群馬県「太田・館林医療圏」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

太田・館林医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
太田・館林医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

群馬県の二次医療圏「太田・館林」の現状と今後

1太田・館林医療圏の概要

〈県南東部の2市5町からなる医療圏で、県庁所在地の前橋市に隣接〉
群馬県の太田・館林医療圏は、県南東部の太田市、館林市、板倉町、明和町、千代田町、大泉町、邑楽町の2市5町で構成されています。
本医療圏は、面積が約370平方キロメートル、平成22年国勢調査での人口が約40万人です。平成の大合併時にこの周辺地区の町が太田市に吸収合併されて、現在の太田・館林医療圏が誕生しました。

2太田・館林医療圏の特徴

〈関東平野の北部、利根川や渡良瀬川の流域に広がり、県内トップの工業生産高を誇る医療圏〉
太田・館林医療圏は関東平野の北部にあたり、利根川や渡良瀬川が形成した平野部の地域に位置する医療圏です。清和源氏の傍流である新田義貞をはじめとする新田氏が本拠を置いていた土地として、古くから栄えた地域でした。
本医療圏内での主要産業は工業で、特に本医療圏内の太田市は富士重工業の主要工場があり、太田市は群馬県下でナンバーワンの工業出荷高を誇ります。周辺自治体にも富士重工業の関連企業が林立していて、工業を中心とした医療圏です。
交通では、東武鉄道の東武伊勢崎線が本医療圏内内を貫通し、さらに東武小泉線が館林駅から分岐して太田駅に向かっています。東武伊勢崎線は東武鉄道の中でも主要幹線のひとつで、東京都の浅草駅まで直通の列車も走り、鉄道沿線での交通は至便と言えます。
一方道路網は、自動車専用道の東北自動車道が本医療圏内の東部に館林ICを有し、北関東自動車道が本医療圏内北部に2ヶ所のICを有していて、東京都心等各方面への足は良いです。また一般道でも国道17号線と国道50号線、国道407号線を軸として、本医療圏の内外に国道や県道が伸びています。平野部でもあり本医療圏内の道路網も整備されています。

3太田・館林医療圏の具体的医療体制の現状

〈群馬県の東部二・五次医療圏域のひとつ、周産期医療への住民の持つ不足感の払拭が課題〉
太田・館林医療圏では疾病や事業ごとに富士重工業健康保険組合総合太田病院が中核病院の役割を担い、事業や疾病毎に群馬県立がんセンター、館林厚生病院、本島総合病院が中核病院の役割を補助している形を採っています。平成26年7月現在の地域内医療機関情報の集計値で本医療圏内には19の病院と210の一般診療所があります。
群馬県は医療行政の特徴として、現状保有する医療資源との関係で疾病や事業においては二次医療圏よりは広域的に対応するものもあり、その観点から4疾病と周産期医療、小児医療については二次医療圏として定められたよりも広域のエリアで対応するようにしています。
群馬県はこれを「二・五次医療圏」という医療圏域との位置付けで医療行政を行っています。設定は疾病や事業ごとに異なっていて、本医療圏の場合糖尿病以外の3疾病は救急搬送の実態に合わせた対応が必要なことから本医療圏に伊勢崎、桐生の両医療圏を加えた二・五次医療圏の「東部・伊勢崎圏域」を形成しています。また疾病のうち糖尿病は、本医療圏に桐生医療圏を加えた「東部圏域」を形成しています。一方で周産期医療事業では渋川医療圏内に「群馬県立小児医療センター」があることから本医療圏に桐生、前橋、渋川の各医療圏を加えて「東部圏域」を形成し、小児医療事業は本医療圏と桐生医療圏で「東毛圏域」を形成しています。
本医療圏の問題点として、周産期医療の問題があります。本県の地域医療全般についての平成20年県民アンケートにて、「本県での地域医療に満足している」と回答した人が本医療圏では52.6%と群馬県の二次医療圏別でも2番目の少なさであり、さらに「本医療圏で不足している医療」については「産科等の周産期医療」をあげた人の割合がそれぞれ55.7%と高く、本医療圏で住民調査において「本医療圏では周産期医療への救急対応への不満が持たれている」という住民感情がある現状が見て取れます。
実際には本医療圏における人口10万人あたりの産科の一般診療所数は全国平均や群馬県全体値よりも僅かに少ないのみですが、群馬県は本医療圏でのハイリスク出産への対応可能な医療機関が十分にされていない状況が、周産期医療への住民の不安をより高くしていると結論づけています。
このような問題を解消するべく群馬県としても、本医療圏において地域周産期母子医療センターに指定されている富士重工業健康保険組合総合太田病院棟がより多くのハイリスク出産や乳幼児の入院に対応できるよう設備を拡張して、患者を受け入れる体制を現在以上に確保する対応を行っています。同病院は本医療圏内において唯一周産期医療への対応が可能な病院であり、産科診療所で対応できないハイリスク出産やハイリスク新生児を扱っていることから、NICU や産科病棟にてより多くの乳幼児童の入院等に対応できるよう設備の拡張や整備を行い、受け入れ体制を確保する施策を行っています。
この施策の実施によって、住民が抱いている「本医療圏での周産期医療の不足感」が払拭され、住民にとっても安心して出産や子育てが可能な医療圏となるでしょう。

4太田・館林医療圏の医師数と今後

〈医師数不足の解消と、急性心筋梗塞の急性期の医療資源を医療圏内で増やすことを実施中〉
厚生労働省の「平成24年医師・歯科医師・薬剤師調査」に基づいた群馬県医務課推計によれば太田・館林医療圏の人口10万人あたりの医師数は136.0人で、全国平均226.5人のみならず群馬県全体での値214.9人と比較しても極めて少なく、群馬県の二次医療圏別では最少です。本医療圏内の医師数の増が行政の課題となっています。
また本医療圏の問題として、急性心筋梗塞の急性期の医療圏内医療資源の不足があります。
本医療圏内で急性心筋梗塞の急性期医療を行う病院は太田市4ヶ所、館林市1ヶ所の計5ヶ所がありますが、本医療圏の人口増と比較してさらなる急性期医療に対応可能な設備を持った病院を増加して、本医療圏内住民のニーズに応じる必要が生じています。群馬県としてもこのような現状から、本医療圏の急性心筋梗塞の急性期治療における迅速な診断及び治療の正確性や安全性を高めるため、本医療圏内で今後急性心筋梗塞の急性期医療を担おうという病院に対して、血管造影X線診断装置や人工呼吸器等の機器の整備を推奨し、整備への支援を行う施策を立てています。
これによって本医療圏内の一般診療所等から、より多くの急性心筋梗塞の急性期患者の紹介が可能となり、急性心筋梗塞の医療をより数多い医療機関で速やかに受診することができ、安心して急性期医療に頼ることが可能になります。

群馬県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		群馬県のコンサルタントに求人紹介を依頼する