群馬県「桐生医療圏」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

桐生医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
桐生医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

群馬県の二次医療圏「桐生」の現状と今後

1桐生医療圏の概要

〈県内西部の1市2町1村からなる医療圏で、東側は栃木県と接する〉
群馬県の桐生医療圏は、県内東南部の桐生市、みどり市の2市で構成されています。
本医療圏は、面積が約480平方キロメートル、平成22年国勢調査での人口が約17万4千人です。平成の大合併時にこの地区の市町村が合併して桐生市とみどり市にまとまりましたが、みどり市を挟んだ東西に桐生市が市域を持つようになっています。本医療圏は東側で栃木県と接しています。

2桐生医療圏の特徴

〈関東山地を含んだ医療圏、江戸時代から織物業の有名な中心地で観光面の資源も多い〉
桐生医療圏は関東平野の北部の縁にあたる足尾山地の、渡良瀬川の上流域に面した医療圏です。医療圏の多くの部分を足尾山地の山々が占め、人口はほぼ渡良瀬川流域の谷地や平野付近に集中しています。
本医療圏は多様な面を持ち合わせている医療圏です。本医療圏は元々絹織物の街として古代から有名で、江戸時代には織物の一大産地でした。現在も織物産業が盛んですが、一方で自動車関連部品及びパチンコ台の製造などの機械金属産業が基幹産業となりつつあります。また本医療圏内には、日本にも旧石器時代が存在したことを知らしめ日本の考古学の常識を覆した岩宿遺跡をはじめとして、縄文時代の石器・土器、住居跡が発掘されるなど考古学の遺跡があり、また渡良瀬川の景観や数々の物語の舞台となり歌謡曲でも歌われてきた「赤城山」などの観光資源もなり、観光客を集めています。
交通は、JR両毛線が県庁所在地の前橋と結ぶ他、東武桐生線が東京から直通列車を走らせていて、これら各方面への足は非常に良いです。一方で上毛電鉄上毛線や第三セクターのわたらせ渓谷鉄道が本医療圏内から路線を伸ばしていて、いずれも運行本数がある程度確保されているために鉄道沿線では列車の利用に支障は無いと言えます。しかし鉄道沿線以外はバスの便になり、便数に差があるため本医療圏内の移動には自家用車の利用も考慮が必要でしょう。
一方で道路網は、本医療圏内には自動車専用道はありませんが、本医療圏内を国道50号線、国道122号線、国道353号線が各方面に路線を伸ばしていて、更に医療圏のすぐ南部に自動車専用道である北関東自動車道の太田桐生ICと太田藪塚ICがあるため、足尾山地の急峻な山岳地帯を除けば、平野部や山岳部の各集落を結ぶ道路網は整備されていると言えます。

3桐生医療圏の具体的医療体制の現状

〈群馬県の方針で西部二・五次医療圏のひとつであり、救命救急医療の充実が必要〉
桐生医療圏では桐生厚生総合病院が中核病院の役割を担い、一部の疾病で医療法人三思会東邦病院がその役割を分担しています。平成26年7月現在の地域内医療機関情報の集計値で本医療圏内には12病院と122の一般診療所があります。
群馬県の医療行政の特徴としては、疾病や事業の中には現在持っている医療資源の都合上、二次医療圏より広域的に対応せざるをえないものもあり、その観点から4疾病と周産期医療、小児医療では二次医療圏よりも広域エリアで対応するものとして、複数の医療圏を合併させて「二・五次医療圏」という単位の医療圏域を設けて医療行政の対象としています。
これは疾病や事業により異なり、本医療圏の場合は4疾病のうち糖尿病以外では「太田・館林医療圏」と「伊勢崎医療圏」と一体として「東部・伊勢崎圏域」という二・五次医療圏を設定しています。また周産期医療事業については、本医療圏に「太田・館林医療圏」を含めて「東部圏域」と、小児救急医療では本医療圏に「太田・館林医療圏」を含めて「東毛地区圏域」と称しています。
本医療圏の医療体制としての現状として、救命救急医療へのさらなる強化が必要な点です。本来群馬県の定める二次救急医療機関の要求として「365日24時間必ず患者を受け入れる」等の目標規定があり、病院群輪番制病院にその機能を求めていますが、かならずしもそうなっていない現状が本医療圏にはあります。このような現状に対して群馬県としても、対策として医師の増や設備の拡大により二次救急医療機関における24時間365日の救命救急の対応を目指しています。
ただし実際の施策としては隣接する前橋医療圏の救命救急センターのさらなる整備が優先順位として先になっているので、本医療圏の医師会と前橋医療圏との連携を十分に行うことで二次救急医療での救命救急医療における本医療圏の不足分を補ってもらう方策を取っています。

4桐生医療圏の医師数と今後

〈医師数は県平均より低め、今後は救命救急医療のさらなる充実が必要になる〉
厚生労働省の「平成24年医師・歯科医師・薬剤師調査」に基づいた群馬県医務課推計によれば、桐生医療圏の人口10万人あたりの医師数は181.6人で、全国平均226.5人のみならず群馬県全体での値214.9人と比較しても少なくなっています。都市の規模を考慮したら、医師増が本医療圏の重要な課題となっています。
また本医療圏の問題として、急性心筋梗塞に対する医療を充実する点があります。現在急性心筋梗塞の急性期患者に対する専門的な診断やリハビリテーションに対応でき、内科医や循環器科医などの必要な常勤スタッフが十分に確保できている等の要件を満たした病院が、本医療圏内では医療法人三思会東邦病院のみで、医療圏の規模に対して少ないことから、現状では隣接する太田・館林医療圏や伊勢崎医療圏の急性心筋梗塞対応医療機関への搬送が必要なケースも多々あります。急性心筋梗塞の治療は発症からいかに短時間で治療に繋がるかが必須条件であり、本医療圏内でのさらなる整備が必要です。群馬県としては急性心筋梗塞に対する本医療圏での医療の充実のため、現状では現在の医療資産を更に有効活用するべく医療法人三思会東邦病院にて、迅速で適切な医療の実施を図るために最新型のCT 及びMRI を整備することで早期診断を図る事業についての施策を行っています。
ただし将来的には伊勢崎市や太田市程度の急性心筋梗塞医療が可能な病院を増やす予定で、これによって、本医療圏内の診療所等から、心筋梗塞に関するより多くの紹介患者への対応が行えるようになり、本医療圏での急性心筋梗塞に対する医療が充実する予定です。
このため本医療圏では、先々に回復期や維持期を含めた心筋梗塞に関わる内科医、循環器科医の需要が多くなることが予想されます。

群馬県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		群馬県のコンサルタントに求人紹介を依頼する