和歌山県「田辺」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

和歌山田辺医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
田辺医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

和歌山県の二次医療圏「田辺」の現状と問題点

1はじめに

〈和歌山県の田辺医療圏の概要〉
和歌山県の二次医療圏である「田辺医療圏」は、和歌山県南部の田辺市、みなべ町、白浜町、すさみ町、上富田町の1市4町からなる医療圏です。 本医療圏は和歌山県の南西部の太平洋沿岸部から内陸部に位置します。 本医療圏の面積は約1600平方キロメートル、平成22年国勢調査による人口は約13万5千人で、和歌山県全県と比較して少々高齢化率が高くなっています。
紀伊山地が太平洋に接するリアス式海岸を持ち、エリアの大半を紀伊山地の険しい山岳地帯と山間集落が大半を占め、 平地部分は海岸線部分や日置川等の河川の沿岸部分のみで、人口も平地部分に集中している医療圏です。

2田辺医療圏の生活状況

〈農業、林業、漁業が盛んで、観光資源も数多く持ち観光業もより盛んになりつつある医療圏〉
田辺医療圏の基幹産業は農林漁業及び観光業です。農業分野では、この医療圏の地域は日本でも有数の梅の産地で、 梅干し用、梅酒用など地域全般で梅の栽培が行われ、特に梅の日本一の高級品種とされる「南高梅」を品種改良により産み出し、 栽培を始めた地域にあたり、現在でも梅が農産物の出荷量で群を抜いています。
林業分野では紀伊山地の豊かな森林資源を活用して、杉や檜などが森林資源として活用されています。 漁業分野では、太平洋を流れる暖流である黒潮の分流により、カツオの一本釣り漁をはじめとして、アジ、サバ、ブリ、イワシ、伊勢エビなどの水産物に恵まれています。
一方の観光業では、本医療圏内白浜町にある白浜温泉を中心とした温泉地とマリンレジャーの分野と、世界遺産「熊野古道」に認定された熊野古道小辺路/中辺路や、熊野詣での目的地である 熊野本宮大社、そして熊野古道沿線に湧く山間部の温泉地の分野とに大別され、現在も人気が高い観光地となっています。
公共交通では、本医療圏内をJR西日本のJR紀勢本線が通っていて、沿線からは県庁所在地の和歌山及び大阪・京都方面に向かう鉄道の便には恵まれています。 鉄道の沿線以外はバスの便になりますが、本医療圏内を移動するための鉄道やバスの便には地域によって利便性に大きな差があるため、 本医療圏内での移動手段には自家用車を検討した方が良いでしょう。
道路網の点では、本医療圏内の南紀田辺ICまで阪和自動車道が達していて、みなべICとともに2ヶ所のICを持っていて、和歌山市、大阪府方面へは便利です。 一般道では、国道42号線を幹として、国道311号線、国道371号線、国道425号線などの国道や県道が本医療圏内外の各方向に通じています。 沿岸部や医療圏内山岳地域の各集落を結ぶ道路網もある程度は整備されていると言えます。 尚、本医療圏内の白浜町には南紀白浜空港があり、年間を通して東京の羽田空港との間に1日3便の定期便を持っていて、東京との往来も便利です。

3田辺医療圏の医療体制

〈現在の周産期医療体制の維持及び充実のため、県として行政施策を実行中〉
田辺医療圏では南和歌山医療センターと社会保険紀南病院が中核病院の役割を分担して受け持っています。 本医療圏内には平成22年の厚生労働省医療調査によれば、病院9ヶ所、一般診療所127ヶ所があります。 本医療圏の課題として周産期医療の強化があります。
平成24年5月の和歌山県の調査による「平成23年中の本医療圏での分娩件数」は1777件という統計結果が出ています。 しかし本医療圏で分娩を扱う医療機関は病院2ヶ所、診療所1ヶ所、助産所3ヶ所で、医療圏内での産婦人科医師は6名と数が少なく、 今後本医療圏での周産期医療を継続させていくためには産婦人科医の確保をはじめとして周産期医療の設備の充実が求められています。 和歌山県としてはこのような問題を解消するため、妊産婦の状況に応じて周産期高度医療の提供医療機関と、病院や診療所、助産所との役割分担を明確にするとともに、 各医療機関の医療連携を促進させる施策を実行しています。
具体的には社会保険紀南病院を本医療圏のみならず県の紀南地区全体の地域周産期医療センターに認定するとともに、 分娩時の産科医と助産師の役割分担を明確にするための「助産師外来」を促進する、周産期医療センターを「高度な医療を提供できる医療機関」とした上で、 社会保険紀南病院とその他の病院との役割分担を行う、さらに地域周産期医療の体制整備に関する病院や医師会、自治体関係者との定期的な会合を継続することにより、 体制整備の詳細や産科医師の確保についての協議を継続していくことを実行しています。

4田辺医療圏の医師数の現状

〈医師不足の問題と、11地区に及ぶへき地医療への対策が本医療圏の課題〉
平成22年の厚生労働省の医師・歯科医師・薬剤師調査によれば、田辺医療圏の人口10万人あたりの医療施設従事医師数は210.6人で、 全国平均219.0人や和歌山県全体の平均257.5人との比較でも低い値となっていて、医師不足が行政課題となっています。 また本医療圏の医療の課題として、へき地医療の問題があります。
本医療圏には田辺市に6地区、みなべ町に1地区、白浜町に1地区、すさみ町に3地区へき地診療所を開設している現状があります。 いずれも本医療圏内の紀伊山地の山間部内の地区に開設されたへき地診療所ですが、診療所により毎日診療を行える所、 曜日を限って診療を行う所と様々な状況にあり、医師への負担増や救急時に問題となっています。和歌山県としてはこのような問題点を解消するための施策として、 「へき地医療の体制の整備」、「へき地医療に携わる医師の確保」、「へき地医療の普及・啓発」の3点を重点的に取り組んでいます。
本医療圏においても、まず現状のへき地医療の問題点や改善点を把握するために、保健所がこれらのへき地診療所及び医師を派遣する医療機関と連携して へき地における医師の確保に努めること、受診機会に制約を受けるへき地住民に日常の健康管理の指導と毎年の予防検診の受診を奨励して疾病の予防に努めること、 医療設備の充実を図るために自治体が実施するへき地医療対策の補助を活用した医療設備の充実を進めること、 さらにへき地診療所と医師を派遣する病院や県へき地医療支援機構との連携を強化してへき地医療の医療水準の向上に努めることを施策として実行する計画です。
このような施策を行い、この先にへき地に該当する地区での医療圏内住民が安心して生活できる環境を整えていきます。

和歌山県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		和歌山県のコンサルタントに求人紹介を依頼する