福岡県「飯塚」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

福岡県飯塚医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
飯塚医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

福岡県の二次医療圏「飯塚」の概要と特徴

1はじめに

〈福岡県中部の中心都市を核とする医療圏〉
福岡県の二次医療圏である飯塚は、福岡県中部、遠賀川とその支流穂波川流域の筑豊地区西部に設定された医療圏です。 飯塚医療圏は、飯塚市、嘉麻市、桂川町の2市1町で構成されています。
飯塚医療圏の面積は370平方キロメートル弱で、平成24年8月1日現在の福岡県人口移動調査での圏域内人口は18万5千人余りです。

2飯塚医療圏の特徴

〈石炭産業から脱却して新たな情報産業都市を目指す医療圏〉
飯塚医療圏は、福岡県第4位の人口を抱えて旧筑豊地区の炭鉱の町として栄えた飯塚市を中心とした医療圏です。 現在炭鉱はすべて閉山され医療圏内の人口は一時期大きく減少しました。
しかしその後福岡市の拡大化に伴って圏内の桂川駅と福岡市の吉塚駅を結ぶJR篠栗線沿線がベッドタウン化され、 その恩恵で篠栗線と筑豊本線の桂川駅以北が電化されて博多駅からの列車が頻繁に運行され始め、この沿線のみは福岡市の通勤エリアとして人口増に転じました。
更に医療圏内の飯塚市では、理工系の大学の誘致を始めとする「情報産業都市づくり」をコンセプトにした行政を行い、大学や企業、 公的な研究施設などの誘致に成功したことで、飯塚医療圏は新たな産業都市として再浮上しつつあります。 交通の面では、元々圏内を南北に走るJR九州のJR筑豊本線を軸に数々の支線が伸びていましたが、 炭鉱の閉山で圏域が衰退したのと同時に後藤寺線以外は特定地方交通線に指定されて次々と廃止されて、現在圏内に残る鉄道はJR筑豊本線以外にJR篠栗線とJR後藤寺線です。 ただし医療圏内でも公共交通の便が乏しい地域もあり、圏内での交通の便の大きな格差が生じています。

3飯塚医療圏の医療体制

〈中核病院への負荷を減らすための、地域医療連携の体制の確立が重要〉
飯塚医療圏の中核病院としては飯塚病院があり、飯塚、田川、直方・鞍手の3医療圏(行政上は『筑豊地域』と称します)の救命救急センター及び周産期高度医療センターを兼ねています。 また飯塚医療圏内には3つの公的病院を含めて22の病院と174の一般診療所があります。 飯塚医療圏の病院の実状として、「飯塚病院にあまりにも多くの機能が集中しすぎている」という点があります。 飯塚医療圏の中核病院のみならず筑豊地域の各医療センターを兼務していることで、患者の集中が見られて飯塚病院への負荷がより増えています。 福岡県としても感染症など一部の傷病については筑豊地区の医療センターを他の医療圏の中核病院に移すなどの方策を取っていますが、 今後は更に飯塚医療圏内での地域医療連携を確立して、病院や一般診療所がその役割に合った医療を提供できるよう、医療機関の整備並びに住民への意識改革を行っていくような方策を目指しています。 飯塚医療圏では今後、かかりつけ医の存在がより重要になり需要も増える方向に推移します。

4飯塚医療圏の医師数の現状と未来

〈圏内の人口差による医療格差があり、特にへき地医療の充実が必要〉
平成22年12月31日時点での飯塚医療圏の人口10万人あたりの医師数は272.4人で、全国平均の219.0人を上回ってはいるものの、福岡県全体の274.2人より僅かに少ない人数です。 飯塚医療圏での医療の現状としては、医療圏内の医療サービスの格差という点です。医療圏内には新たな産業都市として人口も多く交通の便の行き届いた地域と、 炭鉱の閉山後に過疎化が進み交通の便も行き届かない地域とがあり、病院や一般診療所もその人口分布に比例して存在しています。 このため医療圏内の嘉麻市に無医地区、及び無医地区に準ずる地区が3ヶ所存在しています。現在は圏内のへき地保健医療対策として飯塚市立病院が対応を行っていますが、 県も行政方針としてへき地医療体制の確保として診療所の確保などの対応を行っていく予定です。

福岡県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		福岡県のコンサルタントに求人紹介を依頼する