栃木県「県東医療圏」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

県東医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
県東医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

栃木県の県東医療圏

栃木県の二次医療圏「県東」の概要と特徴

1はじめに

〈過去には二宮町、宇都宮市が含まれていた医療圏〉
栃木県東二次医療圏は、真岡市、益子町、茂木町、市貝町、芳賀町の一市四町から構成される栃木県東部の二次医療圏です。2009年までは二宮町も医療圏内に含まれていましたが、二宮町は真岡市と合併したことにより二宮町は現在存在していません。また、もともと栃木県東二次医療圏は宇都宮市も含んだ栃木県央・東二次医療圏と設定されていましたが、平成25年度に策定された保健医療計画により、宇都宮市は宇都宮二次医療圏に含まれる事ととなり、栃木県東二次医療圏とは分割されました。
栃木県東二次医療圏は冬の冷え込みが激しく、冬場は気温が氷点下10度を下回る事もあり、関東地方では最も温度が低い土地であるとも言われています。そして、栃木県東二次医療圏の住民の圏外への主な通勤先は、栃木県の県庁所在地である宇都宮市、東京などの首都圏近郊が多い状況となっています。

2栃木県東二次医療圏の交通

〈圏内には真岡鐵道真岡線が走る、しかし利用には不便な面も〉
栃木県東二次医療圏には真岡鐵道の真岡線が走っており、茂木町の茂木駅を起点として、市貝町、益子町、そして真岡市を通り、茨城県の築西市の下館駅まで路線が伸びています。
芳賀町には鉄道路線は一切存在せず、鉄道を利用するには市貝町の駅または、宇都宮市の駅まで向かわなくてはいけません。 しかし、真岡線は栃木県の中心駅である宇都宮駅への接続が無く、首都圏への移動も不可能な路線となっていて、利用の面で不便な路線であると言えます。それゆえ首都圏や宇都宮市への移動はおもに公営や私営のバスによって行われています。

3栃木県東二次医療圏の医療

〈宇都宮市と医療や人口構成の傾向が違うことにより、分割が行われた〉
上述のように、宇都宮地区と栃木県東の芳賀地区はもともと一つの二次医療圏でした。しかし、宇都宮地区と、芳賀地区では人口構成(65歳以上の高齢者の割合が芳賀地区は23%に対して、宇都宮地区では20%弱)や、疾病の傾向などの特性が違うため、医療圏が2つに分割されることによって、栃木県東地区にもインフルエンザや結核等、またがんなど重篤な症状を持った患者が入院できる病院の整備が整い、その地区でより高度で迅速な医療が受診できることとなります。
そのような地域に即した医療体制の構築が行われることを目指して栃木県では医療圏の再設定が行われた経緯があります。

4栃木県東二次医療圏の医師

〈病院数・医師数は栃木県内でも少ない状況となっている〉
地域医療情報システムによると、栃木県東二次医療圏には75施設の診療所、5施設の病院が存在します。病院数、診療所数ともに栃木県の医療圏の中では最も少ないデータとなっていますが、面積あたりの施設数に換算すると、診療所数は栃木県の医療圏の中でも中間ほどのデータになります。
また、面積あたりの病院数は他の医療圏と見ても少ないものとなっています。病院数が少ない原因として、近年まで宇都宮地区とまとめて二次医療圏が設定されていたという理由もあげられるでしょう。
また、医師数は総計(152.20)としても、人口10万人あたりの数値(101.6)として換算しても栃木県内最低かつ全国平均より大幅に少ない数値となっており、医師が不足した地域となっていることが伺えます。医療圏の人口は減少傾向にありますが、医療需要は増加を続け、2025年~2030年頃にピークを迎え、現在を100とすると109まで達すると見られています。

栃木県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		栃木県のコンサルタントに求人紹介を依頼する