滋賀県「湖北」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

滋賀県湖北医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
湖北医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

滋賀県の二次医療圏「湖北」の現状と未来

1はじめに

〈滋賀県の湖北医療圏の概要〉
滋賀県の二次医療圏である湖北医療圏は、滋賀県の最北部に存在する医療圏で、長浜市、米原市の2つの自治体から構成されています。 圏内の総面積は約930平方キロメートル、人口は平成22年国勢調査でおよそ、16万4千人です。
本医療圏は近江盆地北部から鈴鹿山脈や野坂山地の山岳部に至る地区にあり、天野川、姉川、高時川等の流域に広がっていて、 盆地部は三角州性低地や扇状地性低地が広がっていますが、東部は鈴鹿山脈の急峻な山々となり、北部は野坂山地の山塊となっています。

2湖北医療圏の特徴

〈滋賀県北部の歴史に名を残す地域で、各産業がバランスよく発達する医療圏〉
平成の大合併の際に長浜市と米原市の2自治体に再編された湖北医療圏は、古代から北国街道の起点として栄えた地域です。 また戦国時代には「姉川の戦い」や「賤ヶ岳の戦い」、そして豊臣秀吉がまだ木下藤吉郎と呼ばれていた頃に初めて城を与えられた 「長浜城」などの舞台として小説やドラマ等でしばしば名前が登場する地域を含んでいます。 明治時代以降は本医療圏内の米原駅が、東海道本線と北陸本線の接続駅として賑わいました。
本エリアでは、第一次、第二次、第三次の各産業がバランスよく発達しています。 第一次産業の中心は農業で、水稲をはじめとしてメロンや赤かぶなどの農産品をはじめ、もぐさの原料のヨモギなどが主要収穫物です。 第二次産業では、伝統工芸品である仏壇や真綿の製造や、近年人気が高くなってきた長浜市のガラス工芸品などが有名ですが、 他にも各製造業の工場や研究所が本医療圏内にいくつもあり、工業生産高も増えつつあります。 第三次産業では、主に前に述べた歴史遺産や、琵琶湖に浮かぶ観音信仰の島である竹生島などに加え、 近年では長浜市の街並み自体を観光資源とするなどの取り組みでの観光業の促進が行われて、近年は観光客が増加しています。
公共交通の点では、鉄道網では東海道新幹線の米原駅が本エリア内にあり、東京や大阪方面との往来は非常に便利です。 また米原駅でJR東海とJR西日本のエリアが分かれるJR東海道本線は本医療圏内を東西に通じ、JR西日本のJR北陸本線が本医療圏内を南北に縦断しています。 直流電化の敦賀への延伸で大阪方面からの新快速電車が直接本医療圏に乗り入れるなど、鉄道はかなり至便になっています。 鉄道沿線以外ではバス路線の利用になりますが、路線によって便数に大きな差があるため、自家用車の利用等も考慮に入れておいた方が良いでしょう。
一方で道路の点では、自動車専用道では本医療圏内にて名神高速道路と北陸自動車道が分岐して、両方で合計3ヶ所のICが設置されていて、 関西方面、名古屋方面、北陸方面のいずれにも道路交通は至便と言えます。 一般道も国道21号線や国道8号線,国道365号線を軸として本医療圏内外に道路網が張り巡らされていて、 鈴鹿山脈や野坂山地の山岳地帯以外では自動車での移動は容易に行えます。

3湖北医療圏の病院の現状

〈一次救急医療資源の不足で二次/三次救急医療への負担増を減らすための施策実行中〉
湖北医療圏の中核病院は長浜赤十字病院が担っていて、圏内には平成24年4月1日時点で4の病院と114の一般診療所が存在します。 本医療圏の問題として、救命救急医療の問題があります。本医療圏内の一次救急を担っていた休日急患診療所のうち2カ所が廃止されたことで、 救急告示指定病院である市立長浜病院と湖北総合病院、及び救命救急センターに指定されている長浜赤十字病院が受け皿となっています。
しかし湖北総合病院自体も医師の不足により救急医療体制を縮小せざるをえなくなり、救命救急センターに指定されている長浜赤十字病院と 市立長浜病院の救命救急医療への過重な負担が掛かっている現状があります、そのため本医療圏内の一次救急医療を担う体制を充実させる必要があります。 この点を滋賀県としても重要な医療行政の問題と考えていて、救急医療に関する体制の見直しを行政施策として挙げています。
在宅医療拠点施設や休日急病診療所、及び訪問看護ステーションの機能を併せ持った「地域医療支援センター」を本医療圏の一次救急医療を担う単位毎に設置し、 本センター内で担当する休日急病診療所が救急医療の中でも軽症患者に対応することで、本医療圏の二次救急病院に携わる医師の負担を軽減することを目標としています。
また二次救急病院の体制の充実を図り、救急患者の受け入れを確実なものとする点や、 三次救急については本医療圏の長浜赤十字病院が救命救急センターとしての重篤な救急患者の受け入れ体制を充実して、 本医療圏内全体の救急医療全体の役割分担を明確にする点、また長浜赤十字病院と市立長浜病院、隣接医療圏の彦根市立病院との連携や協力体制を強化することで、 二次救急医療と三次救急医療体制を十分に確保していく点を重点課題として施策を行っています。 この施策の実行により、救急患者にとってはより治療を受けやすい環境となり、救命救急に携わる医師にとってもより働きやすい医療圏となるでしょう。

4湖北医療圏の医師数の現状と未来

〈滋賀県での医師不足の解消と、回復期医療の整備と連続した医療提供が重要な行政課題〉
滋賀県では慢性的に「医師数不足」という問題があり、平成22年12月31日現在での人口10万人あたりの医師数は、滋賀県は195.4人と全国の219.0人を下回っています。 医療圏毎の人口10万人あたりの医師数のデータは公開されていませんが、湖北医療圏は滋賀県内でも医師が少ない医療圏とされていて、 県全体として医師不足の解消が行政施策となっています。
また本医療圏の医師の問題として、医療連携体制の問題があります。本医療圏内には回復期リハビリ病床が皆無のため、急性期病院退院後の患者の受け皿となる病床が無く 、急性期後の回復期に十分なリハビリテーションが実施されないままで患者が在宅に戻ってくるケースもあります。 そのため急性期医療での患者の、入院から在宅療養に至る円滑な医療サービスの移行が困難となってしまう問題点があります。
滋賀県としてもこの問題を重要視していて、本医療圏内に回復期リハビリ病床を整備することで、在宅医療の推進を図る施策を行っています。 具体的には地域の在宅医療の中心となる「(仮称)リハステーション」を設置し、関係機関や施設が連携した回復期医療の提供体制の構築を行うことを 施策として挙げています。
また、地域の医療資源の役割分担と連携を推進するため、本医療圏内に在宅医療拠点施設や休日急病診療所、訪問看護ステーションおよび薬局等を統合した 「地域医療支援センター」を設置した上で、各医療機関との連携を充実させるために地域連携クリティカルパスの推進を図ることも施策としています。 このように滋賀県としても医療機関のみならず医療関連機関を取り込んだ上での多角的なサービスが可能となる施策を行っていて、 今後本医療圏内の医療連携体制が構築の暁には患者、医師両方にとって便利な医療圏となるでしょう。

滋賀県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		滋賀県のコンサルタントに求人紹介を依頼する