大阪府「三島」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

大阪府三島医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
三島医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

大阪府の二次医療圏「三島」の概要と特徴

1はじめに

〈三島医療圏の自治体と概要〉
大阪府の二次医療圏である三島医療圏は、主に大阪市から見て北北東方向の、淀川右岸地域の自治体で構成されています。 該当する自治体は、茨木市、高槻市、摂津市、島本町の全3市1町です。
三島医療圏の面積は約75万平方キロメートル、人口はおよそ21万人(平成22年度国勢調査)です。 古代より京都と中国地方、四国地方を結ぶ「西国街道」沿いに栄えた地域で、医療圏の南部は淀川やその支流が形成した三角州性低地の平地、 中部から北部は京都府との府境部に向かう丘陵、山岳地帯となっています。

2三島医療圏の持つ特徴

〈大都市のベッドタウン、工業地帯、工業地帯の従業員在住者が混在するエリア〉
現在の三島医療圏には、大阪市から阪急電鉄の阪急京都本線とJR西日本の東海道本線(JR京都線)が摂津市、茨木市、高槻市、島本町を貫いています。 近年阪急に摂津市駅、JRに島本駅が開業したことで、両線とも全自治体に駅を持つことになりました。 住民はこれらの公共交通機関を使用することで大阪市方面や京都市内への通勤や通学が可能で、このエリアは大阪市や京都市のベッドタウンという役割を担っています。
その一方で、この医療圏内には大企業の工場などの事業所も数多く抱えて工業地帯を成していて、圏外からの従業員も数多く受け入れている面もあります。 更にこの医療圏内に通勤する従業員も多数在住していて、医療圏内の事業所に勤務する人々の近接住居という役割も併せ持っているエリアと言えます。

3三島医療圏の医療体制の現状

〈圏内の医療機関相互での地域連携クリティカルパスのさらなる進化が施策として実行中〉
三島医療圏内には公立病院が存在せず、圏内の高槻病院、北摂総合病院、高槻赤十字病院、大阪府済生会茨木病院などが地域や診療科毎に中核病院の役割を分担しているような体制となっています。 平成23年10月1日現在での三島医療圏での病院数は39、一般診療所数は507であり、三島医療圏の面積および人口の圏内分布を考えると、ある程度充実していると言えます。
また、三島医療圏は医療機関の機能分化と連携の強化を図る目的で、地域連携クリティカルパス(以後パス)が先駆的に導入されていました。 元々医療圏内の高槻医師会で始められ運用されたパスが、他の自治体の医師会の協力も得て平成22年12月から三島圏域地域連携クリティカルパスと発展して、 三島医療圏内での広域適用が行われるようになりました。
パスは現在のところ傷病毎であり、平成23年末の時点で運用症例数は各年度300件足らずとまだまだ改善の余地が十分にあり、 圏内で働く医療関係者にとっては更に労働環境が良くなる医療行政の方向性が示されつつあります。

4三島医療圏の医師数の概要と特徴

〈医師数は多いが病床数が不足、治療が圏内で完結する医療体制の構築を〉
平成22年度の調査によれば、三島医療圏の人口10万人あたりの医師数は243.5人で、大阪府全体の260.8人を下回っているものの、全国平均の219.0人よりは多くなっています。 三島医療圏の医療機関数がある程度の規模であることと、総人口や新規転入人口も増加の傾向であることから、このような状況と考えられます。 ただし、人口10万人あたりの病床数は879であり、大阪府全体の997には達していません。
病床数の不足は患者を他の医療圏に流出させざるをえない状況となり、患者側の身体的、精神的な負担にもなりますので、三島医療圏内で治療を完結させるためにも病床数の確保と、 病床数に合わせた医師の確保が今後の三島医療圏の課題となっています。

大阪府の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		大阪府のコンサルタントに求人紹介を依頼する