和歌山県「有田」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

和歌山有田医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
有田医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

和歌山県の二次医療圏「有田」の現状と問題点

1はじめに

〈和歌山県の有田医療圏の概要〉
和歌山県の二次医療圏である「有田医療圏」は、有田市、湯浅町、広川町、有田川町の1市3町からなる医療圏です。 本医療圏は和歌山県中部の海岸部から山間部に到るところに位置し、紀伊山地の山々と紀伊水道に面するリアス式海岸からなります。
本医療圏の面積は約480平方キロメートル、平成22年国勢調査による人口は約7万9千人で、和歌山県全県と比較して少々高齢化率が高くなっている医療圏です。

2有田医療圏の生活状況

〈日本でも有数なみかんの産地として有名で、他にも水産業や工業が盛んな医療圏〉
有田医療圏の基幹産業は、農業を中心にした水産業と工業です。農業の面では、日本でも有数の温州みかんの産地で、「有田みかん」という有名なブランド名で全国に向けて出荷されています。 みかん以外にも様々な種類の柑橘類を中心に野菜や果物が生産されています。 漁業の面では、日本一の漁獲高を誇るタチウオをはじめ、シラス、アジ、サバ、マダイ等が水揚げされています。
工業の面では、本医療圏の地域での地場産業であった蚊取り線香や作業用手袋の製造が長年行われていましたが、現在では石油精製会社の基幹工場があり企業城下町となっています。 公共交通では、本医療圏内をJR西日本のJR紀勢本線が通っていて、沿線からは県庁所在地の和歌山市方面及び関西圏方面への鉄道の便に恵まれています。 鉄道の沿線以外はバスの便になりますが、地域によってバスの便数に大きな差があるため、本医療圏内の移動手段には自家用車も検討する必要があります。
一方で道路網の点では、自動車専用道として本医療圏内を湯浅御坊道路が南北に貫き、5ヶ所のICを持っていて利用至便です。 一般道では、国道42号線や国道480号線を幹として、他の国道や県道が本医療圏内外の各方向に通じており、医療圏内西部の紀伊山地の山岳地域以外では、道路網も整備されています。

3有田医療圏の医療体制

〈医療圏内での救急医療完遂率が50%強に過ぎず、救急医療体制の強化が必要〉
有田医療圏では有田市立病院が中核病院の役割を受け持っています。本医療圏内には平成22年の厚生労働省医療調査によれば、病院6ヶ所、一般診療所77ヶ所があります。 本医療圏の医療体制の課題として救急医療体制の問題があります。 本医療圏での救急医療の現状は、初期救急医療機関として有田地方休日急患診療所が対応を行い、二次救急医療として医療圏内の救急告示病院5病院で対応を行っています。
一方で本医療圏は道路網の整備により短時間で隣接する和歌山医療圏もしくは御坊医療圏へ救急搬送を行える背景があり、 本医療圏内の救急完遂率は平成23年度の有田市消防本部等のデータによれば51.2%と約半数であり、約48%の救急患者が隣接医療圏に流出している状況です。 この点から和歌和県では新たな救急体制の構築が行政上の課題となっています。
現状での施策としては、本医療圏内の救急医療体制強化のために、有田市立病院で日曜日昼間の時間帯に医師2名体制による救急診察を行うことを実施しています。 今後は体制をさらに強化するため、本医療圏内の救急告知病院と有田地方休日急患診療所との救急病診連携の現在以上の拡充を行うため、 各医療機関や自治体、消防機関等と協議を行い、本医療圏内で救急完遂率を向上させるための具体的な施策を立案していく計画です。

4有田医療圏の医師数の現状

〈施策としての病院勤務医増と、がん治療での医療圏内の病院の整備による拠点化が必要〉
平成22年の厚生労働省の医師・歯科医師・薬剤師調査によれば、有田医療圏の人口10万人あたりの医療施設従事医師数は165.2人で、 全国平均219.0人や和歌山県全体の平均257.5人との比較でも極めて低い値となっていて、医師不足の解消が重要な行政課題となっています。
特に本医療圏では病院で働く医師の割合が45.4%と、全国平均の64.5%や和歌山県平均の60.1%と比較して極端に少なく、病院で働く医師の確保が最も優先される行政課題です。 また本医療圏の現状として、がん医療に関する問題があります。
厚生労働省の「がん診療連携拠点病院の整備に関する指針」にて、がん診療連携拠点病院を二次医療圏に1ヶ所程度指定する方針が打ち出されていますが、 本医療圏内には国の指定した条件を満たす拠点病院のみならず、県が独自に定めた「和歌山県がん診療連携拠点病院」も存在せず、 特にがん治療においての「放射線治療が可能な病院」や「緩和ケアを提供できる病院」などが存在せず、 これらの治療を隣接の和歌山医療圏や御坊医療圏に委ねている現状があります。
和歌山県としてはこのような問題点を解消するための施策として、本医療圏でのがん医療体制の充実を図り、放射線治療の実施や緩和ケアの提供などの医療設備を充実させて、 医療圏内での十分ながん治療を行うことが可能となり、がん患者への治療の負担が減るような計画を立てています。
また一方ではがん予防の面からも、本医療圏内全体でのがん健診の受診率向上や未成年の喫煙の防止の啓発を行うことも施策としています。 今後本医療圏ではがん治療への整備が行われる計画ですので、がん治療に携わる病院勤務医の需要がより増えるものとなります。

和歌山県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		和歌山県のコンサルタントに求人紹介を依頼する