福岡県「久留米」
二次医療圏
の医師転職・求人情報

福岡県久留米医療圏の医師の転職にお役立ちの地域情報満載!

地域によって様々な医師の転職市場。特に医師の募集状況や地域の特徴は二次医療圏ごとに異なります。
久留米医療圏での転職成功のため、医師転職ドットコムが徹底調査した地域別の転職お役立ち情報をお届けします。

福岡県の二次医療圏「久留米」の概要と特徴

1はじめに

〈福岡県南部の中心都市を核とする医療圏〉
福岡県の二次医療圏である久留米は、福岡県南部の筑後川流域の地区に設定された医療圏です。 久留米医療圏は、久留米市、小郡市、大川市、うきは市、大刀洗町、大木町の4市2町で構成されています
。 久留米医療圏の面積は467平方キロメートル余りで、平成24年8月1日現在の福岡県人口移動調査での圏域内人口は46万人弱です。

2久留米医療圏の特徴

〈県第3位の人口を抱え、製造業が中心で交通至便な都市を抱える医療圏〉
久留米医療圏は、福岡県第3位の人口を抱え県内では福岡市、北九州市等の日本海沿岸部とはまた別の文化/風土を有している、久留米市を中心とした医療圏です。
医療圏内では製造業が盛んで、久留米市ではタイヤを中心としたゴム加工品、自動車部品、「日本三大酒どころ」に数えられる日本酒など、大川市では家具や建具などが地場産業として中核をなしていて、 圏内にはこれらの製造業に携わる従業員が多く住んでいます。
一方で医療圏内東部、筑後川中流域のうきは市では果物栽培が盛んで、ブランド名を持つ柿から近年新しく栽培が始まったピオーネなど四季を通じて果物を生産しています。
交通の面では、圏内に九州新幹線の久留米駅が設置され、特に関西方面、更に東京方面との往来が行いやすくなりました。
それ以外には圏内をJR鹿児島本線と西日本鉄道・西鉄天神大牟田線が南北方向に、JR久大本線と西鉄甘木線が東西方向に通じて、大川市以外は鉄道の便が豊富です。 また大川市もJRや西鉄の最寄り駅からの西鉄バスの路線があり、圏内全体としても公共交通機関には恵まれた地域です。 更に圏内には九州自動車道の久留米ICや大分自動車道の筑後小郡ICも設置されていて、圏内を縦横に通っている国道等と合わせて、交通至便な医療圏です。

3久留米医療圏の医療体制

〈久留米医療圏内での病院の偏在や、他の医療圏から患者の流入の対策が必要〉
久留米医療圏の中核病院としては久留米大学病院と聖マリア病院があり、それぞれ役割を分担しています。 久留米医療圏には12の総合病院がありますが、大川市内2、小郡市内1以外は、全て久留米市内にあり、うきは市、大刀洗町、大木町内には総合病院がありません。
また、久留米医療圏外から久留米医療圏に入院する患者の割合も多く、平成20年患者調査によれば福岡県各二次医療圏の入院患者住所地によれば、朝倉医療圏在住の約26%、 有明医療圏在住の約12%、八女・筑後医療圏在住の約16%の入院患者が、久留米医療圏の病院に入院しているという実状があります。 このため福岡県は、今後の対策として他の各二次医療圏の医療環境を充実させる必要があるのと共に、現状での対策として久留米医療圏内の病院機能のさらなる充実を行っていく方針です。

4久留米医療圏の医師数の現状と未来

〈医師数は多いが、より一層の充実と特定医療機関に負荷を掛け過ぎない点が課題〉
平成22年12月31日時点での久留米医療圏の人口10万人あたりの医師数は429.9人で、全国平均の219.0人の倍近い医師数で、福岡県全体と比較してもおよそ1.5倍となっています。 ただし久留米医療圏の総合病院の所在地は久留米市内に偏っている点から考えて、統計には表れない医療圏内での各自治体や地区毎での医師の偏在が考察されます。
また、平成14年以降久留米大学病院にはドクターヘリが配備されていますが、他県との協定により出動エリアが福岡県内のみならず佐賀県全域と大分県西部にまで及んでいます。 このため久留米医療圏内の救急医療の負担を圏内各医療機関で分け合い、患者の重症度に応じた医療圏内での救急医療提供を可能とするような行政方針が示されています。

福岡県の医師求人特集TOPへ

担当コンサルタントへの依頼が便利です。簡単60秒。
		福岡県のコンサルタントに求人紹介を依頼する