和歌山県「橋本」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

和歌山橋本医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
橋本医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

和歌山県の二次医療圏「橋本」の現状と問題点

1はじめに

〈和歌山県の橋本医療圏の概要〉
和歌山県の二次医療圏である「橋本医療圏」は、和歌山県北東部の橋本市、九度山町、高野町、かつらぎ町の1市3町からなる医療圏です。 本医療圏は和歌山県北東部の内陸部に位置します。 本医療圏の面積は約463平方キロメートル、平成22年国勢調査による人口は約9万4千人で、和歌山県全県と比較すると高齢化率は少々低くなっています。
本医療圏の北部を和泉山地の山々が、南部を紀伊山地の山々が占め、医療圏内中央部を東から西に流れる紀の川の沿岸地区にのみ大きな平地が存在する医療圏です。

2橋本医療圏の生活状況

〈真言宗総本山の高野山とその入山口の地域の医療圏で、農業や伝統工芸品製造が有名〉
橋本医療圏は現在から1200年前に開山した高野山の寺内町を含み、元々は地域の多くが高野山やその登山口としての意味合いを持った地域でした。
現在も高野山は「世界遺産 紀伊山地の礼状と参詣道」に含まれる地域として、真言宗の修行場のみならず数々の遺跡や文化遺産を持つ観光地として人気が高いです。 観光分野以外の本医療圏の基幹産業は農林業で、特に九度山町の柿やかつらぎ町の各種フルーツなどの農業特産品があり、医療圏の農業の主要農産物なっています。
一方で林業は、本医療圏の橋本市が元々紀伊山地から切りだされた木材の集積場として賑わった街ということもあり、現在も森林資源の集散地として有名です。 また工業分野では伝統工芸品である「紀州へら竿」や「パイル織物」が日本でも高いシェアを誇っています。
近年は大阪・難波から伸びる南海高野線の沿線として、本医療圏北側の和泉山地に「林間田園都市」という名の大規模住宅地が造成されて、 大阪圏へのベッドタウンとしての人気も高くなっています。
公共交通では、JR西日本のJR和歌山線が本医療圏を東西に横断し、また南海電鉄の南海高野線が本医療圏を南北に縦断する形で通っているため、 この鉄道沿線地域では鉄道の便には恵まれています。 鉄道の沿線以外はバスの便になりますが、本医療圏内を移動する際のバスの便には地域によって利便性への差があり、本医療圏内での移動手段には十分な検討を要します。
道路網の点では、本医療圏内を東西に京奈和自動車道が通過り本医療圏内に5ヶ所のICを持っていて、県庁所在地である和歌山市方面へは便利です。 一般道では、国道24号線を幹として、国道370号線、国道371号線、国道480号線などの国道や県道が本医療圏内外の各方向に通じています。 平地部分はもちろん和泉山地、紀伊山地双方の山間部の各集落を結ぶ道路網もある程度は整備されています。

3橋本医療圏の医療体制

〈現在の救急医療体制の維持及び充実のため、県として行政施策を実行中〉
橋本医療圏では中核病院の役割を橋本市民病院と和歌山県立医科大学附属病院紀北分院とが分担して受け持っています。 本医療圏内には平成22年の厚生労働省医療調査によれば、病院7ヶ所、一般診療所90ヶ所があります。 本医療圏の課題として、救急医療の強化という問題があります。
和歌山県ではある程度初期救急と二次救急の医療体制が整っていますが、一方で二次救急医療を担う基幹病院への軽症の救急外来患者が多数来診することにより、 病院の救急医療を担う部門や勤務医の疲弊が進んでいる現状にあり、本医療圏では二次救急医療の基幹病院である橋本市民病院と各地域の診療所との適切な医療機能の分担と連携によって 救急医療の体制を堅持強化していくための仕組みの作成が急務になっています。 そのため和歌山県は本医療圏での救急医療の強化を行政施策としています。
まず初期救急においては、老朽化していた本医療圏内の初期救急の拠点である伊都地方休日急患診療所を新築移転させた際に、医療機器設備の充実を図り、 質の高い初期救急医療の提供を行うことを可能にしました。次に二次救急においては、現在行われている本医療圏内の病院群輪番制の持続に加え、 橋本市民病院への軽症患者の集中を防ぐために、病院群輪番制に参加している病院と自治体及び橋本市立病院との協議を重ねてより綿密な連携体制を構築することで、 本医療圏の救急医療の維持と役割の明確化を施策としています。さらに救急医療の適正利用についての、医療圏内住人への啓発等を行う計画です。
本医療圏にはニュータウンが開発され新規住民が多いことから、どうしても医療面の不安を中核病院に頼りがちな点があり、その点を今後意識改革に向け啓発していく方針です。

4橋本医療圏の医師数の現状

〈医師不足の解消と、現在進行形の患者情報共有システム「ゆめ病院」のさらなる充実化が課題〉
の比較でも多少低い値となっています。ニュータウンの建設等による人口増で医師増が追いつかない実状があり、本医療圏への医師の増加が行政上の大きな課題となっています。 また本医療圏の医療の課題として、在宅医療のさらなる強化があります。
本医療圏では地元医師会である「伊都医師会」にて地域の医療関係者が連携して、重複検査の抑制等の医療の効率化の推進のために、 コンピュータネットワーク上での患者の診療情報を共有する、「ゆめ病院」という患者情報共有システムを運用しています。 これによって複数の医療機関における検体検査や画像、所見・処方履歴情報等の患者情報を、医師や歯科医師、訪問看護師、薬剤師等の地域医療に関わる 多職種の人々で共有することが可能となり、医療機関の間の連携を推進して、患者の症状毎にかかりつけ医から中核病院、もしくは在宅医療へと円滑な移行が可能となりました。
和歌山県としてもこのシステムを更に本医療圏で有効活用し、ゆくゆくは県内全域での運用も考慮して、本システムへの協力を施策として行っています。 今後は在宅医療面への内容の充実や介護の部門とのとの連携を含め、診療科別の治療ではない患者を主体とした生涯にわたる健康管理を目指した運用が期待されているとともに、 保健所が医師会や参画している医療機関と連携しながら、患者側から見た利便性の追求や、 予防医療の分野などの更に幅広く切れ目のない医療での協調体制の構築並びに情報提供の調整を行うことを施策として実行していく予定です。

和歌山県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		和歌山県のコンサルタントに求人紹介を依頼する