栃木県「県西医療圏」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

県西医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
県西医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

栃木県の県西医療圏

栃木県の二次医療圏「県西」の概要と特徴

1はじめに

〈日本有数の観光地である日光を擁し、風光明媚な医療圏〉
栃木県西二次医療圏は鹿沼市、日光市の2つの市で構成されている二次医療圏です。日光市は栃木県の北西方向に位置し、群馬県と福島県に接しています。鹿沼市は栃木県の中心的な市である宇都宮市に面し、西方町は鹿沼市の南に位置しています。 日光市は古くから徳川家康を祀る日光東照宮の門前町として、多くの参拝客が訪れる観光名所となっていました。今でもその名残があり、日光江戸村や、日光の猿軍団、鬼怒川温泉など様々な観光名所があり、外国人も訪れる国際的な観光地として人気の高い場所でも有ります。日光の社寺は1999年に世界遺産に登録されており、過去には世界的な物理学者のアインシュタインも日光を訪れ、2日ほど滞在した記録が残されています。
また、西方町が県西二次医療圏の一つとして数えられていましたが、2011年に栃木市に吸収合併されており、また、栃木県全体の二次医療圏の設定が変わったため県西二次医療圏からは外されています。

2栃木県西二次医療圏の交通

〈日光駅から歴史や自然を感じる観光地へ向かうことが可能〉
日光から鹿沼市には東武鉄道と、JR東日本旅客鉄道の日光線が走っており、東武日光駅と、隣接する日光駅を起点として路線が南東方面に伸びています。そして、東武鉄道は、日光駅から二駅ほど離れた下今市駅で北へ向かう鬼怒川線、南へ向かう日光線に分岐します。
そして日光市には観光名所の温泉駅を結んだ野岩鉄道、風光明媚な風景を沿線上に持つわたらせ渓谷鐵道が走っています。日光駅からは東武バス日光や、日光市営バスなど観光名所に向かうバスが様々に運行しており、湯元温泉、世界遺産めぐりコース、清滝、足尾銅山などに向かう路線が整備されています。

3栃木県西二次医療圏の医療

〈無医村地区の解消、へき地医療の充実が課題となっている〉
鹿沼市では上都賀総合病院、日光市では日光市民病院と獨協医大日光医療センターが県西二次医療圏で救急医療の役目を担っていますが、これらの医療機関は医師不足や二次医療圏が変更された事により医療機能が縮小しています。それにより県西二次医療圏から、他の医療圏の病院である獨協医大、自治医大、済生会宇都宮病院などに患者が流出しており、これらの病院の負担が増大しています。また、医者の居ない無医地区や、へき地にある診療所が多く、これらの地域に迅速に医師を確保し、派遣することが必要とされています。
また県西二次医療権では、医療従事者の確保、労働環境の改善、救急医療の機能の充実などが目指されており、患者完結率を高める事を目標としています。

4栃木県西二次医療圏の医師

〈10万人対の医師数は平均以下であり、対策が必要〉
栃木県西二次医療圏の医師数は病院、診療所勤務医合わせて300人ほどで、10万人対の医師数は156人程度となっています。この数値は県東二次医療圏についで低い割合となっており、栃木県内でも医師不足の進んだ地域であることが推測されます。全国平均の206人、栃木県全体の平均値である195人に比べても低い数値で有ることから、栃木県西二次医療圏の医師はかなり不足していると言えるでしょう。
全国平均や、栃木県平均と比べても低い数値である理由は上記に述べたように、山地や田園地帯などが多いため、へき地医療従事者の不足や、無医村地域の存在が多数あることにあると考えられています。

栃木県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		栃木県のコンサルタントに求人紹介を依頼する