兵庫県「丹波」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

兵庫県丹波医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
丹波医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

兵庫県の二次医療圏「丹波」の概要と特徴

1はじめに

〈丹波医療圏の概要-兵庫県の東部内陸部に位置する医療圏〉
兵庫県の二次医療圏である丹波医療圏は、兵庫県の東部に存在する、篠山市、丹波市の2市にて構成されている医療圏です。 医療圏の総面積は約2130平方キロメートル、平成23年11月1日の兵庫県推定による人口は、約11万人です。

2丹波医療圏の持つ特徴

〈山間部の農業を中心産業とした医療圏で、交通の便はある程度確保〉
兵庫県東部の丹波医療圏は中国山地の最東部に位置して、圏内のほぼ全域を山岳地の延長からなる丹波高原の丘陵地帯とその中に形成された盆地の数々からなっていて、 兵庫県内を流れる加古川や武庫川、由良川等の源流地域でもある農山村地帯が中心です。
産業は農業が中心で、篠山市では黒豆、松茸など「丹波篠山産」というブランド名を持った数々の農産物と、農産物を使用した加工食品の製造業が主産業になっています。 他には「篠山城」を中心とした城下町や日本六古窯の一つ、「丹波焼」の窯元の街という観光資源も持ち併せて、観光業も盛んです。 一方で丹波市も農業が中心で、「丹波大納言」というブランドの小豆などの農産物や、その農産物を使用した加工食品の製造業が主産業となっています。
公共交通の面では、医療圏内をJR西日本のJR福知山線がほぼ南北に貫き、医療圏内の篠山口駅までは毎時2本大阪駅からの直通列車が走っています。 篠山口以北の篠山市と丹波市内を走るJR福知山線電車は昼間時間帯で普通列車、特急列車ともに1時間に1本程度の運行であり、最低限の住民の足が確保されていると言えます。 一方道路では、医療圏内を自動車専用道の舞鶴若狭自動車道が南北方向に貫通して、医療圏内の篠山市、丹波市それぞれにICを持っていて、医療圏内を東西方向、 南北方向に縦断する国道の数々と合わせて、道路状況は充実していると言えます。
また丹波市北部に北近畿豊岡自動車道が一部開通して丹波市内にICが設けられ、これによって神戸、 大阪方面から但馬地区の観光地へ向かう高速乗合バスの路線が丹波市内を経由して市内に複数の停留所が設置されたことで、 大都市と医療圏内の交通の便が鉄道以外にも確保されるようになりました。

3丹波医療圏の医療の現状

〈急性脳疾患の救急医療体制が弱点で、他医療圏との協力で現状では救急医療体制を確保〉
丹波医療圏の中核病院は、県立柏原病院が担っていますが、糖尿病治療に関しては柏原赤十字病院も機能を分担しています。 丹波医療圏内にはこれらの病院を含め8の病院と84の一般診療所(いずれも平成24年10月1日現在)があります。
丹波医療圏の医療の現状での問題点は急性脳疾患の救急医療にあります。丹波医療圏の中核病院である県立柏原病院は、救命救急センターこそ持っていないものの、3次救命救急機能を有しています。 しかし急性脳疾患の救急機能を有していないことから、阪神北圏域、神戸圏域北部、京都府の福知山市などの他の医療圏に搬送して対応してもらっている現状があります。 ただし急性脳疾患の医療は発症後に治療を開始するまでの時間が最も大切で、搬送によりその必要開始に至る時間をロスする事にもなりかねません。
この点を重要視している兵庫県の医療行政では、ゆくゆくは丹波医療圏内の急性脳疾患の3次救命救急医療体制も構築する計画ですが、現状では他圏域への迅速な救急搬送にて対応する施策にて対応しています。 丹波医療圏内では、但馬医療圏の救命救急センターが設置されている公立豊岡病院が平成22年に丹波市を運行範囲に含むドクターヘリの就航を行い、 次いで東播磨医療圏の救命救急センターが設置されている県立加古川医療センターが平成25年に篠山市を運行範囲に含むドクターヘリを導入しています。
これによって丹波医療圏全域がドクターヘリの就航範囲に入りますが、その運用状況や効果を確認した上で、次回の県の保健医療計画において更に具体的な方策の立案を行う予定となっています。

4丹波医療圏の医師数の現状

〈医師数の不足と、安心して医療圏内で出産が行えるような周産期医療体制の確立が課題〉
平成22年12月時点での丹波医療圏内での人口10万人対医師数は165.7人で、兵庫県全県の226.2人、全国平均の219.0人と比較しても少なく、兵庫県内の医療圏別では下から3番目の少なさです。 今後の県の行政施策で医師数増への対策が課題となっています。
さらに丹波医療圏で医師が直面する現状として、周産期医療に関する問題があります。 兵庫県保健医療計画によれば、丹波医療圏内には3ヶ所の産科病院があるものの、丹波医療圏内に居住する妊婦の約半数が、阪神北医療圏、北播磨医療圏などの他の医療圏域にて出産を行っている現状があるとされています。
丹波医療圏の中核病院である県立柏原病院が地域周産期母子医療センターの協力病院に設定されていますが、丹波医療圏内に地域周産期医療センターを持たず、 県立柏原病院では高度な24時間医療体制の整備がまだできていないなどの問題がある点が原因となっています。
この点を兵庫県の医療行政では問題としていて、将来的には県立柏原病院の機能を充実させて地域周産期医療センター指定を目指して計画を立案していますが、 現状では比較的近隣である神戸医療圏や阪神北医療圏の三田市などとの連携で対応するとともに、経過観察的な集中治療を行う機能の確保を県立柏原病院に図るなどして、 徐々に県立柏原病院の周産期医療に関する機能を上げていく方策を取っています。
同時に丹波市では産科医院開設にあたっての開設補助制度を設けていて、今後この広報にも重点を置く計画です。

兵庫県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		兵庫県のコンサルタントに求人紹介を依頼する