福岡県「有明」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

福岡県有明医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
有明医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

福岡県の二次医療圏「有明」の概要と特徴

1はじめに

〈かつての三池炭鉱地区と歴史的観光都市を含む医療圏〉
福岡県の二次医療圏である有明は、福岡県最南部の有明海に面した地区に設定された医療圏です。有明医療圏は、大牟田市、柳川市、みやま市の3市で構成されています。
有明医療圏の面積は260平方キロメートル余りで、平成24年8月1日現在の福岡県人口移動調査での圏域内人口は23万人余りです。

2有明医療圏の特徴

〈第一次、第二次、第三次産業が盛んな各市の集合体の医療圏〉
有明医療圏を構成する3つの市は、それぞれの特徴が異なります。大牟田市はかつて三池炭鉱で栄えた市で、現在も市内の三池港を材料や製品の輸送拠点とした化学・金属関係の工場などが多く、第二次産業が中心です。
柳川市は戦国時代以来城下町として栄えた市で、現在も歴史遺産と水郷地形を活用した観光産業を始めとする第三次産業が中心です。
みやま市は平成の大合併で誕生した市で、米、野菜、果物などの生産地であり、第一次産業が中心です。また各市とも有明海に面していて、沿岸部では漁業や海苔の養殖などの水産業も盛んに行われています。
交通の面では、九州新幹線の新大牟田駅が大牟田市東部に、九州自動車道のみやま柳川ICがみやま市東部にあり、医療圏外からの交通の便は良好です。
医療圏内にはJR九州のJR鹿児島本線と西日本鉄道の西鉄天神大牟田線が通り、西鉄バス便と合わせて医療圏内の公共交通機関は充実しています。

3有明医療圏の医療体制

〈小児医療体制を有明医療圏内全体で構築する行政計画あり〉
有明医療圏の中核病院は大牟田市立病院が担っています。圏内には6の総合病院があります。小児救急医療については、有明医療圏内でも地域の差が見られる課題があります。
平成24年4月1日時点で、圏内の大牟田地域では平日準夜及び休日の在宅当番制による小児救急医療を行っていますが、大牟田地域以外では行われていない実状があります。
このため今後は医療行政として、有明医療圏全体で日本小児科学会が提唱する「小児医療体制ネットワーク」を構築して、医療圏内の小児医療連携の構築を図る取り組みが行われる計画です。

4有明医療圏の医師数の現状と未来

〈医療圏内高齢者数増にともなう高齢者医療の充実が求められる〉
平成22年12月31日時点での有明医療圏の人口10万人あたりの医師数は240.5人で、全国平均の219.0人よりも多いですが、福岡県全体の274.2人よりは少ないです。
医師数はある程度足りているようにも見えますが、有明医療圏には特殊な事情があります。
過去に三池炭鉱の企業城下町として発達した大牟田市は、同じく三池炭鉱の企業城下町だった南隣の熊本県荒尾市と県が異なっても同一の生活圏が形成されていて、県境を挟んだ両市間の人の流動が多いという実態があります。 このため、各県毎の統計上に現れない「熊本県荒尾市と福岡県大牟田市間の生活での人の流動」の点を考慮して、医療関係の資料に現れる数字を更に分析する必要があります。
また、有明医療圏は人口比における65歳以上の高齢化率が31.4%、75歳以上の後期高齢化率が16.9%と、どちらも福岡県の二次医療圏では最高値で、更に将来予測では高齢化率が現在以上に増加すると考えられています。
医療行政としてはこの点から、今後は介護医療や認知症対応医療、独居高齢者の生活支援など、医療を中心として介護や生活支援などが包括的に提供できる医療圏内システムの構築を推進する対策がなされつつあり、対策推進によりその分野の医師の需要が増える予定です。

福岡県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		福岡県のコンサルタントに求人紹介を依頼する