療圏内への救命救急センターの設置を目標としていますが、現時点での対応としては中播磨圏域との連携の強化を図りスムーズな救急医療体制を構築する目的で、 「中播磨・西播磨圏域保健医療連絡調整会議」のような調整の場を複数設置して、本医療圏内の3次救急医療体制が整備されるまでの間は中播磨医療圏との連携強化により円滑な救命救急医療を進める方策を行っています。

4西播磨医療圏の医師数の現状

〈脳卒中など後遺症が残る疾病から回復時の地域リハビリテーションシステムの構築が課題〉
平成22年12月時点での西播磨医療圏内での人口10万人対医師数は154.5人で、兵庫県全県の226.2人、全国平均の219.0人と比較しても少なさが目立ち、兵庫県の二次医療圏の中でも最低の数です。 そのため今後の県の行政施策で医師数増への対策が重要な課題となっています。
今後は兵庫県が主導する地域医療確保対策圏域会議等を通じて、本医療圏内での医療体制の実態の把握と情報の共有を図るとともに、医療機関の地域偏在や診療科偏在などの課題の解決に向けた方策を検討する予定です。 さらに本医療圏で医師が直面する現状として、地域リハビリテーションシステムの構築の問題があります。
本医療圏での在宅ケアとして医療圏内のリハビリテーション提供体制が重要となっていて、現在のところは「全県支援センターである西播磨総合リハビリテーションセンター」と 「医療圏支援センターである赤穂中央病院」が中心となっています。
また脳卒中からの地域リハビリテーションシステムにおいては、既に隣接する中播磨圏を中心に急性期、回復期、維持期の脳卒中病院間ネットワーク(名称:中播磨シームレスケア研究会)が進んでおり、 本医療圏からも平成24 年度9月時点で4病院がネットワークに参加して、連携を進めています。 しかし本件の課題として、本医療圏内に地域リハビリテーションシステムの構築を推進するため、既存の医療機関と在宅ケアの関係機関との連携が現状以上に必要になります。
兵庫県の医療行政もこの点を重要な課題と考えていて、退院後の在宅ケアによる治療回復を円滑に行うため、医療機関の地域医療連携室等と地域包括支援センター等の連携体制の構築を今以上に進め、 既存の医療機関の在宅ケアの関連機関が患者の情報を共有して、連携を持って対応できるような体制を構築する施策を持っています。 また将来的には脳卒中の地域リハビリテーションシステムは、医療圏支援センターが全県支援センターからの支援を受け、県、市や町、在宅ケア関係機関等の参加や理解のもとに構築を進める施策を立てています。
ただしそのような地域リハビリテーションシステムが構築される前の現時点での脳卒中からのリハビリテーションにおいては、中播磨医療圏を中心に進めている脳卒中病院間ネットワークへ本医療圏の医療機関も積極的に参加して、 急性期から回復期、維持期の切れ目のないリハビリテーションの供給体制の構築を図り、将来の本医療圏内での地域リハビリテーションシステムの構築に役立てるような体制づくりを目指した施策を行っています。
このため、今後の本医療圏での脳卒中その他の病気からの在宅ケア医療は、リハビリテーションシステム構築の元で行われる計画であり、 本医療圏の医師も支援を受けつつ安心してリハビリテーションを含む治療に専念できる環境が整う予定です。

兵庫県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		兵庫県のコンサルタントに求人紹介を依頼する