群馬県「富岡医療圏」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

富岡医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
富岡医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

群馬県の二次医療圏「富岡」の現状と今後

1富岡医療圏の概要

〈県内西部の1市2町1村からなる医療圏で、西側は長野県と接する〉
群馬県の富岡医療圏は、県内西部の富岡市、甘楽町、下仁田町、南牧村の1市2町1村で構成されています。本医療圏の東側と北側は高崎・安中医療圏、南側は藤岡医療圏で、西側は長野県と接しています。
本医療圏は、面積が約490平方キロメートル、平成22年国勢調査での人口が約7万7千人です。

2富岡医療圏の特徴

〈関東山地を含んだ医療圏で、農業や観光業で有名な地域を有する医療圏〉
富岡医療圏は関東平野の北西部の縁にあたる関東山地の、鏑川の源流の各河川から鏑川上流域に面した医療圏です。医療圏の多くの場所を関東山地の山々が占め、人口はほぼ鏑川流域の平野や河岸段丘、里山部に集中しています。
本医療圏は多様な面を持ち合わせている医療圏です。本医療圏の歴史をたどると、南北朝時代から上野国西部の拠点としての重要性が増し、圏内各所に関東管領家上杉氏の拠点としての城が築かれました。戦国時代には武田氏や北条氏がこの地の支配を主張して、しばしば戦乱の舞台ともなりました。
江戸時代以降は、本医療圏内甘楽町に小幡藩が置かれ、織田信長の次男の末裔である織田家及び松平家が支配していました。明治時代以降は本医療圏内の富岡市に西洋式器械を備えて製糸技術の国内の模範を図るべく「官営富岡製糸場」が建設されて、全国から生糸生産の技術を学ぶために工女が集まり、世界中に「高品質な絹糸生産の町富岡」の名が知れ渡りました。
現在の本医療圏は、特に世界文化遺産に登録された富岡製糸場を始めとする歴史遺産による観光産業や、関東山地での避暑を目的としたレジャー産業、そして下仁田町を中心として日本でも有名なこんにゃく芋や下仁田ネギなどの生産の農業などが中心産業となっています。工業では、富岡市に業務用機器や電子部品、情報通信等の工場がありその分野の製造品出荷額が突出していますが、本医療圏全体で言えば農産品の加工業が中心となっています。
交通は、上信電鉄が本医療圏内の甘楽町北部、富岡市中央部と下仁田町東部に路線を伸ばしていて、運行本数がある程度確保されているために鉄道沿線では列車の利用に支障はありません。しかし上信電鉄沿線以外は、各自治体のコミュニティーバスが少ない便数走るのみか、甘楽町のようにバス路線が撤退した自治体もあります。従って、本医療圏内の移動は自家用車を利用するのが必要となります。
一方で道路網は、自動車専用道路として上信越自動車道が本医療圏内を通過して、富岡市と下仁田町にICを持っています。一般道も国道254号線が高崎市方面と長野県方面を結んでいて、他にも安中市方面に向かう県道が数多くあります。関東山地の急峻な山岳地帯以外であれば、ある程度道路網は整備されています。

3富岡医療圏の具体的医療体制の現状

〈群馬県の方針で西部二・五次医療圏のひとつであり、自治体まるまる準無医村を抱えている〉
富岡医療圏では公立富岡総合病院が中核病院の役割を担っています。平成24年4月1日時点で本医療圏内には4の病院と49の一般診療所があります。
群馬県の医療行政の特徴として、疾病や事業の中には医療資源の状況から、二次医療圏よりは広域的に対応すべきと考えられるものもあり、その視点から4疾病と周産期医療、小児医療については二次医療圏よりも広域エリアで対応するものとして、複数の医療圏を合わせて「二・五次医療圏」という医療圏域を設けて医療行政を行っています。これは疾病や事業ごとに異なり、本医療圏の場合は4疾病と小児救急医療事業で「高崎・安中医療圏」と「藤岡医療圏」と一体として「西部圏域」という二・五次医療圏を設定しています。また周産期医療事業については、「西部圏域」に「前橋医療圏」と「渋川医療圏」を含めたエリアを「西部圏域」と称しています。
本医療圏の医療体制としての現状として、へき地医療の問題があります。本医療圏内の南牧村全域が平成21年度無医地区調査により、「医療機関の診察日数が少ないことや、交通事情等により巡回診療等が必要とされる」準無医地区に指定されたことや、下仁田町の西牧地区が一人医師地区に指定されているなど、特に本医療圏内では関東山地に属する広い地区での医師不足が深刻となっています。群馬県としてもこの点を行政の問題として挙げていて、へき地医療支援機構、へき地医療拠点病院、へき地診療所等での医療供給体制の確保を図るのと同時に、該当する施設間の相互に連携強化を図り、「医師の確保」の面と「診察の支援」の面とで体制を構築して、地域住民の医療を確保する施策を実施しています。

4富岡医療圏の医師数と今後

〈医師数は県平均より多少低め、今後は災害医療の拠点を築きDMATの配備が必要〉
生労働省の「平成24年医師・歯科医師・薬剤師調査」に基づいた群馬県医務課推計によれば、富岡医療圏の人口10万人あたりの医師数は209.0人で、全国平均226.5人のみならず群馬県全体での値214.9人と比較しても少なくなっています。
本医療圏の問題として、災害医療への対応があります。本医療圏では公立富岡総合病院が地域災害医療センターの役割を果たしていますが、DMATの配備登録が本医療圏のみならず二・五次医療圏の西部医療圏域全体を見ても、平成22年3月末時点では行われておらず、西側医療圏域以外の他の医療圏から派遣されたDMATへ医療資機材の提供を行うことが可能な病院も西部医療圏域内でも医療法人社団日高会日高病院のみとなっています。
県としても災害医療の現状が県内の二次医療圏や二・五次医療圏毎に差がある点を認識していて、DMATの養成と整備を図り災害時の医療機能の強化を行うことと共に、広域災害時の救急医療情報システムの充実を図り、災害情報の充実や災害時の医療機関情報の提供を行うよう施策を行っています。

群馬県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		群馬県のコンサルタントに求人紹介を依頼する