大阪府「泉州」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

大阪府泉州医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
泉州医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

大阪府の二次医療圏「泉州」の概要と特徴

1はじめに

〈泉州医療圏の自治体と概要〉
大阪府の二次医療圏である泉州医療圏は、主に大阪市から見て南西方向の、大阪湾沿岸地域の自治体で構成されています。 該当する自治体は、和泉市、泉大津市、高石市、岸和田市、貝塚市、泉佐野市、泉南市、阪南市、忠岡町、熊取町、田尻町、岬町の全8市3町です。
泉州医療圏の面積は約440平方キロメートル、人口はおよそ92万人(平成22年度国勢調査)です。 畿内の旧・和泉国から政令指定都市の堺市を除いた自治体で構成されていて、古代から紀州街道沿線で結びつきが強い地域です。

2泉州医療圏の持つ特徴

〈大阪や堺市のベッドタウンで関空開港後にさらなる人口増がみられる医療圏〉
現在の泉州医療圏には、大阪市からJR西日本のJR阪和線と南海電鉄の南海本線が貫通していて、更に南海電鉄の支線や水間鉄道、泉北高速鉄道などの路線も通っていて、 泉州医療圏南部の和泉山地の部分を除けば、公共交通の便は良好と言えます。
更に圏内に関西国際空港(関空/KIX)が建設されたことにより、鉄道/自動車道とも大阪市内のみならず関西地方各地からの交通の便が格段に良くなりました。 そのため泉州医療圏内には、これらの交通の便を利用した大阪市や堺市の工業地帯従業員のベッドタウンが多くあり、また新たに建設された関空関係者の住居地も建設されるなどとして、 今後も人口増が見込まれる医療圏になりました。

3泉州医療圏の医療体制の現状

〈圏内救急医療体制の維持と充実、住民に対する救急医療への意識啓蒙が課題〉
泉州医療圏の中核病院は、圏域北部の市立岸和田市民病院と圏域南部のりんくう総合医療センターがそれぞれの地区を担っている状況です。 平成23年10月1日現在での泉州医療圏での病院78か所、一般診療所663です。
泉州医療圏の問題として、初期救急医療体制の充実が必要な点が挙げられます。 本医療圏では夜間帯の初期救急医療機関数が限られていることから、本来初期救急医療の対象となるべき軽症救急患者の多くが二次救急医療機関を受診することになり、 それによって二次救急医療機関の疲弊や機能低下を招き、本来二次救急医療の対象であるべき重症の患者への対応ができなくなっている現状があります。 更にそのしわ寄せが三次救急での対応にまで及び、今後三次救急医療体制をも圧迫することになりかねません。
大阪府もこの点を重要視していて、今後初期救急医療機関の充実と共に、住民に対しての救急医療への意識の向上を行うべく、行政としての施策を行っています。

4泉州医療圏の医師数の概要と特徴

〈医療圏で死因の多い急性心筋梗塞への、医療機関同士の連携のさらなる構築が必要〉
平成22年度の調査によれば、泉州医療圏の人口10万人あたりの医師数は196.9人で、大阪府全体の260.8人はもとより、全国平均の219.0人をも下回っています。 泉州医療圏の医療機関数は近年充実しつつありますが、圏内への転入人口もそれ以上の増加傾向から、このような状況と考えられます。
泉州医療圏の課題は、急性心筋梗塞の保健医療体制です。現在平成19年から平成21年まで統計での泉州医療圏での急性心筋梗塞での年齢調整死亡率は、 男性24.7、女性10.8であり、大阪府府全域の値(男性18.9、女性7.9)と比較しても男女共に高い値となっています。
具体的に地域性のある原因にまでは言及されていませんが、大阪府としては急性心筋梗塞の発生要因となる禁煙指導や生活習慣改善指導などを住民に行うと同時に、 泉州医療圏内での心筋梗塞治療に対する地域連携クリティカルパス制度を導入して、急性期/回復期/再発予防期の各期においての医療連携と患者への意識付けを行ってきました。
現在はそのアウトプットが出て効果を検証している最中で、継続して効果検証とそれに合致した取り組みを行っていくことで、患者の再発予防のみならず、 急性期医とかかりつけ医の両方にとっても働きやすい環境での医療が提供可能になるでしょう。

大阪府の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		大阪府のコンサルタントに求人紹介を依頼する