群馬県「藤岡医療圏」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

藤岡医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
藤岡医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

群馬県の二次医療圏「藤岡」の現状と今後

1藤岡医療圏の概要

〈県内南西部の1市1町1村からなり、長野県や埼玉県と接する地域の医療圏〉
群馬県の藤岡医療圏は、県内南西部の藤岡市、上野村、神流町の1市1町1村で構成されています。
本医療圏は、面積が約480平方キロメートル、平成22年国勢調査での人口が約7万2千人です。平成の大合併時にこの地区の市町村が合併して、現在の自治体による医療圏となりました。

2藤岡医療圏の特徴

〈関東山地の山々と利根川の支流が関東平野に流れ出る地域にあり、農業が盛んな医療圏〉
藤岡医療圏は関東平野の北西部、利根川の支流の鮎川や新流川が関東山地の山岳地帯の源流部から関東平野に流れ出た地域にある医療圏で、主に医療圏東部の藤岡市の東部には平野がありますが、その他の医療圏の大部分は関東山地の中にあります。
本医療圏内の中心産業は農業で、平地があまり無いためにきのこ類や果樹栽培が盛んに行われ、イチゴやトマト、ブルーベリー、いちご等、山地の開拓により栽培される農産物が主要な産物になっています。一方で、関東山地の山々やその間を流れる清流などの自然がそのまま観光資源になり、観光業も今後有望な産業です。
公共交通では、鉄道ではJR東日本のJR高崎線とJR八高線が本医療圏内北東部をかすめていますが本医療圏内の移動には使用できず、医療圏内の移動は基本的にバス路線になります。しかしバス路線も路線により便数に偏りがあるため、医療圏内の移動には自家用車の利用を念頭に置くのが良いでしょう。
一方道路網は、自動車専用道の上信越自動車道が本医療圏内北東部を通り、本医療圏内に1ヶ所のICを持ち、医療圏東部からは東京都心や新潟市方面への足は良好です。一般道でも国道462号線と国道299号線を軸として、本医療圏の内外に県道が伸びています。平野地帯、及び山岳地帯でも集落間を結ぶ道路網はある程度整備されていると言えます。

3藤岡医療圏の具体的医療体制の現状

〈群馬県定める西部二・五次医療圏域のひとつ、医療資源の整備で入院自足率の向上が課題〉
藤岡医療圏では公立藤岡病院が中核病院の役割を担っています。平成26年7月現在の地域内医療機関情報の集計値で本医療圏内には5の病院と43の一般診療所があります。
群馬県は医療行政の特徴として、現状保有する医療資源との関係で疾病や事業においては二次医療圏より広域的に対応せざるをえない場合もあり、その視点で4疾病と周産期医療、小児医療については二次医療圏として定められたよりも広域のエリアで対応するような方針を採っています。
群馬県では「二・五次医療圏」と呼ぶ医療圏域という位置付けで医療行政を行っています。設定は疾病事業ごとに異なり、本医療圏の場合4疾病は救急搬送の実態に合わせて本医療圏と高崎・安中医療圏及び富岡医療圏とで二・五次医療圏の「西部圏域」としています。また周産期医療事業の二・五次医療圏は本医療圏内に高崎・安中医療圏と富岡医療圏、そして「総合周産期母子医療センターの群馬県立小児医療センター」を持つ渋川医療圏と群馬県の医療機関が集中する前橋医療圏を加えて二・五次医療圏の「西部圏域」とする一方で、小児医療事業は4疾病と同じ医療圏の組み合わせにて「西毛地区圏域」と定めています。
本医療圏の問題点として、本医療圏の入院自足率の低さが挙げられます。群馬県医務課の平成20年患者調査によれば、住民が自ら在住する医療圏内の医療機関に入院している割合を表す入院自足率が、本医療圏では53.2%と県内の二次医療圏で最も低く、高崎・安中医療圏に18.0%、富岡医療圏に11.7%と大きく依存している現状があります。
このような問題を解消するべく群馬県としても、平成21年度に策定した本医療圏を含む地域医療再生計画において国立公立病院を中心とした医療連携体制の構築を計画しています。そして本医療圏では国公立の病院を中心とした取組を民間病院等にも広げることで、医療圏全体の地域医療を強化することで入院自足率が低いという問題点の解消に向けての施策を行っています。
具体的な例としては、本医療圏内でがん診療の地域連携を担当して「くすの木病院」への最新型MRIの導入や外来化学療法室の拡張等への支援を行うことで、医療圏全体のがん診療設備の充実を図るなど、順次他の民間病院へも支援を行う事業を続け、本医療圏内での地域医療の完結性をより高める計画です。

4藤岡医療圏の医師数と今後

〈医療圏内に無医地区やへき地診療所、一人医師地区を抱え、へき地医療の充実が課題〉
厚生労働省の「平成24年医師・歯科医師・薬剤師調査」に基づいた群馬県医務課推計によれば藤岡医療圏の人口10万人あたりの医師数は223.4人で、全国平均226.5人をわずかに下回っていますが、群馬県全体での値214.9人よりは多少上回っています。とは言え群馬県自体の医師数が全国平均以下であり、今後も医師の増加が求められます。
また本医療圏の問題として、へき地医療の問題があります。本医療圏には無医地区等が1ヶ所あり、へき地診察所が3ヶ所設定されていますが、それ以外に本医療圏の上野村の村内全域が一人しか医師がいない「一人医師地区」となっていて、常に医療の危機に迫られている実態があります。
群馬県としてもこのような現状を回避して、医療の面で住民が安心して生活できるよう、へき地医療を支援するための施策を実施しています。施策の内容は大きく分けて3項目に分かれていて、「へき地に医師を派遣する施策」として、代診医の派遣やへき地医療拠点病院との連携の強化にて施策を実施しています。
また「へき地医療を担う医師を確保する施策」では、県内で地域医療を担う群馬大学医学部や県の医師会、県の病院協会との協議会にて、へき地医療を支える医師の確保や養成に取組むこと、出産等で一旦離職した女性医師にとって働きやすい就業環境づくりを行うこと、群馬県ドクターバンクの有効な運営により県内への求職情報の一元的な提供や斡旋を行うことなどを施策としています。
さらに「へき地医療を支援する施策」として、へき地医療拠点病院の医療資源の整備をはじめとして、巡回診療の確保の支援、ITの活用や地域ネットワークシステムの整備等にて、へき地間での診察の質の均等化などを施策としています。 このような施策が有効的に実施されることで、県内どこでも住民が安心して生活できるような医療体制の構築を目指しています。

群馬県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		群馬県のコンサルタントに求人紹介を依頼する