京都府「南丹」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

京都府南丹医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
南丹医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

京都府の南丹医療圏

南丹医療圏の市区町村別の医師求人を探す

京都府の二次医療圏「南丹」の概要と特徴

1京都南丹二次医療圏の特色

〈古くは交通の要所として栄えた場所、しかし今は過疎化が進む〉
京都南丹二次医療圏は亀岡市、南丹市、京丹波町の2市1町から構成される京都府のほぼ中央部に位置する二次医療圏で、 西で兵庫県、南西で大阪府に接し、北東は福井県に面する形となっています。 南丹二次医療圏には渓谷や神社仏閣、鍾乳洞などの観光資源が豊富に有り、春日神社や日本最古の住宅である石田屋住宅など重要文化財が各所に点在しています。
また南丹二次医療圏は、山陰街道、篠山街道などの路が交差する土地であり、交通の要所として古くは発展した地域となっていましたが現在は京都市中心部、 大阪方面に人が集中し過疎化が進みつつあります。

2京都南丹二次医療圏の交通

〈西日本旅客鉄道の山陰本線がメインの路線となっている〉
京都南丹二次医療圏には西日本旅客鉄道の山陰本線が走っており、京都駅から亀岡市の亀岡駅、南丹市の園部駅、京丹波町などに向かうことができます。 山陰本線は、京都中心部から北西に進路を取り福知山市方面に向かう路線です。 山陰本線は園部駅までは嵯峨野線とも呼ばれていますが、路線の厳密な区別はされていない状況です。
一方、亀岡市には観光路線である嵯峨野トロッコ鉄道の終端駅であるトロッコ亀岡駅も存在しています。 また現在、北陸新幹線の駿河駅から亀岡市を通り、新大阪駅に向かう新たな新幹線の路線として若狭ルートが計画されています。

3京都南丹二次医療圏の医療

〈現在南丹二次医療圏の中心となっているのは公立南丹病院〉
京都南丹医療圏は医療圏内に放射線治療を行う医療機関がありませんでした。 そのため、京都・乙訓二次医療圏、中丹二次医療圏に存在するがん治療の拠点病院との連携をはかり、 がん治療に関して迅速な対応が出来るように連携体制が定められた経緯があります。南丹二次医療圏で中心となる医療機関は公立南丹病院で、 診療部放射線科、放射線技術科などの設備を配備し、消化器系がんなどの治療に取り組んでいます。
さらに公立南丹病院は救急医療にも対応しており、24時間体制で患者への対応のために医師が日夜勤務しています。 また京都府全体で情報通信技術を利用した連携体制を高めつつ患者が自分の健康状態をすることでかかりつけ医、 保険センター等の支援を得ながら自分自身の健康を管理することができる「京すこやか健康管理システム」を構築しています。

4京都南丹二次医療圏の医師

〈京都府の中でも医療資源の不足が顕著となっている医療圏〉
地域医療情報システムによると、京都南丹二次医療圏の医師数は258名となっていて人口(2010年の国勢調査の時点で約14万人)10万人あたりに換算すると179.9名となります。 この値は全国平均値219.0を大幅に下回っており、京都南丹二次医療圏は医師不足が課題となっている土地だと言えます。
また、この値を京都府の二次医療圏全体と比較した時も山城南二次医療圏、山城北二次医療圏に次いで低い値となっており、 面積あたりの病院施設数、診療所施設数も病院数診療所数共に丹後二次医療圏に次いで少ない事から、医療資源の不足した医療圏だという事が推定されます。
さらに京都の医療圏は京都市付近への医師の偏在が激しくなっていて、南丹医療圏を含む京都府の北部地域の医療資源は乏しくなっている状況です。 京都南丹二次医療圏では2010~40年にかけて、0~64歳の医療需要は39%減75歳以上の医療需要は41%増と予想されています。 このデータからわかるように京都南丹医療圏では高齢者を対象とした医療がこれからますます必要とされていくことになるでしょう。

京都府の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		京都府のコンサルタントに求人紹介を依頼する