群馬県「伊勢崎医療圏」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

伊勢崎医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
伊勢崎医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

群馬県の二次医療圏「伊勢崎」の現状と今後

1伊勢崎医療圏の概要

〈県内中南部の1市1町からなる医療圏で、南側は埼玉県と接する〉
群馬県の伊勢崎医療圏は、県内中南部の伊勢崎市、玉村町の1市1町で構成されています。医療圏の北側は前橋医療圏、東側は桐生医療圏と太田・館林医療圏、西側が高崎・安中医療圏で、南側は埼玉県と接しています。
本医療圏は、面積が約165平方キロメートル、平成22年国勢調査での人口が約24万5千人です。

2伊勢崎医療圏の特徴

〈関東平野の利根川水系流域の平地中心で、県下屈指の工業地域である医療圏〉
伊勢崎医療圏は関東平野の北部にあたる、利根川や利根川水系の烏川や広瀬川らの流域に面した医療圏です。
平地が広がることから大企業の進出が盛んで、群馬県の平成25年工業統計調査結果速報によれば本医療圏内の伊勢崎市が一兆円を超える製造品出荷額を誇り群馬県内2位となっています。市内に主力工場があり製品単価が高い輸送機器製造と業務用機器製造とが市の製造品出荷額の2トップとなっていますが、一方で市内に本社のある「ペヤング」のブランド名で知られるマルカ食品株式会社を始めとする食料品製造業も伊勢崎市の主力製品の一角となっています。
また本医療圏には、全国で6ヶ所しか設置されていない公営ギャンブル「オートレース」のひとつである「伊勢崎オートレース場」をはじめとして、歴史・文化財面やレジャー面の観光地が多数あります。
交通では、JR東日本のJR両毛線が本医療圏内北部を東西に横断し、東武鉄道の東武伊勢崎線がJR両毛線の伊勢崎駅から埼玉、東京方面への直通列車を走らせていて、本医療圏内でも鉄道沿線においては公共交通がある程度整っています。ただし鉄道路線沿線ではない玉村町や伊勢崎市内の各地からは民営のバス路線及び自治体のコミュニティーバス路線となって、バスの本数に著しい差があるために、本医療圏内での移動は自家用車の利用も念頭に置いておくのが良いです。
一方で道路網は、本医療圏北部に北関東自動車道が東西方向に通り、伊勢崎ICと波志江スマートICが設置されています。さらに本医療圏西部を関越自動車道が通り、高崎玉村スマートICが本医療圏内に設置されています。このため医療圏外の群馬県県庁所在地である前橋市や高崎市、東京都や埼玉県、栃木県方面との道路網はとても整備されています。
また一般道路として本医療圏内に国道17号線、国道354号線、国道462号線等の主要国道を軸として各方向に国道や県道が敷設されていて、本医療圏内の移動のみならずどの方向の医療圏に向けても移動がしやすい道路状況です。

3伊勢崎医療圏の具体的医療体制の現状

〈群馬県の方針で中部二・五次医療圏のひとつであり、周産期医療が不足気味である〉
伊勢崎医療圏では伊勢崎市民病院が中核病院の役割を担っています。平成24年4月1日時点で本医療圏内には11の病院と151の一般診療所があります。
群馬県では医療行政の特徴として、現状の医療資源との関係で疾病や事業の中には二次医療圏よりは広域的に対応する必要があるものもあり、その観点から4疾病と周産期医療、小児医療については現状の二次医療圏よりも広域のエリアで対応することとしています。群馬県ではこれを「二・五次医療圏」という医療圏域と位置付けて医療行政を行っています。設定は疾病や事業ごとに異なり、本医療圏の場合は疾病の中で、がん、脳卒中、急性心筋梗塞は救急搬送の実態に合わせた対応が必要なことから、隣接する二・五次医療圏の両方に属すると定めています。
具体的には本医療圏は、桐生医療圏と太田・館林医療圏と合わせて二・五次医療圏の「東部・伊勢崎圏域」、及び前橋医療圏と渋川医療圏と合わせて二・五次医療圏の「中部圏域」の両方に属しています。また疾病の中の糖尿病、及び周産期医療事業の二・五次医療圏は「中部圏域」に属し、小児医療事業は本医療圏と前橋医療圏とで二・五次医療圏の「中毛圏域」に属すると定めています。
本医療圏の問題点として、周産期医療母子医療センターに該当する病院が本医療圏内に存在しない点が挙げられます。二・五次医療圏の中毛圏域で見れば総合周産期母子医療センターが渋川市に、地域周産期母子医療センターが前橋市に存在しますが、医療圏内には協力医療機関として伊勢崎市民病院があるのみで、周産期医療についての高度な医療機関が置かれていない実状があります。
また伊勢崎市においては、市町村合併で現在の伊勢崎市が誕生した平成17年以前に旧・伊勢崎市であった地域に医療機関の8割が集中する形となっていて、特に周産期医療については旧・東村、旧・赤堀町、旧・境町の地域では産婦人科を受け持つ医療機関が無く、また玉村町にも産婦人科診療所が1、入院施設3床と、伊勢崎市の旧・伊勢崎市地区以外の周産期医療機関の不足しているのが現状です。群馬県としてもこの点を課題としていて、今後の医療機関の整備や役割分担を明確していく方針を施策として掲げています。
また一方で伊勢崎市民病院を運営する伊勢崎市としても、市町村合併後の「定住自立圏形成方針」とした要旨の中で、既存の医療機関への交通手段の確保を念頭に置いた交通環境整備を行う方針です。
今後、現行の保健医療計画の内容を元にして第7次の群馬県保健医療計画が作成される際には、このような本医療圏の現状も問題点として織り込んだ上で、問題解決の施策の方針が立案され、さらに医療面でも充実した医療圏となる方向での医療行政がなされるでしょう。

4伊勢崎医療圏の医師数と今後

〈医師数は県平均より少なく、医師数の増と地域連携クリティカルパスの運用が行政課題〉
厚生労働省の「平成24年医師・歯科医師・薬剤師調査」に基づいた群馬県医務課推計によれば伊勢崎医療圏の人口10万人あたりの医師数は179.10人で、全国平均226.5人のみならず群馬県全体での値214.9人と比較しても少ないです。都市の規模と比較して医師数が増えていない現状が見られ、医師数の増が行政の課題となっています。
また本医療圏の問題として、中核病院である伊勢崎市民病院の機能がある程度整っているため、どうしても医療圏内のみならず医療圏外や他県からの患者も集中してしまい、病院の持つ医療機能が疲弊してしまうという問題があります。この点は群馬県県及び病院を運営する伊勢崎市でも懸念している事案で、群馬県としても伊勢崎市民病院の役割を明確化して地域の他の病院や一般診療所との役割分担を行うための方策に取り組んでいます。現在の施策ではまず糖尿病についての群馬県の「地域連携クリティカルパスのモデル病院」として位置付けをして、医療圏内の他の病院や一般診療所との糖尿病治療の連携を行うよう施策を行っています。
この成果を確認した上で、他の疾病においても地域連携クリティカルパスの運用により病病連携、病診連携が行われるようになれば、本医療圏内で働く医師全体の負担が軽減され、働きやすい医療圏となるでしょう。

群馬県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		群馬県のコンサルタントに求人紹介を依頼する