群馬県「沼田医療圏」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

沼田医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
沼田医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

群馬県の二次医療圏「沼田」の現状と今後

1沼田医療圏の概要

〈県内北東部の1市1町3村からなる医療圏で、利根川源流部の三国山地の中にある医療圏〉
群馬県の沼田医療圏は、県内北東部の沼田市、片品村、川場村、昭和村、みなかみ町の1市1町3村で構成されています。
本医療圏は、面積が約1766平方キロメートル、平成22年国勢調査での人口が約9万人です。平成の大合併時に町村の合併があり、現在の5自治体となった経緯があります。北側は三国山地をはさんで新潟県と、東側は足尾山地をはさんで福島県や栃木県と接しています。

2沼田医療圏の特徴

〈関東平野の北側で、有名な観光業を中心として農業も盛んに行われている医療圏〉
沼田医療圏は関東平野の北側、三国山地や足尾山地の山間部から利根川水系の支流の源流域から、それらが集まって利根川本流を形成する地域の医療圏で、主に利根川を構成する流域に河岸段丘の平地があるものの、医療圏内の大部分は三国山地や足尾山地の中にあります。
本医療圏の基幹産業は観光業で、特に有名なのは群馬県側からの「尾瀬湿原への入山口」、「谷川岳への登山口」で、そのために医療圏内には多数の温泉街があります。更に冬季にはスキー場も数多く開設して、一年を通じて楽しめる観光スポットを数多く抱えています。一方で農業も盛んに行われ、こんにゃくや酪農をはじめ、りんご、ブルーベリー、ぶどう等の果実、そしてブランド米となった米が中心農産物です。
交通では医療圏内に上越新幹線の上毛高原駅があり、首都圏方面への足は良いです。一方で本医療圏内をJR東日本のJR上越線が南北に縦断しています。鉄道沿線以外はバス路線になりますが、鉄道・バスとも運行本数に限りがあるため、本医療圏内の移動は自家用車の利用を念頭に置くのが良いでしょう。
一方道路網は、自動車専用道の関越自動車道が本医療圏内を南北に縦断して、本医療圏内に4ヶ所のICを持ち、東京都心や新潟市方面への足は良いです。また一般道でも国道17号線と国道291号線、国道120号線など国道や県道が本医療圏の内外に伸びています。山深い三国山地と足尾山地を抱えますが、山岳地帯内の各集落を結ぶ道路網は整備されていると言えます。

3沼田医療圏の具体的医療体制の現状

〈群馬県の方針で単独で二・五次医療圏域を形成、急性期医療への設備の充実が課題〉
沼田医療圏では疾病や事業ごとに利根中央病院と国立病院機構沼田病院が中核病院の役割を分担しています。平成26年7月現在の地域内医療機関情報の集計値で本医療圏内には7の病院と52の一般診療所があります。
群馬県は医療行政の特徴として、現状の医療資源の関係で疾病や事業においては二次医療圏よりも広域的な対応を要することから、4疾病と周産期医療、小児医療については二次医療圏よりも広域のエリアで対応しています。
群馬県ではこれを「二・五次医療圏」という医療圏域という位置付けにて医療行政を行っています。設定は疾病や事業ごとに異なり、本医療圏の場合4疾病については本医療圏のみで二・五次医療圏「利根沼田圏域」として、また周産期医療事業は本医療圏内と吾妻医療圏、そして「総合周産期母子医療センターの群馬県立小児医療センター」がある渋川医療圏や地域周産期医療機関が集中する前橋医療圏とで二・五次医療圏の「北部圏域」として、小児医療事業は吾妻医療圏・沼田医療圏・本医療圏を合わせて「北毛地区圏域」として設定されています。
本医療圏の問題点として、急性期医療に関する負荷の増大があります。本医療圏には利根中央病院、国立病院機構沼田病院、そして脳卒中の分野での沼田脳神経循環器科病院と合計3つの急性期病院があり、救急搬送での自足率が高く、群馬県の中でも急性期医療への対応が十分に可能な医療圏となっています。しかし、本医療圏の地勢の面から他の医療圏との救急医療分野での連携が困難な状況にあり、その結果急性期医療を支える各医療機関の負担が過重となる実態があり、急性期医療の疲弊につながります。
このような問題を解消するべく群馬県としても、対策としての施策を検討しています。現在では前に述べた3病院の急性期医療に対する機能の強化及び拡充を行うことや、緊急を要する際に近隣である渋川医療圏の病院にフォローが可能な医療環境の整備を行うことを施策として行っています。施策の目標としては、救急医療が医療圏内のみならず、小児医療分野で設定された「北毛地区圏域」で完結するような医療連携体制を整備することとしています。

4田医療圏の医師数と今後

〈医師数の増加と、地域医療の充実のための拠点病院の整備が本医療圏の重要な課題〉
厚生労働省の「平成24年医師・歯科医師・薬剤師調査」に基づいた群馬県医務課推計によれば沼田医療圏の人口10万人あたりの医師数は158.1人で、全国平均226.5人のみならず群馬県全体での値214.9人と比較しても極めて少ないです。本医療圏内の医師数の増が行政の課題となっています。
また本医療圏の問題として、地域医療の充実があります。本医療圏は地形的に山間部に中規模の集落が点在していることから、通常のがん医療やへき地医療、災害対応での拠点病院の役割を担う病院が各集落の病院や診療所と連携を持って医療にあたり、さらに前項で述べたように急性期医療時には直接患者への医療を行うこととなります。
しかし現状ではまだ急性期医療以外の分野では十分な医療設備が整っているとは言い切れず、地域医療の充実のための事業や疾病の拠点となる病院の整備が早急に必要な状況です。群馬県としてもこのような現状を認識して疾病や事業で地域の拠点的な役割を果たす病院の整備を行うことを施策としています。
具体的には本医療圏内の国立病院機構沼田病院が災害拠点病院であることから、耐震化対応を含む建物の増改築の実施、本医療圏の医療関係団体が利用するための研修施設の設置、医療圏内の急性期医療機関との連携を行いつつ緊急の循環器系患者の受け入れのための撮影装置の整備等が施策として挙げられています。更に民間の社会医療法人沼田脳神経外科循環器科病院への救急棟の新築事業や治療関連機器の整備を支援するなど、地域医療の充実にてより多くの救急患者への対応と救命率の向上を行うことを施策として計画しています。

群馬県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		群馬県のコンサルタントに求人紹介を依頼する